クライアント側 VBScript から Excel を自動化する方法

概要

この記事では、ユーザーが Web ページ上のボタンをクリックしたときに Microsoft Office Excel または Microsoft Excel を起動し自動化する、Microsoft Visual Basic、Scripting Edition (VBScript) のクライアント側コードについて説明します。

詳細

サンプル コード

  1. 任意のテキストエディターで次の HTML ファイルを作成し、そのファイルを c:\excel.htm. として保存します。

    <HTML>
    <BODY>
    
    <INPUT id=button1 name=button1 type=button value=Button>
    
    <SCRIPT LANGUAGE="VBScript">
    
    sub button1_onclick()
    
    ' Launch Excel
              dim app
              set app = createobject("Excel.Application")
    
    ' Make it visible
              app.Visible = true
    
    ' Add a new workbook
              dim wb
              set wb = app.workbooks.add
    
    ' Fill array of values first...
              dim arr(19,9) ' Note: VBScript is zero-based
              for i = 1 to 20
                 for j = 1 to 10
                    arr(i-1,j-1) = i*j
                 next
              next
    
    ' Declare a range object to hold our data
              dim rng
              set rng = wb.Activesheet.Range("A1").Resize(20,10)
    
    ' Now assign them all in one shot...
              rng.value = arr
    
    ' Add a new chart based on the data
              wb.Charts.Add
              wb.ActiveChart.ChartType = 70 'xl3dPieExploded
              wb.ActiveChart.SetSourceData rng, 2 ' xlColumns
              wb.ActiveChart.Location 2, "Sheet1" 'xlLocationAsObject
    
    ' Rotate it around...
              for i = 1 to 360 step 30
                 wb.activechart.rotation = i
              next
    
    ' Give the user control of Excel
              app.UserControl = true
    
    end sub
    </SCRIPT>
    
    </BODY>
    </HTML>
    
    
  2. Microsoft Internet Explorer を起動し、アドレスバーに「c:\excel.htm」と入力し、enter キーを押します。

  3. ページに表示されているボタンをクリックします。

注意

ページ上の ActiveX コントロールに関するセキュリティ警告が表示されたら、[はい] をクリックします。