Path - Read

ファイルの読み取り
ファイルの内容を読み取ります。 読み取り操作では、範囲要求がサポートされます。 この操作では、条件付き HTTP 要求がサポートされます。 詳細については、「BLOB サービス操作の条件ヘッダーの指定」を参照してください。

GET https://{accountName}.{dnsSuffix}/{filesystem}/{path}
GET https://{accountName}.{dnsSuffix}/{filesystem}/{path}?timeout={timeout}

URI パラメーター

Name In Required Type Description
accountName
path True
  • string

Azure Storage のアカウント名。

dnsSuffix
path True
  • string

Azure Data Lake Storage エンドポイントの DNS サフィックス。

filesystem
path True
  • string

ファイルシステム識別子。

Regex pattern: ^[$a-z0-9](?!.*--)[-a-z0-9]{1,61}[a-z0-9]$

path
path True
  • string

ファイルまたはディレクトリのパス。

timeout
query
  • integer
int32

オプションの操作タイムアウト値 (秒単位)。 期間は、サービスが要求を受信したときに開始されます。 操作が完了する前にタイムアウト値が経過すると、操作は失敗します。

要求ヘッダー

Name Required Type Description
Range
  • string

HTTP 範囲要求ヘッダーは、取得するリソースの 1 つ以上のバイト範囲を指定します。

x-ms-lease-id
  • string

省略可能。 このヘッダーを指定した場合、操作は、次の条件の両方が満たされている場合にのみ実行されます。i) パスのリースが現在アクティブであり、ii) 要求で指定されたリース ID がパスのリース ID と一致します。

Regex pattern: ^[{(]?[0-9a-f]{8}[-]?([0-9a-f]{4}[-]?){3}[0-9a-f]{12}[)}]?$

x-ms-range-get-content-md5
  • boolean

省略可能。 このヘッダーが "true" に設定され、Range ヘッダーと共に指定されると、範囲の MD5 ハッシュが返されます。範囲のサイズが 4 MB 以下である限り、サービスは範囲の MD5 ハッシュを返します。 このヘッダーが Range ヘッダーなしで指定されている場合、サービスは状態コード 400 (Bad Request) を返します。 範囲のサイズが 4 MB を超えたときにこのヘッダーが true に設定されている場合、サービスは状態コード 400 (Bad Request) を返します。

If-Match
  • string

省略可能。 ETag 値。 このヘッダーを指定すると、リソースの ETag が指定値と一致する場合に限り操作が実行されます。 ETag は引用符で指定する必要があります。

If-None-Match
  • string

省略可能。 ETag 値または特殊なワイルドカード ("*") 値。 このヘッダーを指定すると、リソースの ETag が指定値と一致しない場合に限り操作が実行されます。 ETag は引用符で指定する必要があります。

If-Modified-Since
  • string

省略可能。 日付と時刻の値。 指定した日時以降にリソースが変更された場合にのみ、このヘッダーを指定して操作を実行します。

If-Unmodified-Since
  • string

省略可能。 日付と時刻の値。 指定した日時以降にリソースが変更されていない場合にのみ、このヘッダーを指定して操作を実行します。

x-ms-encryption-key
  • string

省略可能。 Base64 でエンコードされた AES-256 暗号化キー。

x-ms-encryption-key-sha256
  • string

省略可能。 暗号化キーの Base64 でエンコードされた SHA256 ハッシュ。

x-ms-encryption-algorithm: AES256
  • string

省略可能。 暗号化に使用するアルゴリズムを指定します。 このヘッダーの値は AES256 である必要があります。

x-ms-client-request-id
  • string

トラブルシューティングと関連付けのために分析ログに記録された UUID。

Regex pattern: ^[{(]?[0-9a-f]{8}[-]?([0-9a-f]{4}[-]?){3}[0-9a-f]{12}[)}]?$

x-ms-date
  • string

要求に対して協定世界時 (UTC) を指定します。 これは、共有キーの承認を使用する場合に必要です。

x-ms-version
  • string

要求の処理に使用する REST プロトコルのバージョンを指定します。 これは、共有キーの承認を使用する場合に必要です。

応答

Name Type Description
200 OK
  • file

[OK]

Media Types: "application/json", "application/octet-stream", "text/plain"

Headers

  • Accept-Ranges: string
  • Cache-Control: string
  • Content-Disposition: string
  • Content-Encoding: string
  • Content-Language: string
  • Content-Length: integer
  • Content-Range: string
  • Content-Type: string
  • Content-MD5: string
  • Date: string
  • ETag: string
  • Last-Modified: string
  • x-ms-request-id: string
  • x-ms-version: string
  • x-ms-resource-type: string
  • x-ms-properties: string
  • x-ms-lease-duration: string
  • x-ms-lease-state: string
  • x-ms-lease-status: string
  • x-ms-server-encrypted: true/false: boolean
  • x-ms-encryption-key-sha256: string
  • x-ms-encryption-context: string
  • x-ms-encryption-scope: string
Other Status Codes
  • file

