Microsoft Visual C# .NET から Microsoft Excel を自動化する方法

概要

この記事では、Microsoft Visual C# .NET を使用して Microsoft Excel のオートメーションクライアントを作成する方法について説明します。

詳細

オートメーションは、Visual C# .NET などの言語で記述されたアプリケーションが、プログラムによって他のアプリケーションを制御できるようにするプロセスです。 Excel のオートメーションを使用すると、新しいブックの作成、ブックへのデータの追加、グラフの作成などの操作を実行できます。 Excel およびその他の Microsoft Office アプリケーションでは、ユーザーインターフェイスを使用して手動で実行できるほぼすべての操作は、自動化を使用してプログラムによって実行することもできます。

Excel は、オブジェクトモデルを使用してこのプログラム機能を公開します。 オブジェクトモデルは、Excel の論理コンポーネントに対応するクラスとメソッドのコレクションです。 たとえば、Application オブジェクト、Workbook オブジェクト、および Worksheet オブジェクトがあり、それぞれに Excel の各要素の機能が含まれています。 Visual C# .NET からオブジェクトモデルにアクセスするには、タイプライブラリへのプロジェクト参照を設定できます。

この記事では、Visual C# .NET 用の Excel タイプライブラリへの適切なプロジェクト参照を設定する方法について説明し、Excel を自動化するサンプルコードを示します。

Microsoft Excel のオートメーションクライアントを作成する

  1. Microsoft Visual Studio .NET を起動します。

  2. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックし、[プロジェクト] をクリックします。 Visual C# プロジェクトの種類から [Windows アプリケーション] を選択します。 Form1 は既定で作成されます。

  3. Microsoft Excel オブジェクトライブラリへの参照を追加します。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. [ プロジェクト] メニューの [ 参照の追加] をクリックします。
    2. [COM] タブで、[Microsoft Excel オブジェクトライブラリ] を見つけ、[選択] をクリックします。

    メモMicrosoft Office 2003 には、プライマリ相互運用機能アセンブリ (Pia) が含まれています。 Microsoft Office XP には Pia は含まれていませんが、ダウンロードできます。

    1. [参照の追加] ダイアログボックスで [OK] をクリックして、選択内容を確定します。 選択したライブラリのラッパーを生成するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  4. [表示] メニューの [ツールボックス] を選択して、ツールボックスを表示し、Form1 にボタンを追加します。

  5. [Button1] をダブルクリックします。 フォームの [コード] ウィンドウが表示されます。

  6. [コード] ウィンドウで、次のコードを置き換えます。

    private void button1_Click(object sender, System.EventArgs e)
    {
    }
    

    private void button1_Click(object sender, System.EventArgs e)
    {
    Excel.Application oXL;
    Excel._Workbook oWB;
    Excel._Worksheet oSheet;
    Excel.Range oRng;
    
    try
    {
    //Start Excel and get Application object.
    oXL = new Excel.Application();
    oXL.Visible = true;
    
    //Get a new workbook.
    oWB = (Excel._Workbook)(oXL.Workbooks.Add( Missing.Value ));
    oSheet = (Excel._Worksheet)oWB.ActiveSheet;
    
    //Add table headers going cell by cell.
    oSheet.Cells[1, 1] = "First Name";
    oSheet.Cells[1, 2] = "Last Name";
    oSheet.Cells[1, 3] = "Full Name";
    oSheet.Cells[1, 4] = "Salary";
    
    //Format A1:D1 as bold, vertical alignment = center.
    oSheet.get_Range("A1", "D1").Font.Bold = true;
    oSheet.get_Range("A1", "D1").VerticalAlignment = 
    Excel.XlVAlign.xlVAlignCenter;
    
    // Create an array to multiple values at once.
    string[,] saNames = new string[5,2];
    
    saNames[ 0, 0] = "John";
    saNames[ 0, 1] = "Smith";
    saNames[ 1, 0] = "Tom";
    saNames[ 1, 1] = "Brown";
    saNames[ 2, 0] = "Sue";
    saNames[ 2, 1] = "Thomas";
    saNames[ 3, 0] = "Jane";
    saNames[ 3, 1] = "Jones";
    saNames[ 4, 0] = "Adam";
    saNames[ 4, 1] = "Johnson";
    
    //Fill A2:B6 with an array of values (First and Last Names).
         oSheet.get_Range("A2", "B6").Value2 = saNames;
    
    //Fill C2:C6 with a relative formula (=A2 & " " & B2).
    oRng = oSheet.get_Range("C2", "C6");
    oRng.Formula = "=A2 & \" \" & B2";
    
    //Fill D2:D6 with a formula(=RAND()*100000) and apply format.
    oRng = oSheet.get_Range("D2", "D6");
    oRng.Formula = "=RAND()*100000";
    oRng.NumberFormat = "$0.00";
    
    //AutoFit columns A:D.
    oRng = oSheet.get_Range("A1", "D1");
    oRng.EntireColumn.AutoFit();
    
    //Manipulate a variable number of columns for Quarterly Sales Data.
    DisplayQuarterlySales(oSheet);
    
    //Make sure Excel is visible and give the user control
    //of Microsoft Excel's lifetime.
    oXL.Visible = true;
    oXL.UserControl = true;
    }
    catch( Exception theException ) 
    {
    String errorMessage;
    errorMessage = "Error: ";
    errorMessage = String.Concat( errorMessage, theException.Message );
    errorMessage = String.Concat( errorMessage, " Line: " );
    errorMessage = String.Concat( errorMessage, theException.Source );
    
