Visual C を使用して新しい文書を作成するために Microsoft Word を自動化する方法#

この記事の Microsoft Visual Basic .NET バージョンについては、次を参照してください。

概要

この記事では、microsoft Visual c# 2005 または Microsoft Visual C# .NET からオートメーションを使用して、Microsoft Word で新しい文書を作成する方法について説明します。

サンプル コード

この記事のサンプルコードでは、次の操作を行う方法を示します。

  • テキストと書式設定の段落を挿入します。
  • 文書内のさまざまな範囲を参照および変更します。
  • 表の挿入、表の書式設定、および表へのデータの設定を行います。
  • グラフを追加します。

Visual c# 2005 または Visual C# .NET からオートメーションを使用して新しい Word 文書を作成するには、次の手順を実行します。

  1. Microsoft Visual Studio 2005 または Microsoft Visual Studio .NET を起動します。

  2. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックし、[プロジェクト] をクリックします。 [プロジェクトの種類] で [Visual C# プロジェクト] をクリックし、[テンプレート] の下にある [Windows アプリケーション] をクリックします。 Form1 は既定で作成されます。

    メモVisual Studio 2005 で、[visual C#プロジェクト] の代わりに [ visual c# ] をクリックします。

  3. Microsoft Word オブジェクトライブラリへの参照を追加します。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. [ プロジェクト] メニューの [ 参照の追加] をクリックします。
    2. [COM] タブで、[Microsoft Word オブジェクトライブラリ] を見つけ、[選択] をクリックします。

    メモVisual Studio 2005 では、[選択] をクリックする必要はありません。

    メモMicrosoft Office 2003 には、プライマリ相互運用機能アセンブリ (Pia) が含まれています。 Microsoft Office XP には Pia は含まれていませんが、ダウンロードできます。

    1. [参照の追加] ダイアログボックスで [OK] をクリックして、選択内容を確定します。 選択したライブラリのラッパーを生成するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  4. [表示] メニューの [ツールボックス] を選択して、ツールボックスを表示し、Form1 にボタンを追加します。

  5. [Button1] をダブルクリックします。 フォームの [コード] ウィンドウが表示されます。

  6. [コード] ウィンドウで、次のコードを置き換えます。

    private void button1_Click(object sender, System.EventArgs e)
    {
    }
    
    

    private void button1_Click(object sender, System.EventArgs e)
    {
    object oMissing = System.Reflection.Missing.Value;
    object oEndOfDoc = "\\endofdoc"; /* \endofdoc is a predefined bookmark */ 
    
    //Start Word and create a new document.
    Word._Application oWord;
    Word._Document oDoc;
    oWord = new Word.Application();
    oWord.Visible = true;
    oDoc = oWord.Documents.Add(ref oMissing, ref oMissing,
    ref oMissing, ref oMissing);
    
    //Insert a paragraph at the beginning of the document.
    Word.Paragraph oPara1;
    oPara1 = oDoc.Content.Paragraphs.Add(ref oMissing);
    oPara1.Range.Text = "Heading 1";
    oPara1.Range.Font.Bold = 1;
    oPara1.Format.SpaceAfter = 24;    //24 pt spacing after paragraph.
    oPara1.Range.InsertParagraphAfter();
    
    //Insert a paragraph at the end of the document.
    Word.Paragraph oPara2;
    object oRng = oDoc.Bookmarks.get_Item(ref oEndOfDoc).Range;
    oPara2 = oDoc.Content.Paragraphs.Add(ref oRng);
    oPara2.Range.Text = "Heading 2";
    oPara2.Format.SpaceAfter = 6;
    oPara2.Range.InsertParagraphAfter();
    
    //Insert another paragraph.
    Word.Paragraph oPara3;
    oRng = oDoc.Bookmarks.get_Item(ref oEndOfDoc).Range;
    oPara3 = oDoc.Content.Paragraphs.Add(ref oRng);
    oPara3.Range.Text = "This is a sentence of normal text. Now here is a table:";
    oPara3.Range.Font.Bold = 0;
    oPara3.Format.SpaceAfter = 24;
    oPara3.Range.InsertParagraphAfter();
    
    //Insert a 3 x 5 table, fill it with data, and make the first row
    //bold and italic.
    Word.Table oTable;
    Word.Range wrdRng = oDoc.Bookmarks.get_Item(ref oEndOfDoc).Range;
    oTable = oDoc.Tables.Add(wrdRng, 3, 5, ref oMissing, ref oMissing);
    oTable.Range.ParagraphFormat.SpaceAfter = 6;
    int r, c;
    string strText;
    for(r = 1; r <= 3; r++)
    for(c = 1; c <= 5; c++)
    {
    strText = "r" + r + "c" + c;
    oTable.Cell(r, c).Range.Text = strText;
    }
    oTable.Rows[1].Range.Font.Bold = 1;
    oTable.Rows[1].Range.Font.Italic = 1;
    
    //Add some text after the table.
    Word.Paragraph oPara4;
    oRng = oDoc.Bookmarks.get_Item(ref oEndOfDoc).Range;
    oPara4 = oDoc.Content.Paragraphs.Add(ref oRng);
    oPara4.Range.InsertParagraphBefore();
    oPara4.Range.Text = "And here's another table:";
    oPara4.Format.SpaceAfter = 24;
    oPara4.Range.InsertParagraphAfter();
    
