インストールAzure AD Connectのトラブルシューティング

この記事では、エラー メッセージが表示される問題のトラブルシューティングに関する情報を提供します。この記事では、エラー メッセージをAzure AD Connect。

元の製品バージョン:  Azure Active Directory、Microsoft Intune、Cloud Services (Web ロール/ワーカー ロール)、Office 365 ID 管理
元の KB 番号:   3121701

Procedure

  1. エラー メッセージを特定します。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. フォルダーに移動 %localappdata%\AADConnect し、同期ファイルを開Service_install.txtします。
    2. この文字列の検索: 値 3
    3. ファイル内の値 3 文字列の直前に エラー メッセージを探します。
  2. 実際のエラー メッセージのトラブルシューティングを行います。

インストールエラーは、多くの理由で発生する可能性があります。 同期ファイルで何を探すのかの例をService_install.txtします。

MSI (s) (2C!64) [15:48:23:562]: Product: Forefront Identity Manager Synchronization Service -- Error 25009.
The Forefront Identity Manager Synchronization Service setup wizard cannot configure the specified database.
Invalid object name 'mms_management_agent'. A required privilege is not held by the client.
Error 25009.The Forefront Identity Manager Synchronization Service setup wizard cannot configure the specified
database.
Invalid object name 'mms_management_agent'. A required privilege is not held by the client.
CustomAction ConfigDB returned actual error code 1603 (note this may not be 100% accurate if translation
happened inside sandbox)
Action ended 15:48:23: InstallFinalize. Return value 3.

この例では、実際のエラー メッセージは次のとおりです。

サービス -- エラー 25009.Forefront Identity Manager 同期サービスのセットアップ ウィザードでは、指定したデータベースを構成できません。 無効なオブジェクト名 'mms_management_agent'。 必要な特権はクライアントによって保持されない。

エラーを検索すると、問題のトラブルシューティングに使用できる次の TechNet トピックが返されます。

FIM インストール エラー 25009 のトラブルシューティング

注意

発生している問題に応じて、別のエラー メッセージが表示される場合があります。 同期ファイルでエラー メッセージを特定Service_install.txt、問題の詳細なトラブルシューティングに利用できます。

詳細

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティ または Azure Active Directory Forums (英語情報) Web サイトを参照してください。