    MessageBox.Show( errorMessage, "Error" );
    }
    }
    
    private void DisplayQuarterlySales(Excel._Worksheet oWS)
    {
    Excel._Workbook oWB;
    Excel.Series oSeries;
    Excel.Range oResizeRange;
    Excel._Chart oChart;
    String sMsg;
    int iNumQtrs;
    
    //Determine how many quarters to display data for.
    for( iNumQtrs = 4; iNumQtrs >= 2; iNumQtrs--)
    {
    sMsg = "Enter sales data for ";
    sMsg = String.Concat( sMsg, iNumQtrs );
    sMsg = String.Concat( sMsg, " quarter(s)?");
    
    DialogResult iRet = MessageBox.Show( sMsg, "Quarterly Sales?", 
    MessageBoxButtons.YesNo );
    if (iRet == DialogResult.Yes)
    break;
    }
    
    sMsg = "Displaying data for ";
    sMsg = String.Concat( sMsg, iNumQtrs );
    sMsg = String.Concat( sMsg, " quarter(s)." );
    
    MessageBox.Show( sMsg, "Quarterly Sales" );
    
    //Starting at E1, fill headers for the number of columns selected.
    oResizeRange = oWS.get_Range("E1", "E1").get_Resize( Missing.Value, iNumQtrs);
    oResizeRange.Formula = "=\"Q\" & COLUMN()-4 & CHAR(10) & \"Sales\"";
    
    //Change the Orientation and WrapText properties for the headers.
    oResizeRange.Orientation = 38;
    oResizeRange.WrapText = true;
    
    //Fill the interior color of the headers.
    oResizeRange.Interior.ColorIndex = 36;
    
    //Fill the columns with a formula and apply a number format.
    oResizeRange = oWS.get_Range("E2", "E6").get_Resize( Missing.Value, iNumQtrs);
    oResizeRange.Formula = "=RAND()*100";
    oResizeRange.NumberFormat = "$0.00";
    
    //Apply borders to the Sales data and headers.
    oResizeRange = oWS.get_Range("E1", "E6").get_Resize( Missing.Value, iNumQtrs);
    oResizeRange.Borders.Weight = Excel.XlBorderWeight.xlThin;
    
    //Add a Totals formula for the sales data and apply a border.
    oResizeRange = oWS.get_Range("E8", "E8").get_Resize( Missing.Value, iNumQtrs);
    oResizeRange.Formula = "=SUM(E2:E6)";
    oResizeRange.Borders.get_Item( Excel.XlBordersIndex.xlEdgeBottom ).LineStyle 
    = Excel.XlLineStyle.xlDouble;
    oResizeRange.Borders.get_Item( Excel.XlBordersIndex.xlEdgeBottom ).Weight 
    = Excel.XlBorderWeight.xlThick;
    
    //Add a Chart for the selected data.
    oWB = (Excel._Workbook)oWS.Parent;
    oChart = (Excel._Chart)oWB.Charts.Add( Missing.Value, Missing.Value, 
    Missing.Value, Missing.Value );
    
    //Use the ChartWizard to create a new chart from the selected data.
    oResizeRange = oWS.get_Range("E2:E6", Missing.Value ).get_Resize( 
    Missing.Value, iNumQtrs);
    oChart.ChartWizard( oResizeRange, Excel.XlChartType.xl3DColumn, Missing.Value,
    Excel.XlRowCol.xlColumns, Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value, 
    Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value );
    oSeries = (Excel.Series)oChart.SeriesCollection(1);
    oSeries.XValues = oWS.get_Range("A2", "A6");
    for( int iRet = 1; iRet <= iNumQtrs; iRet++)
    {
    oSeries = (Excel.Series)oChart.SeriesCollection(iRet);
    String seriesName;
    seriesName = "=\"Q";
    seriesName = String.Concat( seriesName, iRet );
    seriesName = String.Concat( seriesName, "\"" );
    oSeries.Name = seriesName;
    }  
    
    oChart.Location( Excel.XlChartLocation.xlLocationAsObject, oWS.Name );
    
    //Move the chart so as not to cover your data.
    oResizeRange = (Excel.Range)oWS.Rows.get_Item(10, Missing.Value );
    oWS.Shapes.Item("Chart 1").Top = (float)(double)oResizeRange.Top;
    oResizeRange = (Excel.Range)oWS.Columns.get_Item(2, Missing.Value );
    oWS.Shapes.Item("Chart 1").Left = (float)(double)oResizeRange.Left;
    }
    
    
  7. [コード] ウィンドウの一番上までスクロールします。 Using ディレクティブのリストの末尾に次の行を追加します。

    using Excel = Microsoft.Office.Interop.Excel;
    using System.Reflection; 
    

オートメーションクライアントをテストする

  1. F5 キーを押して、プログラムをビルドして実行します。
  2. フォームの [Button1] をクリックします。 プログラムが Excel を起動し、新しいワークシートにデータを入力します。
  3. 四半期売上データを入力するように求めるメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。 四半期データにリンクされているグラフがワークシートに追加されます。

References

詳細については、「 Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイト」を参照してください。