フォーマット ファイルを使用したテーブル列のスキップ (SQL Server)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Yes Azure SQL Database Yes azure SQL Managed Instance yes azure Synapse analytics yes analytics Platform System (PDW)

この記事では、スキップされた列のデータがソース データ ファイルに存在しない場合に、フォーマット ファイルを使用してテーブル列のインポートをスキップする方法について説明します。 データ ファイルに含めることができるフィールドの数はインポート先のテーブルの列の数よりも少なくなります。つまり、インポート先のテーブルで次の 2 つの条件のうち少なくともどちらかが true である場合のみ、列のインポートをスキップすることができます。

  • スキップされる列が NULL 値である。
  • スキップされる列に既定値が含まれている。

サンプル テーブルとデータ ファイル

この記事の例では、 myTestSkipColスキーマの下にという名前 myTestSkipCol のテーブルがあることを前提としています。 このテーブルは WideWorldImportersAdventureWorks などのサンプル データベース、またはその他の任意のデータベースで作成できます。 このテーブルは次のように作成します。

USE WideWorldImporters;  
GO  
CREATE TABLE myTestSkipCol   
   (  
   Col1 smallint,  
   Col2 nvarchar(50) NULL,  
   Col3 nvarchar(50) not NULL  
   );  
GO  

この記事の例では、サンプル データ ファイル myTestSkipCol2.dat も使用します。 インポート先のテーブルには 3 つの列が含まれていますが、このデータ ファイルには 2 つのフィールドしか含まれていません。

1,DataForColumn3  
1,DataForColumn3  
1,DataForColumn3  

基本的な手順

XML 以外のフォーマット ファイルまたは XML フォーマット ファイルを使用して、テーブル列をスキップすることができます。 どちらの場合も、次の 2 つの手順を行います。

  1. bcp コマンドライン ユーティリティを使用して、既定のフォーマット ファイルを作成します。

  2. テキスト エディターで、既定のフォーマット ファイルを変更します。

変更後のフォーマット ファイルで、存在するそれぞれのフィールドをインポート先のテーブルの対応する列にマップする必要があります。 どのテーブル列 (複数可) をスキップするかも指定する必要があります。

たとえば、myTestSkipCol2.dat から myTestSkipCol テーブルにデータを一括インポートするには、フォーマット ファイルで最初のデータ フィールドを Col1 にマップし、Col2 をスキップして、2 番目のフィールドを Col3 にマップする必要があります。

オプション #1 - XML 以外のフォーマット ファイルの使用

手順 #1 - XML 以外の既定のフォーマット ファイルの作成

コマンドプロンプトで次のmyTestSkipColコマンドを実行して、 myTestSkipCol サンプルテーブル用の XML 以外の既定のフォーマットファイルを作成します。

bcp WideWorldImporters..myTestSkipCol format nul -f myTestSkipCol_Default.fmt -c -T  

重要

場合によっては、-S 引数で接続先サーバー インスタンスの名前を指定する必要があります。 また、-U-P の引数を使用したユーザー名とパスワードの指定が必要な場合もあります。 詳細については、「 bcp Utility」を参照してください。

上記のコマンドでは、 myTestSkipCol_Default.fmtという XML 以外のフォーマット ファイルを作成します。 このフォーマット ファイルは bcp で作成した形式なので、 既定のフォーマット ファイルといいます。 既定のフォーマット ファイルには、データ ファイル フィールドとテーブル列の一対一の対応が記述されます。

次のスクリーンショットに、この既定のフォーマット ファイルのサンプルで使用されている値を示します。

default non-XML format file for myTestSkipCol

Note

フォーマットファイルフィールドの詳細については、「 XML 以外のフォーマットファイル (SQL Server)」を参照してください。

手順 #2 - XML 以外のフォーマット ファイルの変更

XML 以外の既定のフォーマット ファイルを変更するには、2 つの別の方法があります。 どちらの方法も、データ ファイルにデータ フィールドが存在しないこと、および対応するテーブル列にデータが挿入されないことを示します。

テーブル列をスキップするには、既定の XML 以外のフォーマット ファイルを編集し、そのファイルを以下のいずれかの方法で変更します。

オプション #1 - 行の削除

列のスキップに推奨されている方法には、次の 3 つの手順が含まれています。

  1. まず、ソース データ ファイルに存在しないフィールドを記述しているフォーマット ファイルの行をすべて削除します。
  2. 次に、削除したフォーマット ファイルの行に続く各行の "ホスト ファイル フィールドの順序" の値を減らします。 "ホスト ファイル フィールドの順序" の値が、データ ファイル内での各データ フィールドの実際の場所を反映した 1 ~ nの通し番号になるようにします。
  3. 最後に、データ ファイル内の実際のフィールド数が反映されるように、"列の数" フィールドの値を減らします。