部分コンテンツ

Media Types: "application/json", "application/octet-stream", "text/plain"

Headers

  • Accept-Ranges: string
  • Cache-Control: string
  • Content-Disposition: string
  • Content-Encoding: string
  • Content-Language: string
  • Content-Length: integer
  • Content-Range: string
  • Content-Type: string
  • Content-MD5: string
  • x-ms-content-md5: string
  • Date: string
  • ETag: string
  • Last-Modified: string
  • x-ms-request-id: string
  • x-ms-version: string
  • x-ms-resource-type: string
  • x-ms-properties: string
  • x-ms-lease-duration: string
  • x-ms-lease-state: string
  • x-ms-lease-status: string
  • x-ms-server-encrypted: true/false: boolean
  • x-ms-encryption-key-sha256: string
  • x-ms-encryption-context: string
  • x-ms-encryption-scope: string
Other Status Codes

エラーが発生しました。 使用可能な HTTP 状態、コード、およびメッセージ文字列を次に示します。

  • 400 Bad Request、ContentLengthMustBeZero、"Content-Length 要求ヘッダーは 0 である必要があります。
  • 400 Bad Request、InvalidAuthenticationInfo、"認証情報が正しい形式で指定されていません。 承認ヘッダーの値を確認してください。
  • 400 Bad Request、InvalidFlushPosition、"アップロードされたデータが連続していないか、位置クエリ パラメーターの値が、アップロードされたデータを追加した後のファイルの長さと等しくありません。
  • 400 Bad Request、InvalidHeaderValue、"HTTP ヘッダーの 1 つの値が正しい形式ではありません。
  • 400 Bad Request、InvalidHttpVerb、"指定された HTTP 動詞は無効です。サーバーでは認識されません。
  • 400 無効な要求、InvalidInput、"要求入力の 1 つが無効です。
  • 400 Bad Request、InvalidPropertyName、"プロパティ名を空にすることはできません。
  • 400 Bad Request、InvalidPropertyName、"プロパティ名に無効な文字が含まれています。
  • 400 Bad Request、InvalidQueryParameterValue、"要求 URI で指定されたクエリ パラメーターの 1 つの値が無効です。
  • 400 Bad Request、InvalidResourceName、"指定されたリソース名に無効な文字が含まれています。
  • 400 無効な要求、InvalidSourceUri、"ソース URI が無効です。
  • 400 無効な要求、InvalidUri、"要求 URI が無効です。
  • 400 Bad Request、MissingRequiredHeader、"この要求に必須の HTTP ヘッダーが指定されていません。
  • 400 Bad Request、MissingRequiredQueryParameter、"この要求に必須のクエリ パラメーターが指定されていません。
  • 400 Bad Request、MultipleConditionHeadersNotSupported、"複数の条件ヘッダーはサポートされていません。
  • 400 Bad Request、OutOfRangeInput、"要求入力の 1 つが範囲外です。
  • 400 Bad Request、OutOfRangeQueryParameterValue、"要求 URI で指定されたクエリ パラメーターの 1 つが許容範囲外です。
  • 400 Bad Request、UnsupportedHeader、"要求で指定されたヘッダーの 1 つがサポートされていません。
  • 400 Bad Request、UnsupportedQueryParameter、"要求 URI で指定されたクエリ パラメーターの 1 つがサポートされていません。
  • 400 Bad Request、UnsupportedRestVersion、"指定された Rest バージョンはサポートされていません。
  • 403 禁止、AccountIsDisabled、"指定されたアカウントは無効です。
  • 403 禁止、AuthorizationFailure、"この要求は、この操作を実行する権限がありません。
  • 403 Forbidden、InsufficientAccountPermissions、"アクセスされているアカウントには、この操作を実行するための十分なアクセス許可がありません。
  • 404 Not Found, FilesystemNotFound, "指定されたファイルシステムは存在しません。
  • 404 Not Found、PathNotFound、"指定したパスは存在しません。
  • 404 Not Found, RenameDestinationParentPathNotFound, "宛先パスの親ディレクトリが存在しません。
  • 404 Not Found、ResourceNotFound、"指定されたリソースが存在しません。
  • 404 Not Found、SourcePathNotFound、"名前変更操作のソース パスが存在しません。
  • 405 メソッドが許可されていません。UnsupportedHttpVerb、"リソースは、指定された HTTP 動詞をサポートしていません。"
