リッチ テキスト フィールドは、ユーザーがサイトにInternet ExplorerするときにSharePointしない

問題

Internet Explorer を使用してリッチ テキスト フィールドを含む SharePoint Online または SharePoint Server 2013 サイトにアクセスすると、リッチ テキスト フィールドは応答しません。

ソリューション

この問題を解決するには、SharePointサイトを [信頼済みサイト] ゾーンに追加Internet Explorer。 また、 HtmlDlgSafeHelper クラス アドオンが有効になっているか確認します。

オンライン サイトを信頼SharePointに追加するには、次の手順を実行します。

  1. Internet Explorer を開始します。

  2. Internet Explorer のバージョンに応じて、次のいずれかを実行します。

    • [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
    • 歯車アイコンをクリックし、[インターネット オプション] をクリックします

    [設定] メニューの [インターネット オプション] 項目のスクリーンショットInternet Explorer。

  3. [セキュリティ] タブをクリック し、[信頼済 みサイト] をクリック し、[サイト] を クリックします

    インターネット オプションの [セキュリティ] タブの [信頼済みサイト] 設定のスクリーンショット。

  4. [この Web サイトをゾーンに追加する] ボックスに、信頼済みサイト ゾーンに追加する SharePoint Online サイトの URL を入力し、[追加] をクリックします。 たとえば、「https:// contoso.sharepoint.com」と入力します。 (ここでは、 contoso プレースホルダー は、組織で使用するドメインを表します。この領域に追加する追加サイトに対して、この手順を繰り返します。

    サンプル Web サイトを信頼済みサイト ゾーンに追加したスクリーンショット。

  5. 各サイトを [Web サイト] リストに追加したら、[ じる] をクリック 、[ OK] をクリックします。

HtmlDlgSafeHelper クラス アドオンを有効 にするには、次の手順を実行します。

  1. [Internet Explorerツール] メニューの歯車アイコンをクリックし、[アドオンの管理 ] をクリックします
  2. アドオンの一覧で、 HtmlDlgSafeHelper クラスを探します
  3. [この アドオンの 状態] が [無効] に設定されている場合は、アドオンを選択し、[有効] をクリック します

詳細情報

Font コントロールが初めてクリックされた場合、何も表示されない可能性があります。また、もう一度クリックする必要がある場合があります。 クライアント側キャッシュにリッチ テキスト コントロールが含まれると、一貫して機能する必要があります。 この動作は、コントロールの実行をActiveXするInternet ExplorerコントロールActiveXによって発生します。 または、キャッシュがクリアされた後にInternet Explorer可能性があります。

さらにヘルプが必要ですか? SharePoint コミュニティにアクセスしてください。