次の例は、myTestSkipCol テーブルの既定のフォーマット ファイルに基づいています。 変更後のフォーマット ファイルは、最初のデータ フィールドを Col1にマップし、 Col2をスキップして、2 番目のデータ フィールドを Col3にマップしています。 Col2 に相当する行は削除されています。 最初のフィールドの後ろの区切り記号も \t から , に変更されています。

14.0  
2  
1       SQLCHAR       0       7       ","      1     Col1         ""  
2       SQLCHAR       0       100     "\r\n"   3     Col3         SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS  

オプション #2 - 行定義の変更

スキップするテーブル列に対応するフォーマット ファイルの行の定義を変更することもできます。 変更するフォーマット ファイルの行は、"プレフィックス長"、"ホスト ファイルのデータ長"、および "サーバーの列の順序" の値を 0 に設定する必要があります。 さらに、"ターミネータ" および "列の照合順序" のフィールドを "" (つまり、空または NULL 値) に設定する必要があります。 "サーバーの列名" の値は、実際の列名が不要な場合でも、空でない文字列を指定する必要があります。 残りのフォーマット フィールドは既定値のままにしておく必要があります。

次の例も、 myTestSkipCol テーブルの既定のフォーマット ファイルから作成しました。

14.0  
3  
1       SQLCHAR       0       7       ","      1     Col1         ""  
2       SQLCHAR       0       0       ""       0     Col2         ""  
3       SQLCHAR       0       100     "\r\n"   3     Col3         SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS  

XML 以外のフォーマット ファイルの例

以下の例は、この記事で既に説明した myTestSkipCol サンプル テーブルおよび myTestSkipCol2.dat サンプル データ ファイルに基づいています。

BULK INSERT の使用

この例は、前のセクションの説明のとおりに作成した変更済みの XML 以外のフォーマット ファイルのいずれかを使用することで動作します。 この例では、変更後のフォーマット ファイルの名前を myTestSkipCol2.fmtとします。 BULK INSERT を使用して myTestSkipCol2.dat データ ファイルを一括インポートするには、SSMS で次のコードを実行します。 お使いのコンピューターのサンプル ファイルがある場所のファイル システム パスを更新します。

USE WideWorldImporters;  
GO  
BULK INSERT myTestSkipCol   
   FROM 'C:\myTestSkipCol2.dat'   
   WITH (FORMATFILE = 'C:\myTestSkipCol2.fmt');  
GO  
SELECT * FROM myTestSkipCol;  
GO  

オプション #2 - XML フォーマット ファイルの使用

手順 #1 - 既定の XML フォーマット ファイルの作成

コマンドプロンプトで次のmyTestSkipColコマンドを実行して、 myTestSkipCol サンプルテーブルの既定の XML フォーマットファイルを作成します。

bcp WideWorldImporters..myTestSkipCol format nul -f myTestSkipCol_Default.xml -c -x -T  

重要

場合によっては、-S 引数で接続先サーバー インスタンスの名前を指定する必要があります。 また、-U-P の引数を使用したユーザー名とパスワードの指定が必要な場合もあります。 詳細については、「 bcp Utility」を参照してください。

上記のコマンドでは、myTestSkipCol_Default.xml という XML フォーマット ファイルを作成します。 このフォーマット ファイルは bcp で作成した形式なので、 既定のフォーマット ファイルといいます。 既定のフォーマット ファイルには、データ ファイル フィールドとテーブル列の一対一の対応が記述されます。

<?xml version="1.0"?>  
<BCPFORMAT xmlns="https://schemas.microsoft.com/sqlserver/2004/bulkload/format" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">  
 <RECORD>  
  <FIELD ID="1" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\t" MAX_LENGTH="7"/>  
  <FIELD ID="2" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\t" MAX_LENGTH="100" COLLATION="SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS"/>  
  <FIELD ID="3" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\r\n" MAX_LENGTH="100" COLLATION="SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS"/>  
 </RECORD>  
 <ROW>  
  <COLUMN SOURCE="1" NAME="Col1" xsi:type="SQLSMALLINT"/>  
  <COLUMN SOURCE="2" NAME="Col2" xsi:type="SQLNVARCHAR"/>  
  <COLUMN SOURCE="3" NAME="Col3" xsi:type="SQLNVARCHAR"/>  
 </ROW>  
</BCPFORMAT>  

