K-12 の評価では、バックグラウンドで実行中のアプリが予期せずレポートWindows 10

重要

Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションは廃止され、2022 年 6 月 15 日にサポートが終了します (対象範囲の一覧については、FAQ を参照してください)。 現在使用しているものと同じ IE11 アプリとサイトを、Internet Explorer モードの Microsoft Edge で開くことができます。 詳細については、こちらを参照してください。

この記事では、K-12 評価でアプリがバックグラウンドで実行されているという予期しないレポートをテストする問題を回避Windows 10。

適用対象:  Windows 10
元の KB 番号:   4338725

現象

AIR Secure Browser または テスト によって提供される K-12 評価では、許可されていないアプリがバックグラウンドで実行されているが、アプリは起動しなかったが検出されます。 その結果、評価を開始できないか、継続的な評価から追い出され、タスク マネージャーでアプリのタスクを手動で終了する必要があります。

アプリの例: Microsoft フォト、Microsoft Edge (バージョン 1803 から)。

原因

Windowsユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) ストア アプリ (Microsoft フォト アプリなど) は、事前起動に登録できます。 事前起動は、Microsoft Edgeのパフォーマンスを向上させるのに役立ち、開始に必要な時間を最小限Microsoft Edge。

この問題は、AIR 評価に評価中または評価前の実行が許可されていないアプリの一覧が含まれるため、以前に引用したアプリがブロックされる場合に発生します。 そのため、アプリが事前に読み込み済みである場合、アプリはバックグラウンドで実行されるため、セキュリティ違反が発生したと評価が考え、ユーザーを追い出します。

回避策

警告

レジストリ エディタや他の方法を使用してレジストリを変更する際、適切に変更しないと重大な問題を引き起こす可能性があります。 場合によっては、オペレーティング システムの再インストールが必要になります。 こうした問題の修復について、マイクロソフトはいかなる保証もいたしません。 レジストリの変更はユーザー自身の責任において行ってください。

この問題を回避するには、PowerShell コマンドを使用してアプリケーションの事前起動を無効にし、レジストリ Microsoft Edgeを使用して事前起動を行います。

これを行うには、次の PowerShell コマンドレットを使用します。

  1. このサービスが実行されている場合、または使用されていない場合、コマンドは失敗しますので、Window Defender アプリケーション ガイド サービスを一 Disable-MMAgent 時的に無効にします。

    Stop-Service -Name hvsics -ErrorAction SilentlyContinue
    
  2. アプリケーションの事前起動を無効にします。

    Disable-MMAgent -ApplicationPreLaunch.
    
  3. サービスをWindows Defender Application Guardします。 これを使用しない場合、コマンドはサイレント モードで失敗します。

    Start-Service -Name hvsics -ErrorAction SilentlyContinue
    
  4. レジストリ Microsoft Edgeを設定して、事前起動を無効にします。

    $registryPath = "HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\PreLaunch\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe!MicrosoftEdge" $Name = "Enabled" $value = "0" New-Item -Path $registryPath -Force | Out-Null New-ItemProperty -Path $registryPath -Name $name -Value $value -PropertyType DWORD -Force | Out-Null
    
  5. 指定した日付にアプリケーションの事前起動を再び有効にするスケジュールされたタスクを作成します。

    $A = New-ScheduledTaskAction -Execute "powershell" -Argument "-Command `"Stop-Service -Name hvsics -ErrorAction SilentlyContinue; Enable-MMAgent -ApplicationPreLaunch;Start-Service -Name hvsics -ErrorAction SilentlyContinue;New-ItemProperty -Path `"HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\PreLaunch\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe!MicrosoftEdge`" -Name `"Enabled`" -Value `"1`" -PropertyType DWORD -Force | Out-Null`"" $revertDate = <Specify a date> $T = New-ScheduledTaskTrigger -Once -At $revertDate $P = New-ScheduledTaskPrincipal -UserID "NT AUTHORITY\SYSTEM" -LogonType ServiceAccount -RunLevel Highest $timespan = New-TimeSpan -Minutes 1 $S = New-ScheduledTaskSettingsSet -AllowStartIfOnBatteries -DontStopIfGoingOnBatteries -DontStopOnIdleEnd -StartWhenAvailable -RestartCount 3 -RestartInterval $timespan $D = New-ScheduledTask -Action $A -Principal $P -Trigger $T -Settings $S Register-ScheduledTask DisableAppPrelaunch -InputObject $D
    

    注意

    アプリケーション $revertDate の事前起動を再び有効にする日付に設定します。 たとえば 、$revertDate = [datetime]"6/28/2020 5:35 PM" です