OLE オートメーションストアドプロシージャ (Transact-sql SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

SQL Server では、Transact-SQL バッチ内で OLE オートメーション オブジェクトを使用するために、次のシステム ストアド プロシージャが用意されています。 既定では、SQL Server は OLE オートメーション ストアド プロシージャへのアクセスをブロックします。これは、このコンポーネントがサーバーのセキュリティ構成の中で無効になっているためです。 システム管理者は、sp_configure を使用して、OLE オートメーションプロシージャへのアクセスを有効にすることができます。 詳細については、「 Surface Area Configuration」を参照してください。

参照

システム ストアド プロシージャ (Transact-SQL)
Ole Automation Procedures サーバー構成オプション