Note

XML フォーマットファイルの構造の詳細については、「 Xml フォーマットファイル (SQL Server)」を参照してください。

手順 #2 - XML フォーマット ファイルの変更

これは、Col2 をスキップする、変更済みの XML フォーマット ファイル myTestSkipCol2.xml です。 Col2FIELDROW のエントリが削除され、エントリの番号が変更されています。 最初のフィールドの後ろの区切り記号も \t から , に変更されています。

<?xml version="1.0"?>  
<BCPFORMAT xmlns="https://schemas.microsoft.com/sqlserver/2004/bulkload/format" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">  
 <RECORD>  
  <FIELD ID="1" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="," MAX_LENGTH="7"/>  
  <FIELD ID="2" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\r\n" MAX_LENGTH="100" COLLATION="SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS"/>  
 </RECORD>  
 <ROW>  
  <COLUMN SOURCE="1" NAME="Col1" xsi:type="SQLSMALLINT"/>  
  <COLUMN SOURCE="2" NAME="Col3" xsi:type="SQLNVARCHAR"/>  
 </ROW>  
</BCPFORMAT>  

XML フォーマット ファイルの例

以下の例は、この記事で既に説明した myTestSkipCol サンプル テーブルおよび myTestSkipCol2.dat サンプル データ ファイルに基づいています。

myTestSkipCol2.dat から myTestSkipCol テーブルにデータをインポートするため、この例では変更した XML フォーマット ファイル myTestSkipCol2.xml を使用します。

ビューでの BULK INSERT の使用

XML フォーマットファイルでは、 bcp コマンドまたは ステートメントを使用して直接テーブルにインポートするときに、列をスキップすることはできません。 ただし、テーブルの最後の列を除くすべての列にインポートできます。 最後の列を除く任意の列をスキップする必要がある場合、データ ファイルに含まれている列のみを含んでいる対象テーブルのビューを作成する必要があります。 その後、データ ファイルからビューにデータを一括インポートできます。

次の例では、myTestSkipCol テーブルに v_myTestSkipCol ビューを作成します。 このビューでは 2 番目のテーブル列である Col2がスキップされます。 その後、 BULK INSERT を使用して myTestSkipCol2.dat データ ファイルをこのビューにインポートします。

SSMS で、次のコードを実行します。 お使いのコンピューターのサンプル ファイルがある場所のファイル システム パスを更新します。

USE WideWorldImporters;  
GO  

CREATE VIEW v_myTestSkipCol AS  
    SELECT Col1,Col3  
    FROM myTestSkipCol;  
GO  
  
BULK INSERT v_myTestSkipCol  
FROM 'C:\myTestSkipCol2.dat'  
WITH (FORMATFILE='C:\myTestSkipCol2.xml');  
GO  

OPENROWSET(BULK...) の使用

OPENROWSET(BULK...) を使用してテーブル列をスキップするために XML フォーマット ファイルを使用するには、次のように選択リストおよび対象テーブルの列リストを明示的に指定する必要があります。

INSERT ...<column_list> SELECT <column_list> FROM OPENROWSET(BULK...) 

次の例では、 OPENROWSET 一括行セット プロバイダーと myTestSkipCol2.xml フォーマット ファイルを使用します。 この例では、 myTestSkipCol2.dat データ ファイルを myTestSkipCol テーブルに一括インポートします。 必要に応じて、ステートメントでは、選択リストおよびターゲット テーブルの列の一覧を明示的に指定します。

SSMS で、次のコードを実行します。 お使いのコンピューターのサンプル ファイルがある場所のファイル システム パスを更新します。

USE WideWorldImporters;  
GO  
INSERT INTO myTestSkipCol  
  (Col1,Col3)  
    SELECT Col1,Col3  
      FROM  OPENROWSET(BULK  'C:\myTestSkipCol2.Dat',  
      FORMATFILE='C:\myTestSkipCol2.Xml'    
       ) as t1 ;  
GO  

参照

bcp ユーティリティ
BULK INSERT (Transact-SQL)
OPENROWSET (Transact-SQL)
フォーマットファイルを使用したデータフィールドのスキップ (SQL Server)
フォーマットファイルを使用してテーブル列を Data-File フィールドにマップする (SQL Server)
フォーマットファイルを使用したデータの一括インポート (SQL Server)