  • 409 Conflict, DestinationPathIsBeingDeleted, "指定された宛先パスは削除対象としてマークされています。
  • 409 Conflict, DirectoryNotEmpty, "空でないディレクトリを削除するには、再帰クエリ パラメーター値が true である必要があります。
  • 409 Conflict, FilesystemAlreadyExists, "指定されたファイルシステムは既に存在します。
  • 409 Conflict, FilesystemBeingDeleted, "指定されたファイルシステムは削除中です。
  • 409 競合、InvalidDestinationPath、"指定したパス、またはパスの要素が存在し、そのリソースの種類がこの操作に対して無効です。* 409 Conflict, InvalidFlushOperation, "リソースは Blob Service API によって作成または変更され、Data Lake Storage サービス API によって書き込むことができません。"
  • 409 Conflict, InvalidRenameSourcePath, "ソース ディレクトリをコピー先ディレクトリと同じにすることも、コピー先をソース ディレクトリのサブディレクトリにすることもできません。"
  • 409 Conflict, InvalidSourceOrDestinationResourceType, "ソースと宛先のリソースの種類は同じである必要があります。
  • 409 Conflict, LeaseAlreadyPresent, "既にリースが存在します。
  • 409 Conflict, LeaseIdMismatchWithLeaseOperation, "指定されたリース ID が、指定したリース操作を持つリソースのリース ID と一致しませんでした。
  • 409 Conflict, LeaseIsAlreadyBroken, "リースは既に壊れているので、再び壊すことはできません。
  • 409 Conflict, LeaseIsBreakingAndCannotBeAcquired, "リース ID が一致しましたが、リースは現在中断状態にあり、壊れるまで取得できません。"
  • 409 Conflict, LeaseIsBreakingAndCannotBeChanged, "リース ID が一致しましたが、リースは現在中断状態であり、変更できません。
  • 409 Conflict, LeaseIsBrokenAndCannotBeRenewed, "リース ID が一致しましたが、リースは明示的に破損しており、更新できません。"
  • 409 Conflict, LeaseNameMismatch, "指定されたリース名が既存のリース名と一致しませんでした。
  • 409 Conflict, LeaseNotPresentWithLeaseOperation, "リース ID が指定されたリース操作と一緒に存在しません。
  • 409 Conflict、PathAlreadyExists、"指定したパスは既に存在します。
  • 409 競合、PathConflict、"指定したパス、またはパスの要素が存在し、そのリソースの種類がこの操作に対して無効です。
  • 409 競合、SourcePathIsBeingDeleted、"指定したソース パスは削除対象としてマークされています。
  • 409 競合、ResourceTypeMismatch、"要求で指定されたリソースの種類がリソースの種類と一致しません。
  • 412 前提条件に失敗しました。ConditionNotMet、"HTTP 条件付きヘッダーを使用して指定された条件が満たされていません。
  • 412 前提条件に失敗しました。LeaseIdMismatch、"指定されたリース ID がリソースのリース ID と一致しませんでした。
  • 412 前提条件に失敗しました。LeaseIdMissing は、「現在リソースにリースがあり、要求でリース ID が指定されていませんでした」。
  • 412 前提条件に失敗しました。LeaseNotPresent、"現在、リソースにリースはありません。
  • 412 前提条件に失敗しました。LeaseLost、"リース ID が指定されましたが、リソースのリースの有効期限が切れています。
  • 412 前提条件に失敗しました。SourceConditionNotMet、"HTTP 条件付きヘッダーを使用して指定されたソース条件が満たされていません。
  • 413 要求エンティティが大きすぎる、RequestBodyTooLarge、"要求本文が大きすぎて、許容される上限を超えています。
  • 416 要求された範囲が満たされない、InvalidRange、"指定された範囲は、リソースの現在のサイズに対して無効です。"
  • 500 内部サーバー エラー、InternalError、"サーバーで内部エラーが発生しました。 要求を再試行してください。"
  • 500 内部サーバー エラー、OperationTimedOut、"許可された時間内に操作を完了できませんでした。"
  • 503 サービス利用不可、ServerBusy、"Egressはアカウント制限を超えています。"
  • 503 サービス利用不可、ServerBusy、"イングレスがアカウント制限を超えています。"
  • 503 サービス利用不可、ServerBusy、"1 秒あたりの操作数がアカウント制限を超えています。"
  • 503 サービス利用不可、ServerBusy、"サーバーは現在要求を受信できません。 要求を再試行してください。"

Media Types: "application/json", "application/octet-stream", "text/plain"

Headers

  • x-ms-request-id: string
  • x-ms-version: string

定義

DataLakeStorageError
Error

サービス エラー応答オブジェクト。

DataLakeStorageError

Name Type Description
error

サービス エラー応答オブジェクト。

Error

サービス エラー応答オブジェクト。

Name Type Description
code
  • string

サービス エラー コード。

message
  • string

サービス エラー メッセージ。