    //Insert a 5 x 2 table, fill it with data, and change the column widths.
    wrdRng = oDoc.Bookmarks.get_Item(ref oEndOfDoc).Range;
    oTable = oDoc.Tables.Add(wrdRng, 5, 2, ref oMissing, ref oMissing);
    oTable.Range.ParagraphFormat.SpaceAfter = 6;
    for(r = 1; r <= 5; r++)
    for(c = 1; c <= 2; c++)
    {
    strText = "r" + r + "c" + c;
    oTable.Cell(r, c).Range.Text = strText;
    }
    oTable.Columns[1].Width = oWord.InchesToPoints(2); //Change width of columns 1 & 2
    oTable.Columns[2].Width = oWord.InchesToPoints(3);
    
    //Keep inserting text. When you get to 7 inches from top of the
    //document, insert a hard page break.
    object oPos;
    double dPos = oWord.InchesToPoints(7);
    oDoc.Bookmarks.get_Item(ref oEndOfDoc).Range.InsertParagraphAfter();
    do
    {
    wrdRng = oDoc.Bookmarks.get_Item(ref oEndOfDoc).Range;
    wrdRng.ParagraphFormat.SpaceAfter = 6;
    wrdRng.InsertAfter("A line of text");
    wrdRng.InsertParagraphAfter();
    oPos = wrdRng.get_Information
                           (Word.WdInformation.wdVerticalPositionRelativeToPage);
    }
    while(dPos >= Convert.ToDouble(oPos));
    object oCollapseEnd = Word.WdCollapseDirection.wdCollapseEnd;
    object oPageBreak = Word.WdBreakType.wdPageBreak;
    wrdRng.Collapse(ref oCollapseEnd);
    wrdRng.InsertBreak(ref oPageBreak);
    wrdRng.Collapse(ref oCollapseEnd);
    wrdRng.InsertAfter("We're now on page 2. Here's my chart:");
    wrdRng.InsertParagraphAfter();
    
    //Insert a chart.
    Word.InlineShape oShape;
    object oClassType = "MSGraph.Chart.8";
    wrdRng = oDoc.Bookmarks.get_Item(ref oEndOfDoc).Range;
    oShape = wrdRng.InlineShapes.AddOLEObject(ref oClassType, ref oMissing, 
    ref oMissing, ref oMissing, ref oMissing,
    ref oMissing, ref oMissing, ref oMissing);
    
    //Demonstrate use of late bound oChart and oChartApp objects to
    //manipulate the chart object with MSGraph.
    object oChart;
    object oChartApp;
    oChart = oShape.OLEFormat.Object;
    oChartApp = oChart.GetType().InvokeMember("Application",
    BindingFlags.GetProperty, null, oChart, null);
    
    //Change the chart type to Line.
    object[] Parameters = new Object[1];
    Parameters[0] = 4; //xlLine = 4
    oChart.GetType().InvokeMember("ChartType", BindingFlags.SetProperty,
    null, oChart, Parameters);
    
    //Update the chart image and quit MSGraph.
    oChartApp.GetType().InvokeMember("Update",
    BindingFlags.InvokeMethod, null, oChartApp, null);
    oChartApp.GetType().InvokeMember("Quit",
    BindingFlags.InvokeMethod, null, oChartApp, null);
    //... If desired, you can proceed from here using the Microsoft Graph 
    //Object model on the oChart and oChartApp objects to make additional
    //changes to the chart.
    
    //Set the width of the chart.
    oShape.Width = oWord.InchesToPoints(6.25f);
    oShape.Height = oWord.InchesToPoints(3.57f);
    
    //Add text after the chart.
    wrdRng = oDoc.Bookmarks.get_Item(ref oEndOfDoc).Range;
    wrdRng.InsertParagraphAfter();
    wrdRng.InsertAfter("THE END.");
    
    //Close this form.
    this.Close();
    }
    
  7. [コード] ウィンドウの一番上までスクロールします。 Using ディレクティブのリストの末尾に次の行を追加します。

    using Word = Microsoft.Office.Interop.Word;
    using System.Reflection;
    
  8. F5 キーを押して、プログラムをビルドして実行します。

  9. [Button1] をクリックして Word Automation を開始し、ドキュメントを作成します。

コードの完了後、作成されたドキュメントを調べます。 文書には、書式設定された段落、表、およびグラフの2つのページが含まれています。

テンプレートを使用する

オートメーションを使用して、すべて共通の形式のドキュメントをビルドする場合は、書式設定されたテンプレートに基づく新しいドキュメントを使用してプロセスを開始すると便利です。 Word Automation クライアントでテンプレートを使用することには、何もしないでドキュメントを作成することに大きな利点が2つあります。

  • ドキュメント全体でのオブジェクトの書式設定と配置をより細かく制御できます。
  • より少ないコードでドキュメントを作成できます。

テンプレートを使用すると、文書内の表、段落、およびその他のオブジェクトの配置を微調整したり、それらのオブジェクトに書式を含めることができます。 オートメーションを使用すると、次のようなコードを使用して、テンプレートに基づいて新しいドキュメントを作成できます。

object oTemplate = "c:\\MyTemplate.dot";
oDoc = oWord.Documents.Add(ref oTemplate, ref oMissing,
ref oMissing, ref oMissing);

テンプレートでは、次のように、ブックマークを定義して、オートメーションクライアントが文書内の特定の場所で可変テキストを入力できるようにすることができます。

object oBookMark = "MyBookmark";
oDoc.Bookmarks.Item(ref oBookMark).Range.Text = "Some Text Here";

テンプレートを使用するもう1つの利点は、次のように、実行時に適用する書式設定スタイルを作成して保存できることです。

object oStyleName = "MyStyle";
oDoc.Bookmarks.Item(ref oBookMark).Range.set_Style(ref oStyleName);

or

object oStyleName = "MyStyle";
oWord.Selection.set_Style(ref oStyleName);

References

詳細については、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。