sp_delete_backup (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server 2016 (13.x) 以降

指定したデータベースからスナップショット バックアップ セットを構成するすべてのスナップショットとバックアップ ファイルを削除します。 このシステム ストアド プロシージャは、スナップショット バックアップ セットを管理するための唯一の推奨される方法です。 詳細については、「 Azure でのデータベース ファイルのファイル スナップショット バックアップ」を参照してください。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

  
sys.sp_delete_backup   
    [ @backup_url = ] backup_metadata_file_url  
    ,[ [ @db_name = ] database_name | NULL ]  

引数

[ = ] backup_meta_file_url
削除するバックアップの URL。バックアップ ファイル自体を含む、指定したバックアップ セットを構成するスナップショットはすべて削除されます。

[ = ] database_name
削除するスナップショットを含むデータベースの名前。 データベース名を指定すると、指定されたバックアップ URL が指定されたデータベースのバックアップ URL であり、sp_delete_backup_file_snapshot (Transact-SQL) を使用して各スナップショットが削除されます。 データベース名が指定されていない場合、このデータベース チェックは実行されません。

アクセス許可

指定したデータベースに対する ALTER ANY DATABASE 権限または ALTER 権限が必要です。

参照

sys.fn_db_backup_file_snapshots (Transact-SQL)
sp_delete_backup_file_snapshot (Transact-SQL)