ALTER TABLE index_option (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Database

ALTER TABLE で作成される制約定義の一部であるインデックスに適用できる一連のオプションを指定します。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

{   
    PAD_INDEX = { ON | OFF }  
  | FILLFACTOR = fillfactor  
  | IGNORE_DUP_KEY = { ON | OFF }  
  | STATISTICS_NORECOMPUTE = { ON | OFF }  
  | ALLOW_ROW_LOCKS = { ON | OFF }  
  | ALLOW_PAGE_LOCKS = { ON | OFF } 
  | OPTIMIZE_FOR_SEQUENTIAL_KEY = { ON | OFF } 
  | SORT_IN_TEMPDB = { ON | OFF }   
  | MAXDOP = max_degree_of_parallelism  
  | DATA_COMPRESSION = { NONE |ROW | PAGE | COLUMNSTORE | COLUMNSTORE_ARCHIVE }  
      [ ON PARTITIONS ({ <partition_number_expression> | <range> }   
      [ , ...n ] ) ]  
  | XML_COMPRESSION = { ON | OFF }  
      [ ON PARTITIONS ({ <partition_number_expression> | <range> }   
      [ , ...n ] ) ]  
  | ONLINE = { ON | OFF }  
  | RESUMABLE = { ON | OFF }
  | MAX_DURATION = <time> [MINUTES]
}  
  
<range> ::=   
<partition_number_expression> TO <partition_number_expression>  
  
<single_partition_rebuild__option> ::=  
{  
    SORT_IN_TEMPDB = { ON | OFF }  
  | MAXDOP = max_degree_of_parallelism  
  | DATA_COMPRESSION = {NONE | ROW | PAGE | COLUMNSTORE | COLUMNSTORE_ARCHIVE } }  
  | ONLINE = { ON [ ( <low_priority_lock_wait> ) ] | OFF }  
}  
  
<low_priority_lock_wait>::=  
{  
    WAIT_AT_LOW_PRIORITY ( MAX_DURATION = <time> [ MINUTES ] ,   
                           ABORT_AFTER_WAIT = { NONE | SELF | BLOCKERS } )   
}

Note

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

PAD_INDEX = { ON | OFF }
適用対象: SQL Server 2008 以降。

インデックスの埋め込みを指定します。 既定値は OFF です。

ON
FILLFACTOR で指定される空き領域のパーセンテージが、インデックスの中間レベルのページに適用されます。

OFF または fillfactor の指定なし
中間レベル ページは、中間ページの一連のキーを考慮しつつ、インデックスが持つことのできる最大サイズの行が少なくとも 1 つ格納できる領域を残して、ほぼ容量いっぱいに使用されます。

FILLFACTOR =fillfactor
適用対象: SQL Server 2008 以降。

インデックスの作成時または変更時に、データベース エンジン が各インデックス ページのリーフ レベルをどの程度まで埋めるかを、パーセント値で指定します。 1 ~ 100 の整数値を指定する必要があります。 既定値は 0 です。

Note

FILL FACTOR 値 0 と 100 は、すべての面でまったく同じ結果になります。

IGNORE_DUP_KEY = { ON | OFF }
挿入操作で、一意のインデックスに重複するキー値を挿入しようとした場合の応答の種類を指定します。 IGNORE_DUP_KEY オプションは、インデックスが作成または再構築された後の挿入操作のみに適用されます。 CREATE INDEXALTER INDEX、または UPDATE を実行した場合、このオプションは無効です。 既定値は OFF です。

ON
重複したキー値が一意のインデックスに挿入されると、警告メッセージが表示されます。 一意性制約に違反する行のみが失敗します。

OFF
重複したキー値が一意のインデックスに挿入されると、エラー メッセージが表示されます。 INSERT 操作全体がロールバックされます。

ビューに作成されたインデックス、一意でないインデックス、XML インデックス、空間インデックス、およびフィルター処理されたインデックスについては、IGNORE_DUP_KEY を ON に設定することはできません。

