ユーザーがオンライン通知を受信SharePointしない

問題

この環境Office 365ユーザーは、オンライン通知を期待SharePoint通知を受け取らない。 具体的には、ユーザーに次の 1 つ以上の現象が発生する場合があります。

  • アラートの作成後、アラート電子メール メッセージは受信されません。

  • アラートは機能しません。 アラートは受信されない。

  • タスク リスト通知は機能しません。

  • ワークフローの電子メール メッセージは受信されません。

  • ワークフローが機能しません。

ソリューション

ソリューション 1

リスト、ライブラリ、またはタスク リストに対するユーザーのアクセス許可を調査します。 ユーザー アカウントに少なくともオブジェクトに対する読み取りアクセス許可が付与されている必要があります。

  • これらのアクセス許可が存在する場合は、[ソリューション 2] に移動します。
  • これらのアクセス許可が存在しない場合は、これらのアクセス許可を修正するユーザーをサイト管理者に指示します。

アクセス許可レベルの詳細については、「アクセス許可レベル について」を参照してください

ソリューション 2

新しいアラートが機能するを確認します。 これを行うには、テスト ライブラリまたはテスト リストに新しいアラートを作成します。 アラートを生成するアクションを実行します。 たとえば、アイテムを追加、編集、または削除します。 次に、15 分待ちます。 アラートが受信されていない場合は、次の情報を収集し、テクニカル サポートMicrosoft Office 365問い合わせください。

  • アラートが最後に受信された既知の時刻を確認します。
  • 新しいアラートで問題を再現する正確な手順を記録します。

ソリューション 3

新しいアラートを受信したが、既存のアラートが受信されない場合は、サイト上のすべてのユーザーのアラートを削除して、再作成します。 これを行うには、「アラートの管理、表示、または削除」を参照SharePointアラートを再作成します。

ソリューション 4

複数のファイルまたはライブラリからのすべてのアラートが配信されない場合は、Microsoft 365 管理センター、Health、Service Health からサービス正常性ダッシュボードにアクセスして、SharePoint または Exchange で発生する可能性のあるアドバイザリ/インシデントを確認します。 問題の原因は、SharePoint のアラート機能によるもの、または Exchange 経由のメールの遅延によるものである可能性があります。 また、その他のメールが配信されているかどうかを確認することも重要です。配信されていない場合は、問題の原因が Exchange の遅延である可能性が高くなります。

注意

  • メール内の JUNK フォルダーを確認します。アラートが送信される場合があります。

  • 即時アラート ルールが受信者の電子メール アドレスに対して非常に大きなボリュームを生成している場合、SharePoint調整が適用される場合があります。 これは、サービスの正常性と全体的なアラート配信の信頼性を保護するように設計されています。 1 つの電子メール アドレスが、すべてのリストまたはライブラリ サブスクリプションで 1 時間に数千通の即時通知メールを受信している場合は、スロットルが適用される可能性があります。

  • 配布グループまたは O365 グループにアラートを送信することはできません。 メールが有効なセキュリティ グループだけがサポートされます。

  • アラート メール テンプレートをカスタマイズすることはできません。カスタマイズを行うには、Microsoft FLOW または SharePoint Designer ワークフローを使用する必要があります。

詳細情報

この問題は、ユーザーが警告機能を使用するサイト、ライブラリ、またはリストにアクセスするために、ユーザーのアカウントにアクセス許可が付与されていない場合に発生する可能性があります。 つまり、ユーザーは、リストまたはライブラリに対するアクセス許可を持っている必要があります。アラートおよびタスクとワークフローのタスク リストへのアクセス許可。

さらにヘルプが必要ですか? SharePoint コミュニティにアクセスしてください。