bcp を使用したデータ ファイルのプレフィックス長の指定 (SQL Server)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Database YesAzure SQL Managed Instance yesAzure Synapse Analytics yesAnalytics Platform System (PDW)

bcp コマンドでは、ネイティブ形式のデータをデータ ファイルに一括エクスポートするためのファイル ストレージが最も少なくなるように、各フィールドの前にそのフィールドの長さを 1 文字以上の文字列で指定します。 このような文字列を、 プレフィックス長文字列と呼びます。

プレフィックス長の bcp プロンプト

対話型の bcp コマンドで、フォーマット ファイル スイッチ ( -f ) またはデータ形式スイッチ ( -n-c-w、または -N) のどちらも付けずに inまたは outオプションを指定すると、次のように各データ フィールドのプレフィックス長を要求するプロンプトが表示されます。

Enter prefix length of field <field_name> [<default>]:

0 を指定すると、フィールドの長さ (文字データ型の場合) またはフィールド ターミネータ (文字以外のネイティブ型の場合) のいずれかが、 bcp によって要求されます。

注意

bcp コマンドですべてのフィールドを対話形式で指定すると、各フィールドへの応答を XML 形式以外のファイルに保存するように要求するプロンプトが表示されます。 XML 以外のフォーマット ファイルの詳細については、「XML 以外のフォーマット ファイル (SQL Server)」を参照してください。

プレフィックス長の概要

フィールドのプレフィックス長を格納するには、フィールドの最大長を表すのに十分なバイト数が必要です。 必要なバイト数は、ファイル ストレージの型、列の NULL 値許容属性、およびデータがネイティブ形式または文字形式でデータ ファイルに格納されるかどうかによって異なります。 たとえば、 text データ型または image データ型では、フィールド長を格納するために 4 文字のプレフィックス文字列が必要ですが、 varchar データ型で必要なのは 2 文字です。 データ ファイルでは、このようなプレフィックス長文字列は、 SQL Serverの内部バイナリ データ形式で格納されます。

重要

ネイティブ形式を使用するときは、フィールド ターミネータではなくプレフィックス長を使用します。 ネイティブ形式のデータ ファイルは SQL Server の内部バイナリ データ形式で格納されるので、ネイティブ形式のデータがターミネータと競合することがあります。

一括エクスポートのプレフィックス長

注意

フィールドをエクスポートするときにプレフィックス長のプロンプトに表示される既定値は、フィールドの最も効率的なプレフィックス長を示します。

NULL 値は空のフィールドとして表現されます。 フィールドが空 (NULL) であることを示すには、フィールド プレフィックスに値 -1 を含めます。つまり、少なくとも 1 バイトが必要です。 SQL Server テーブル列で NULL 値を許可する場合は、ファイル ストレージの型に応じて、1 以上のプレフィックス長が必要になります。

データを一括エクスポートし、ネイティブ データ型または文字形式のいずれかで格納する場合は、次の表に示すプレフィックス長を使用します。

SQL Server

データ型 (data type)
ネイティブ形式

NOT NULL
ネイティブ形式

NULL
文字形式

NOT NULL
文字形式

NULL
char 2 2 2 2
varchar 2 2 2 2
nchar 2 2 2 2
nvarchar 2 2 2 2
text* 4 4 4 4
ntext* 4 4 4 4
[バイナリ] 2 2 2 2
varbinary 2 2 2 2
image* 4 4 4 4
datetime 0 1 0 1
smalldatetime 0 1 0 1
decimal 1 1 1 1
numeric 1 1 1 1
float 0 1 0 1
real 0 1 0 1
int 0 1 0 1
bigint 0 1 0 1
smallint 0 1 0 1
tinyint 0 1 0 1
money 0 1 0 1
smallmoney 0 1 0 1
bit 0 1 0 1
uniqueidentifier 1 1 0 1
timestamp 1 1 1 1
varchar(max) 8 8 8 8
varbinary(max) 8 8 8 8
UDT (ユーザー定義データ型) 8 8 8 8
XML 8 8 8 8
sql_variant 8 8 8 8

*ntexttext、およびイメージのデータ型は、将来のバージョンのSQL Serverで削除される予定です。 新しい開発作業では、これらのデータ型の使用は避け、現在これらのデータ型を使用しているアプリケーションは修正するようにしてください。 代わりに、 nvarchar(max)varchar(max)varbinary(max) を使用してください。

一括インポートのプレフィックス長

データが一括インポートされるときは、プレフィックス長はデータ ファイルが作成されたときに指定された値になります。 bcp コマンドでデータ ファイルが作成されなかった場合、プレフィックス長文字列が存在しない場合があります。 この場合は、プレフィックス長に 0 を指定します。

注意

bcpを使用して、作成されなかったデータ ファイルのプレフィックス長を指定するには、このトピックの「 一括エクスポートのプレフィックス長」に記載した長さを使用してください。

参照

bcp ユーティリティ
データ型 (Transact-SQL)
bcp を使用したフィールド長の指定 (SQL Server)
フィールド ターミネータと行ターミネータの指定 (SQL Server)
bcp を使用したファイル ストレージ型の指定 (SQL Server)