SharePoint中止するオンラインパブリック Web サイト

はじめに

この記事では、Web サイトのオンラインパブリック web サイトSharePointの変更に関する情報をOffice 365。 詳細については、引き続きこの記事を更新します。

詳細情報

2015 年 3 月 9 日、Microsoft は 2015 年 3 月 9 日の変更日以降にパブリック Web サイトを作成する機能を削除して、SharePoint Online パブリック Web サイト機能に変更を加えた。 2015 年 3 月 9 日より前にこの機能を使用したお客様には、少なくとも 2 年間、この機能への継続的なアクセスが提供されました。 2015 年 3 月 9 日のOffice 365後にユーザーを購読した新しいユーザーは、この機能にアクセスできます。

今後、Office 365顧客は、完全なオンライン ソリューションとプレゼンスを提供するパブリック Web サイトを提供する業界をリードするサード パーティ製品にアクセスできます。

既存の顧客にとって、これはOffice 365ですか?

オンラインSharePointのパブリック Web サイト機能は、主に、外部向け web サイトOffice 365ユーザーの小さな割合で使用されます。 Office 365 SharePoint Online Public Website 機能を現在使用しているお客様は、2015 年 3 月 9 日の変更日から少なくとも 2 年間、引き続きこの機能にアクセスできます。

2017 年 2 月現在、お客様は SharePoint 管理センターで SharePoint Online パブリック Web サイトの削除を延期する機能を持ち、2018 年 3 月 31 日まで引き続きサイトを使用できます。 お客様は、引き続き、パブリック Web サイト機能用のサード パーティ 製ソリューションを購読できます。 2018 年 3 月 31 日までサイトの削除を延期するには、次の手順を実行します。

  1. [アプリ] から [管理者] を起動ツール。

  2. [管理センター] を選択します。

  3. [SharePoint] を選択します。

  4. [設定] を選択します。

  5. [オンラインのパブリック Web サイトの削除SharePoint延期する] までスクロールします。

  6. [公開 Web サイトを 2018 年 3 月 31 日まで保持する] オプションを選択します。

    注意

    既存のエクスペリエンスによってはSharePoint手順が若干異なる場合があります。 たとえば、[管理センター] を選択するオプションが表示されない場合があります。

    注意

    小規模ビジネス サブスクリプションをお持ちのお客様は、管理者センターからSharePoint利用できない場合があります。 したがって、Small Business サブスクリプションを持つお客様が 2018 年 3 月 31 日までサイトの削除を延期する場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。

    • 2017 年 5 月 1 日より、既存のサイトの匿名アクセスは使用できなくなりました。 パブリック Web サイトの移動に時間が必要な場合は、最大 1 年間 (2018 年 3 月 31 日) の 1 回の延期オプションがあります。 お客様は、2017 年 5 月 1 日までに延期オプションを選択する必要があります。

      重要

      匿名アクセスが無効になっても、この機能を維持する時間が必要な場合は、最初に前の手順に従って SharePoint Online パブリック Web サイトの削除を延期する必要があります。 次に、パブリック サイト (http:// -public.sharepoint.com/_layouts/15/authenticate.aspx?Source=/ など) にアクセスし、右上隅にある <DomainName> [MAKE WEBSITE ONLINE] を選択することで、匿名アクセスを再度有効にできます。

      SharePoint Online パブリック Web サイトの削除を延期できない場合は、右上隅に [MAKE WEBSITE ONLINE] ボタンが表示されません。

      注意

      URL パスで、ドメイン <DomainName> 名に置き換える。

    • 2017 年 10 月 2 日、Microsoft が SharePoint Online でパブリック サイト コレクションを削除すると、ユーザーはパブリック Web サイトに存在するコンテンツ、画像、ページ、その他のファイルにアクセスできなくなりました。 2017 年 10 月 2 日より前に、お客様は、このコンテンツを完全に失わないので、パブリック Web サイトのすべてのコンテンツ、画像、ページ、およびファイルのバックアップ コピーを作成する必要があります。

      注意

      Microsoft は以前、2017 年 9 月 1 日を、SharePoint Online のパブリック サイト コレクションが削除される日付として引用しました。 ただし、これは 2017 年 10 月 2 日に延期され、それに応じて顧客に伝達されています。

    • 2018 年 3 月 31 日、延期されたパブリック サイトはすべて削除されます。

    • サイトの上部に、次のようなバナーが表示されます。

      「リマインダー: このサイトはまもなく利用できません。 詳細については、ここをクリックしてください。

      バナー内のリンクは、このサポート技術情報の記事を示しています。 バナーは削除できません。

パブリック Web サイトが削除された後は何が起こりますか?