IGNORE_DUP_KEY を表示するには、sys.indexes を使用します。

旧バージョンと互換性のある構文では、WITH IGNORE_DUP_KEY は WITH IGNORE_DUP_KEY = ON と同じです。

STATISTICS_NORECOMPUTE = { ON | OFF }
統計を再計算するかどうかを指定します。 既定値は OFF です。

ON
古い統計情報は、自動的には再計算されません。

OFF
自動統計更新が有効です。

ALLOW_ROW_LOCKS = { ON | OFF }
適用対象: SQL Server 2008 以降。

行ロックを許可するかどうかを指定します。 既定値は ON です。

ON
インデックスにアクセスするとき、行ロックが許可されます。 いつ行ロックを使用するかは、データベース エンジンによって決定されます。

OFF
行ロックは使用されません。

ALLOW_PAGE_LOCKS = { ON | OFF }
適用対象: SQL Server 2008 以降。

ページ ロックを許可するかどうかを指定します。 既定値は ON です。

ON
ページにアクセスするとき、行ロックが許可されます。 いつページ ロックを使用するかは、データベース エンジン によって決定されます。

OFF
ページ ロックは使用されません。

OPTIMIZE_FOR_SEQUENTIAL_KEY = { ON | OFF }

適用対象: SQL Server 2019 (15.x) 以降。

最終ページ挿入競合に対して最適化するかどうかを指定します。 既定値は OFF です。 詳細については、CREATE INDEX のページの「シーケンシャル キー」セクションを参照してください。

SORT_IN_TEMPDB = { ON | OFF }
適用対象: SQL Server 2008 以降。

並べ替えの結果を tempdb に格納するかどうかを指定します。 既定値は OFF です。

ON
インデックス構築に使用される中間の並べ替え結果が tempdb に格納されます。 tempdb がユーザー データベースとは異なるディスク セットにある場合は、インデックスの作成に要する時間が削減されます。 インデックスの構築中に使用されるディスク領域のサイズは増加します。

OFF
中間の並べ替え結果はインデックスと同じデータベースに格納されます。

ONLINE = { ON | OFF }
適用対象: SQL Server 2008 以降。

インデックス操作時に、基になるテーブルや関連するインデックスをクエリやデータ変更で使用できるかどうかを指定します。 既定値は OFF です。 REBUILD は ONLINE 操作として実行できます。

Note

一意な非クラスター化インデックスはオンラインで作成できません。 これには、UNIQUE 制約または PRIMARY KEY 制約によって作成されるインデックスが含まれます。

ON
長期のテーブル ロックは、インデックス操作の間は保持されません。 インデックス操作の主なフェーズの間は、基になるテーブル上に、インテント共有 (IS) ロックのみが保持されます。 これにより、基になるテーブルやインデックスに対するクエリや更新を続行できます。 操作の開始時、非常に短い時間ですが、ソース オブジェクトの共有 (S) ロックが保持されます。 操作の終了時、短い時間ですが、非クラスタ化インデックスが作成される場合は、ソース オブジェクト上で共有 (S) ロックの取得が行われます。また、クラスター化インデックスがオンラインで作成または削除され、クラスター化または非クラスター化インデックスが再構築される場合は、SCH-M (スキーマ修正) ロックが取得されます。 オンライン インデックス ロックは短いメタデータ ロックですが、特に Sch-M ロックは、このテーブルに対するすべてのブロックしているトランザクションの完了を待機する必要があります。 待機中、Sch-M ロックによって、同じテーブルにアクセスするためにこのロックの後に待機している他のすべてのトランザクションがブロックされます。 インデックスがローカルの一時テーブルに作成される場合、ONLINE は ON にできません。

Note

オンライン インデックス再構築では、このセクションの後の方で説明されている low_priority_lock_wait オプションを設定できます。 low_priority_lock_wait は、オンライン インデックス再構築中の S および Sch-M ロックの優先度を管理します。

OFF
テーブル ロックは、インデックス操作の間適用されます。 このため、操作中は、すべてのユーザーは基になるテーブルにアクセスできません。 クラスター化インデックスを作成、再構築、または削除するオフライン インデックス操作や、非クラスター化インデックスを再構築または削除するオフライン インデックス操作では、テーブル上のスキーマ修正 (Sch-M) ロックが取得されます。 このため、操作中は、すべてのユーザーは基になるテーブルにアクセスできません。 非クラスター化インデックスを作成するオフライン インデックス操作では、テーブルの共有 (S) ロックが取得されます。 この場合は、基になるテーブルに対して更新は許可されませんが、SELECT ステートメントなどの読み取り操作は許可されます。

