OBJECT_NAME (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Yes Azure SQL Database Yes azure SQL Managed Instance yes azure Synapse analytics yes analytics Platform System (PDW)

スキーマ スコープ オブジェクトのデータベース オブジェクト名を返します。 スキーマスコープオブジェクトの一覧については、「 sys. オブジェクト (SQL transact-sql)」を参照してください。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

OBJECT_NAME ( object_id [, database_id ] )  

Note

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

object_id
使用するオブジェクトの ID です。 object_id のデータ型は int です。指定したデータベース コンテキスト、または現在のデータベース コンテキストのスキーマ スコープ オブジェクトと見なされます。

database_id
オブジェクトを検索するデータベースの ID を指定します。 database_idintです。

戻り値の型

sysname

例外

エラーが発生した場合、または呼び出し元にオブジェクトの表示権限がない場合は、NULL が返されます。 呼び出し先データベースの AUTO_CLOSE オプションが ON に設定されている場合、データベースが開きます。

ユーザーが所有しているか、または権限を与えられている、セキュリティ保護可能なリソースのメタデータのみを表示できます。 つまり、オブジェクトに対する権限がユーザーに与えられていない場合、メタデータを生成する組み込み関数 (OBJECT_NAME など) が NULL を返す可能性があります。 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。

アクセス許可

オブジェクトに対する ANY 権限が必要です。 データベース ID を指定するには、そのデータベースの CONNECT 権限を持っているか、ゲスト アカウントが有効である必要があります。

解説

システム関数は、選択リストの中、WHERE 句の中、また、式を使える所ならどこにでも使用できます。 詳しくは、「」および「WHERE」をご覧ください。

このシステム関数が返す値には、現在のデータベースの照合順序が使用されます。

既定では、SQL Server データベースエンジンは、 object_idが現在のデータベースのコンテキストであることを前提としています。 別のデータベースの object_id を参照するクエリは、NULL または正しくない値を返します。 たとえば、次のクエリでは、現在のデータベースのコンテキストは AdventureWorks2012 です。 データベースエンジンは、クエリの from 句で指定されたデータベースではなく、そのデータベース内の指定されたオブジェクト ID のオブジェクト名を返そうとします。 したがって、正しくない情報が返されます。

USE AdventureWorks2012;  
GO  
SELECT DISTINCT OBJECT_NAME(object_id)  
FROM master.sys.objects;  
GO  

データベース ID を指定することで、別のデータベースのコンテキストにあるオブジェクト名を解決できます。 次の例では、master 関数で OBJECT_SCHEMA_NAME データベースのデータベース ID を指定し、正確な結果を返します。

USE AdventureWorks2012;  
GO  
SELECT DISTINCT OBJECT_SCHEMA_NAME(object_id, 1) AS schema_name  
FROM master.sys.objects;  
GO  

A. WHERE 句で OBJECT_NAME を使用する

この例では、sys.objects ステートメントの OBJECT_NAME 句の WHERE で指定されたオブジェクトの SELECT カタログ ビューから列を返します。

USE AdventureWorks2012;  
GO  
DECLARE @MyID INT;  
SET @MyID = (SELECT OBJECT_ID('AdventureWorks2012.Production.Product',  
    'U'));  
SELECT name, object_id, type_desc  
FROM sys.objects  
WHERE name = OBJECT_NAME(@MyID);  
GO  

B. オブジェクト スキーマ名とオブジェクト名を取得する

この例では、アドホック ステートメントでも準備されたステートメントでもない、キャッシュされたすべてのクエリ プランについて、オブジェクト スキーマ名、オブジェクト名、SQL テキストを返します。

SELECT DB_NAME(st.dbid) AS database_name,   
    OBJECT_SCHEMA_NAME(st.objectid, st.dbid) AS schema_name,  
    OBJECT_NAME(st.objectid, st.dbid) AS object_name,   
    st.text AS query_text  
FROM sys.dm_exec_query_stats AS qs  
CROSS APPLY sys.dm_exec_sql_text(qs.sql_handle) AS st  
WHERE st.objectid IS NOT NULL;  
GO  

C. 3 つの要素で構成されたオブジェクト名を取得する

この例では、データベース名、スキーマ名、およびオブジェクト名と共に、すべてのデータベースのすべてのオブジェクトの統計を示す sys.dm_db_index_operational_stats 動的管理ビューの残りのすべての列を返します。

SELECT QUOTENAME(DB_NAME(database_id))   
    + N'.'   
    + QUOTENAME(OBJECT_SCHEMA_NAME(object_id, database_id))   
    + N'.'   
    + QUOTENAME(OBJECT_NAME(object_id, database_id))  
    , *   
FROM sys.dm_db_index_operational_stats(NULL, NULL, NULL, NULL);  
GO  

例: Azure Synapse Analytics と Analytics Platform System (PDW)

D. WHERE 句で OBJECT_NAME を使用する

この例では、sys.objects ステートメントの OBJECT_NAME 句の WHERE で指定されたオブジェクトの SELECT カタログ ビューから列を返します。 (実際のオブジェクト番号 (次の例では 274100017) は異なります。 この例をテストするには、お使いのデータベースで SELECT name, object_id FROM sys.objects; を実行して、有効なオブジェクト番号を調べてください。)

SELECT name, object_id, type_desc  
FROM sys.objects  
WHERE name = OBJECT_NAME(274100017);  

関連項目

メタデータ関数 (Transact-SQL)
OBJECT_DEFINITION (Transact-SQL)
OBJECT_ID (Transact-SQL)