コンテナーに対する操作

Microsoft Azure のストレージには、BLOB サービスのコンテナーを操作するための REST 操作が用意されています。

このセクションの内容

コンテナーの作成
ストレージ アカウントに新しいコンテナーを作成します。

コンテナーのプロパティの取得
コンテナーのすべてのユーザー定義メタデータとシステム プロパティを返します。

Get Container Metadata
コンテナーのユーザー定義メタデータのみを返します。

コンテナー メタデータの設定
指定されたコンテナーの 1 組以上のユーザー定義名と値のペアを設定します。

コンテナー ACL の取得
コンテナーのパブリック アクセス ポリシーと保存されているアクセス ポリシーを取得します。

コンテナー ACL の設定
コンテナーのパブリック アクセス ポリシーと保存されているアクセス ポリシーを設定します。

Delete Container
コンテナーを削除対象としてマークします。

Lease Container
コンテナーを削除する機能を制御します。

BLOB を一覧表示する
コンテナー内の BLOB を一覧表示します。

コンテナーを復元する
論理的に削除されたコンテナーの内容とプロパティを、指定したコンテナーに復元します。

関連項目

Blob service の REST API