詳細については、「オンライン インデックス操作の動作原理」を参照してください。

Note

オンラインでのインデックス操作は、MicrosoftSQL Server のすべてのエディションで使用できるわけではありません。 SQL Serverの各エディションでサポートされる機能の一覧については、「 SQL Server 2016 の各エディションがサポートする機能」を参照してください。

RESUMABLE = { ON | OFF}
適用対象: SQL Server 2022 以降。

ALTER TABLE ADD CONSTRAINT 操作が再開可能かどうかを指定します。 ON の場合はテーブル制約追加操作を再開できます。 OFF の場合はテーブル制約追加操作を再開できません。 既定値は OFF です。 RESUMABLE オプションが ON に指定されている場合、オプション ONLINE = ON が必須です。

MAX_DURATIONRESUMABLE = ON (ONLINE = ON にする必要あり) で使用した場合、再開可能なオンラインでの制約の追加操作が、一時停止されるまでに実行される時間 (分単位で指定される整数値) を示します。 指定されていない場合、操作は完了するまで続行されます。 MAXDOPRESUMABLE = ON でもサポートされています。

再開可能な ALTER TABLE ADD CONSTRAINT 操作の有効化と使用の詳細については、「再開可能なテーブル制約の追加」を参照してください。

MAXDOP =max_degree_of_parallelism
適用対象: SQL Server 2008 以降。

インデックス操作中に max degree of parallelism 構成オプションをオーバーライドします。 詳細については、「 max degree of parallelism サーバー構成オプションの構成」を参照してください。 並列プランの実行で使用されるプロセッサ数を制限するには、MAXDOP を使用します。 最大数は 64 プロセッサです。

max_degree_of_parallelism は次のように指定できます。

  • 1 - 並列プラン生成を抑制します。
  • >1 - 並列インデックス操作で使用される最大プロセッサ数を、指定した数に制限します。
  • 0 (既定値) - 実際のプロセッサの数を使用または現在のシステム ワークロードに基づいて少なくします。

詳細については、「 並列インデックス操作の構成」を参照してください。

注意

並列インデックス操作は、MicrosoftSQL Server のすべてのエディションで使用できるわけではありません。 SQL Serverの各エディションでサポートされる機能の一覧については、「 SQL Server 2016 の各エディションがサポートする機能」を参照してください。

DATA_COMPRESSION
適用対象: SQL Server 2008 以降。

指定したテーブル、パーティション番号、またはパーティション範囲に、データ圧縮オプションを指定します。 次のようなオプションがあります。

NONE
テーブルまたは指定したパーティションが圧縮されません。 行ストア テーブルにのみ適用され、列ストア テーブルには適用されません。

ROW
行の圧縮を使用して、テーブルまたは指定したパーティションが圧縮されます。 行ストア テーブルにのみ適用され、列ストア テーブルには適用されません。

PAGE
ページの圧縮を使用して、テーブルまたは指定したパーティションが圧縮されます。 行ストア テーブルにのみ適用され、列ストア テーブルには適用されません。

COLUMNSTORE
適用対象: SQL Server 2014 (12.x) 以降。

列ストア テーブルにのみ適用されます。 COLUMNSTORE は、COLUMNSTORE_ARCHIVE オプションで圧縮されたパーティションを解凍するように指定します。 データが復元されると、COLUMNSTORE インデックスはすべての列ストア テーブルに使用された列ストア圧縮を使用して引き続き圧縮されます。

COLUMNSTORE_ARCHIVE
適用対象: SQL Server 2014 (12.x) 以降。

クラスター化列ストア インデックスを使用して格納されているテーブルである、列ストア テーブルのみに適用されます。 COLUMNSTORE_ARCHIVE は、指定したパーティションをより小さなサイズにさらに圧縮します。 これは、保存用や、ストレージの使用量を減らす必要があり、しかも保存と取得に時間をかける余裕があるその他の状況で使用できます。

圧縮の詳細については、「データ圧縮」を参照してください。

XML_COMPRESSION
適用対象: SQL Server 2022 (16.x) プレビュー以降と Azure SQL Database プレビュー。

テーブル内のすべての xml データ型列に XML 圧縮オプションを指定します。 次のようなオプションがあります。

ON
xml データ型を使用した列が圧縮されます。

OFF
xml データ型を使用した列は圧縮されません。

ON PARTITIONS ( { <partition_number_expression> | <range> } [ ,...n ] )
適用対象: SQL Server 2008 以降。