2017 年 10 月 2 日、Microsoft が SharePoint Online でパブリック サイト コレクションを削除すると、ユーザーはパブリック Web サイトに存在するコンテンツ、画像、ページ、その他のファイルにアクセスできなくなりました。 ただし、お客様はごみ箱を使用してコンテンツを回復できます。 ごみ箱からファイルを回復するには、次の 手順に従います

注意

サイトのごみ箱からアイテムを削除すると、そのアイテムは自動的に第2 段階のごみ箱またはサイト コレクションのごみ箱に移動し、約 30 日間残り、その後は SharePoint から完全に削除されます。

新しい顧客にとって、これはOffice 365ですか?

2015 年 3 月 9 日の変更日を超えて、Microsoft は新しい顧客に SharePoint Web サイト機能を提供しなくなりました。 New customers who subscribed to Office 365 after the changeover date don't have access to this feature. 代わりに、サードパーティ製のソリューションを購読するには、外部のソリューション内からのリンクを使用Office 365。

この変更は、お客様にOffice 365されますか?

オンラインOffice 365準備した管理者SharePoint、この変更の通知をメッセージ センター Office 365受け取った。

Microsoft は、既存のパブリック Web サイトに影響を与える新しい問題を修正しますか?

いいえ。

Microsoft が今回の変更を行う理由

Office 365 サービスの進化の一環として、サービスの機能を定期的に評価して、お客様に最大限の価値を提供しています。 慎重に検討した結果、パブリック Web サイトの場合、Office 365 顧客はパブリック Web サイトをコアコンピテンシーであるサード パーティ プロバイダーが提供する方が良いと結論付けしました。 そのため、SharePoint Online パブリック Web サイト機能を中止し、Office 365 の機能の提供に重点を置き、お客様により多くの価値を提供できるよう、困難な決断を下しました。

サードパーティ製品の概要

オンラインパブリック Web サイトSharePointパートナー Web サイトに移行できます。 詳細については、「オンラインのパブリックWeb サイトを使用SharePointパートナーホスト型 Web サイトに切り替える」を参照してください。

別のソリューションに移行するプロセスは、Microsoft サポート スタッフではサポートされません。

顧客またはユーザーが移行中にコンテンツを失う可能性がありますか?

コンテンツとデータのすべての移行は手動プロセスであり、顧客が完了する必要があります。 中断やデータ損失を回避するには、新しいソリューションまたはサービスに切り替える前に、SharePoint Online パブリック Web サイト機能のすべてのコンテンツとデータをバックアップする必要があります。 これにより、潜在的な中断を最小限に抑えることができます。

注意

パブリック サイト データをバックアップする方法は複数あります。 1 つの方法は、「オンラインパブリック Web サイトの使用からパートナーホスト型 web サイトへの切り替えSharePoint 1 ~ 10 の手順に従う方法です。 次の手順では、パブリック Web サイト ファイルのコピーを指定した場所に保存します。

Microsoft は、これらの新しいサービスのトレーニング コンテンツまたはドキュメントを提供しますか?

いいえ。 これらの新しい製品に関するコンテンツとドキュメントは、サードパーティのソリューション プロバイダーによって所有および管理されます。

利用できる国と言語

顧客ベースとOffice 365の市場の大部分がサポートされています。

サード パーティソリューションのサポートに問い合わせ先

サポートはサード パーティのソリューション プロバイダーによって提供され、選択したパートナーの既存のサポート連絡先情報に従ってアクセスできます。 連絡先の詳細については、選択したパートナーのサポート ページを確認します。

影響を受けるサービスの価格Office 365減額されますか?

いいえ。 この変更は、お客様の生産性に優れたエクスペリエンスを提供する取り組みOffice 365に合わせて調整され、Office 365の価格に影響を及ぼOffice 365。 サード パーティのソリューションは、利用可能な場合は、お客様Office 365割引価格で提供されます。

お客様は、任意の Web サイト ホスティング サービスを使用できます。また、このサービスで提供されるサード パーティのソリューションOffice 365。 ただし、このサービスで利用できるサード パーティOffice 365は、利用可能な場合は、Office 365割引料金で提供されます。

パブリック Web サイトを使用して匿名ユーザーとコンテンツを共有している場合は、

パブリック Web サイトを使用してコンテンツへの匿名アクセスを行い、将来の代替ソリューションが必要な場合は、「SharePoint Online サイトから匿名でコンテンツを共有する方法の詳細については、「SharePointファイルまたはフォルダーの共有」を参照してください。

サードパーティの情報に関する免責事項

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

さらにヘルプが必要ですか? SharePoint コミュニティにアクセスしてください。