Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、および Windows Server 2012 の .NET Framework 4.5.2 の 12 月のセキュリティと品質のロールアップ 3210137 と 3210138 の既知の問題Windows Server 2012

この記事では、アプリケーションが同じコンピューター上のインスタンスに接続するときに発生する問題をMicrosoft SQL Serverに役立ちます。

適用対象:  .NET Framework 3.5 Service Pack 1
元の KB 番号:   3214106

概要

2016 年 12 月 13 日、セキュリティと品質のロールアップの更新プログラム3210137および3210138には、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、および Windows Server 2012 で実行されている .NET Framework 4.5.2 に影響する既知の問題が含まれています。 この問題は、2016 年 11 月 15 日にも存在し、12 月の更新プログラムに取って代えた更新プログラムのロールアップも行いました。 この記事では、この問題の回避策について説明します。

現象

同じコンピューター上のMicrosoft SQL Serverに接続するアプリケーションは、次のエラー メッセージを生成します。

provider: Shared Memory Provider, error: 15 - 関数はサポートされていません

この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を使用します。

回避策 1

サーバー側 の共有メモリ****プロトコルと名前付きパイプ プロトコルを無効にして、TCP 専用接続を強制的に接続SQL Server。 それには、以下の手順を実行します。

重要

他のプロトコルを無効にする前に、TCP/IP プロトコルが有効になっているか確認してください。

  1. 開始SQL Server 構成マネージャー。

    SQL Server 構成マネージャー。

  2. [SQL Server ネットワークの構成] ノードを展開します。

  3. 接続している デバイスの<SQLServer_instanceの [プロトコル] ノードを選択SQL Server > 選択します。

  4. [共有メモリ] を右クリックし、[無効にする] を 選択します

    [共有メモリ] という名前のプロトコル 項目を無効にするメニューを表示する、sql server 構成マネージャー ウィンドウのスクリーンショット。

  5. 名前付きパイプが有効になっている場合 は、手順 4 を繰り返します。

    注意

    TCP/IP は、この一覧で有効になっている唯一のプロトコルである必要があります。

  6. [サービス]ノードSQL Server選択 します。

  7. 更新したオブジェクトのインスタンスSQL Server右クリックします。

  8. [再起動] を選択します。

    スクリーンショットは、インスタンスを再起動するメニュー SQL Serverします。

回避策 2

ローカル アプリケーションに TCP プロトコルを強制するエイリアスをサーバーに作成します。 これを行うには、次の MSDN および TechNet のトピックを参照してください。

回避策 3

クライアント構成ツール (32 ビットおよび 64 ビット) から共有メモリを無効にします。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. サーバーでクライアント構成ツールを起動するには、次 のように入力 cliconfg.exe。

  2. 選択されている場合は、[共有メモリ プロトコルを有効 にする] チェック ボックスをオフにします。

    [クライアント ネットワーク ユーティリティ] SQL Serverのスクリーンショット。[共有メモリ プロトコルを有効にする] チェック ボックスはオフです。

    注意

    64 ビット サーバーで、SQL Server に接続する 32 ビット アプリケーションを実行する場合は、フォルダー内にある 32 ビットのクライアント構成ツールを使用してこの手順を実行する必要があります。 C:\Windows\SysWOW64

適用対象

この問題は、.NET Framework 4.5.2 が Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、または Windows 2012 にインストールされ、次の 2016 年 12 月の更新プログラムのいずれかを適用したユーザーに適用されます。

  • R2 (KB3210137) の .NET Framework 4.5.2 Windows 8.1および Windows Server 2012のセキュリティと品質のロールアップ
  • セキュリティと品質のロールアップ .NET Framework 4.5.2 on Windows Server 2012 (KB3210138)

この問題は、2016 年 11 月の品質ロールアップ更新プログラムのプレビューの次の (現在は取り代え) にも存在します。

  • 2016 年 11 月 .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6、Windows 8.1 および Server 2012 R2 の品質ロールアップのプレビュー (KB3196684)
  • .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1 on Windows Server 2012 の品質ロールアップのプレビュー (KB3195383)
  • .NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 の品質ロールアップのプレビュー (KB3196686)
  • 2016 年 11 月 .NET Framework Vista SP2 および Windows Server 2008 SP2 の .NET Framework 2.0 SP2、4.5.2、4. Windows 6 の品質ロールアップのプレビュー (KB3195382)

解決方法

この問題は、次の更新プログラムで解決されます。