DATA_COMPRESSIONまたはXML_COMPRESSION 設定が適用されるパーティションを指定します。 テーブルがパーティション分割されていない場合に ON PARTITIONS 引数を使用すると、エラーが発生します。 ON PARTITIONS 句を指定しないと、パーティション テーブルのすべてのパーティションに対して DATA_COMPRESSION または XML_COMPRESSION オプションが適用されます。

注意

XML_COMPRESSION は、SQL Server 2022 (16.x) プレビュー以降、および Azure SQL Database プレビュー以降でのみ使用できます。

<partition_number_expression> は以下の方法で指定できます。

  • たとえば次のようにパーティション番号を指定します。ON PARTITIONS (2)。
  • コンマで区切った複数の個別のパーティションのパーティション番号を指定します。たとえば次のとおりです。ON PARTITIONS (1, 5)。
  • 範囲と個別のパーティションの両方を指定します。たとえば次のとおりです。ON PARTITIONS (2, 4, 6 TO 8)。

<range> は、ON PARTITIONS (6 TO 8) などのように、パーティション番号を TO で区切って指定できます。

さまざまなパーティションにさまざまな種類のデータ圧縮を設定するには、DATA_COMPRESSION オプションを複数回指定します。例:

--For rowstore tables  
REBUILD WITH   
(  
  DATA_COMPRESSION = NONE ON PARTITIONS (1),   
  DATA_COMPRESSION = ROW ON PARTITIONS (2, 4, 6 TO 8),   
  DATA_COMPRESSION = PAGE ON PARTITIONS (3, 5)  
)  
  
--For columnstore tables  
REBUILD WITH   
(  
  DATA_COMPRESSION = COLUMNSTORE ON PARTITIONS (1, 3, 5),   
  DATA_COMPRESSION = COLUMNSTORE_ARCHIVE ON PARTITIONS (2, 4, 6 TO 8)  
)  

<single_partition_rebuild__option>
ほとんどの場合、インデックスが再構築されると、パーティション インデックスのすべてのパーティションも再構築されます。 次のオプションを 1 つのパーティションに適用した場合は、すべてのパーティションの再構築は行われません。

  • SORT_IN_TEMPDB
  • MAXDOP
  • DATA_COMPRESSION
  • XML_COMPRESSION

low_priority_lock_wait
適用対象: SQL Server 2014 (12.x) 以降。

このテーブルに対するブロック操作がなくなるとすぐに、SWITCH またはオンライン インデックス再構築が完了します。 WAIT_AT_LOW_PRIORITY は、SWITCH またはオンライン インデックス再構築の操作が直ちに完了できない場合は待機することを示します。 この操作は優先度の低いロックを保持し、DDL ステートメントと競合するロックを保持する他の操作が続行できるようにします。 WAIT AT LOW PRIORITY オプションを省略すると、WAIT_AT_LOW_PRIORITY ( MAX_DURATION = 0 minutes, ABORT_AFTER_WAIT = NONE) と同等になります。

MAX_DURATION = time[MINUTES]
取得する必要がある、SWITCH またはオンライン インデックス再構築のロックが、DDL コマンドの実行時に待機する時間 (分単位で指定される整数値) です。 SWITCH またはオンライン インデックス再構築の操作は、直ちに完了しようとします。 操作が MAX_DURATION の期間ブロックされると、ABORT_AFTER_WAIT アクションのいずれかが実行されます。 MAX_DURATION の期間は常に分単位なので、MINUTES という単語は省略できます。

ABORT_AFTER_WAIT = [NONE | SELF | BLOCKERS } ]
NONE
ロックの優先順位を変更せずに (通常の優先順位を使用して)、SWITCH またはオンライン インデックス再構築の操作を続行します。

SELF
いずれのアクションも行わずに、現在実行中の SWITCH またはオンライン インデックス再構築の DDL 操作を終了します。

BLOCKERS
現在 SWITCH またはオンライン インデックス再構築の DDL 操作をブロックしているすべてのユーザー トランザクションを強制終了して、操作を続行できるようにします。
BLOCKERS には ALTER ANY CONNECTION 権限が必要です。

解説

インデックスのオプションについて詳しくは、「CREATE INDEX (Transact-SQL)」を参照してください。

参照

ALTER TABLE (Transact-SQL)
column_constraint (Transact-SQL)
computed_column_definition (Transact-SQL)
table_constraint (Transact-SQL)