Windows Internet Explorerを無効にする

この記事では、Windows でサポートされているバージョンのアプリを無効にするInternet Explorer説明します。

適用対象:   Windows
元の KB 番号:   4013567

詳細情報

このInternet Explorerするには、次のいずれかの方法を使用します。

注意

同じコンピューター上でプログラムを復元する場合は、最初に使用した方法と同じ方法 (コントロール パネルまたは DISM) を使用することをお勧めします。 無効Internet Explorer後もコンピューターにインストールされたままなので、引き続きコンピューターに適用されるセキュリティ更新プログラムをインストールInternet Explorer。

方法 1 - コントロール パネルを使用する (クライアント システムのみ)

クライアント システムでは、コントロール パネルの [ プログラム と機能] 項目を使用して、システムのInternet Explorer。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. Windows ロゴ キー +R キーを押して、[ファイル名を指定して実行] ボックス を開 きます。
  2. 「appwiz.cpl」 と入力し 、[OK] を選択します
  3. [ウィンドウの プログラムと機能 ウィンドウ機能をオンまたは オフにする] を選択します
  4. [Windows の機能] ダイアログ ボックスで、インストールされているバージョンのファイルのエントリをInternet Explorer。 たとえば 、11 のInternet Explorerを見つけるとします。 次に、チェック ボックスをオフにします。
  5. [OK] を 選択して変更をコミットします。
  6. コンピューターを再起動します。

方法 2 - DISM (クライアント システムとサーバー システム) を使用する

クライアント システムとサーバー システムでは、展開イメージのサービスと管理 (DISM) コマンド ライン ツールを使用して、展開イメージのサービスとInternet Explorer。 たとえば、11 から 11 Internet Explorerするには、次の手順を実行します。

  • 機能を無効にする

    11 Internet Explorerを無効にするには、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します dism /online /Disable-Feature /FeatureName:Internet-Explorer-Optional-amd64

    次のメッセージが返されます。

    展開イメージのサービスと管理ツール
    バージョン: 6.1.7600.16385
    画像のバージョン: 6.1.7600.16385
    機能の無効化
    [======100.0%==== ]
    操作は正常に完了しました。
    Windows を再起動してこの操作を完了します。
    今すぐコンピューターを再起動しますか (Y/N)。

    注意

    変更を実装するには、コンピューターを再起動する必要があります。

  • 機能を有効にする

    11 を再び有効Internet Explorer、管理者特権でのコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します dism /online /Enable-Feature /FeatureName:Internet-Explorer-Optional-amd64

    次のメッセージが返されます。

    展開イメージのサービスと管理ツール
    バージョン: 6.1.7600.16385
    画像のバージョン: 6.1.7600.16385
    機能を有効にする
    [=======100.0%=== ]
    操作は正常に完了しました。
    Windows を再起動してこの操作を完了します。
    今すぐコンピューターを再起動しますか (Y/N)。

    注意

    変更を実装するには、コンピューターを再起動する必要があります。

適用対象

  • Windows 10 バージョン 2004、すべてのエディション
  • Windows Server Version 2004 のすべてのエディション
  • Windows 10 バージョン 1909、すべてのエディション
  • Windows 10 バージョン 1903、すべてのエディション
  • Windows Server バージョン 1903、すべてのエディション
  • Windows 10 バージョン 1809、すべてのエディション
  • Windows Server 2019、すべてのエディション
  • Windows 10 バージョン 1803、すべてのエディション
  • Windows Server バージョン 1803
  • Windows 10 バージョン 1709、すべてのエディション
  • Windows 10 バージョン 1703、すべてのエディション
  • Windows 10 バージョン 1607、すべてのエディション
  • Windows 10 バージョン 1511、すべてのエディション
  • Windows Server バージョン 1709
  • Windows Server バージョン 1803
  • Windows Server 2016
  • Windows 10
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Essentials
  • Windows Server 2012 R2 Foundation
  • Windows 8.1 Enterprise
  • Windows 8.1 Pro
  • Windows 8.1
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 Essentials
  • Windows Server 2012 Foundation
  • Windows Server 2012システムの設計
  • Windows 7 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (KB976932)
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Foundation
  • Windows Server 2008 R2 システムItanium-Based
  • Windows 7 Service Pack 1
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows Server 2008 Service Pack 2
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Foundation
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Vista Service Pack 2
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic、Windows Vista Starter