グローバル アセンブリ キャッシュにアセンブリ.NET Frameworkインストールする

この記事では、Microsoft .NET Framework グローバル アセンブリ キャッシュにアセンブリ .dll ファイルをインストールし、Visual Studio を使用して強力な名前を持つアセンブリを作成する方法について説明します。

元の製品バージョン:  .NET Framework、Visual Studio
元の KB 番号:   910355

概要

グローバル アセンブリ キャッシュにアセンブリ .dllファイル.NET Frameworkインストールするには、SDK グローバル アセンブリ キャッシュ ツール.NET Framework使用できます。 グローバル アセンブリ キャッシュ ツールを使用して、アセンブリがグローバル アセンブリ キャッシュにインストールされていることを確認することもできます。 このタスクを実行するには、共有アセンブリがインストールされているコンピューターに対する管理者権限を持っている可能性があります。 さらに、SDK をインストールする.NET Frameworkがあります。

この記事Visual C# .NET バージョンについては、「アセンブリをグローバル アセンブリ キャッシュにインストールする方法」 を参照Visual C#。

グローバル アセンブリ キャッシュ

グローバル .NET Frameworkキャッシュはコード キャッシュです。 グローバル アセンブリ キャッシュは、共通言語ランタイムがインストールされているコンピューター.NET Framework自動的にインストールされます。 コンピューターにインストールされているアプリケーションは、グローバル アセンブリ キャッシュにアクセスできます。 グローバル アセンブリ キャッシュには、コンピューター上のいくつかのアプリケーションで共有するために指定されたアセンブリが格納されます。 通常、コンポーネント アセンブリはフォルダーに格納 C:\WINNT\Assembly されます。

注意

アセンブリを共有する必要がある場合にのみ、グローバル アセンブリ キャッシュにアセンブリをインストールします。 アセンブリを明示的に共有する必要がない限り、アセンブリの依存関係は非公開にし、アプリケーション ディレクトリでアセンブリを見つけるのをお勧めします。 さらに、アセンブリをグローバル アセンブリ キャッシュにインストールして、アセンブリを Microsoft Component Object Model (COM) 相互運用機能またはアンマネージ コードで使用できる必要はありません。

アセンブリ

アセンブリは、アセンブリを使用したプログラミングの基本的な.NET Framework。 アセンブリは、共通言語ランタイム アプリケーションの再利用可能で自己記述.NET Frameworkブロックです。

アセンブリには、共通言語ランタイムが実行する 1 つ以上のコード コンポーネントが含まれる。 同じアセンブリ内のすべての型とすべてのリソースは、ユニットの個々のバージョンを形成します。 アセンブリ マニフェストは、依存するアセンブリに対して指定するバージョンの依存関係について説明します。 アセンブリを使用すると、異なるソフトウェア コンポーネント間でバージョン ルールを指定し、実行時にそれらのルールを適用できます。 アセンブリは、サイド バイ サイドの実行をサポートします。 WHich を使用すると、複数のバージョンを同時に実行できます。

強い名前の署名

アセンブリには、グローバル アセンブリ キャッシュにインストールする強力な名前が必要です。 強力な名前は、他のユーザーにスプーフィングできない、グローバルに一意の ID です。 強力な名前を使用すると、同じ名前のコンポーネントが互いに競合したり、呼び出し元のアプリケーションによって誤って使用されるのを防ぐ。 アセンブリ署名は、強い名前をアセンブリと関連付ける。 アセンブリ署名は、強い名前の署名という名前も付けです。 強力な名前は、次の情報で構成されます。

  • アセンブリの単純なテキスト名
  • アセンブリのバージョン番号
  • アセンブリに関するカルチャ情報 (この情報が提供されている場合)
  • 公開キーとプライベート キーのペア

この情報はキー ファイルに格納されます。 キー ファイルは、Exchange (.pfx) ファイルか、現在のユーザーの Microsoft 証明書ストアWindowsです。

アセンブリに署名するには、アセンブリの [デザイナー]の [署名] タブProject 使用Visual Studio。 このVisual Studioキー ファイルは、ローカル コンピューターのプロジェクト フォルダーに保存する必要があります。 Visual Studioは、次のファイル形式のみをサポートします。

  • 個人情報のExchange (.pfx) ファイル
  • 強力な名前キー (.snk) ファイル

要件

グローバル アセンブリ キャッシュにアセンブリをインストールする前に、次の要件を満たす場合があります。

  • 共有アセンブリがインストールされているコンピューターに対する管理者権限が必要です。
  • SDK をインストールする.NET Frameworkがあります。

この記事では、次のトピックに精通している必要があります。

  • .NET の共有アセンブリに関する一般的な理解。
  • コマンド プロンプトでのツールの使用に関する一般的な理解。

グローバル アセンブリ キャッシュにアセンブリをインストールする

このメソッドは、アセンブリを使用してアセンブリを作成する方法にVisual Studio。 複数のアプリケーションで共有できるアセンブリを作成するには、共有アセンブリに強い名前が必要です。 さらに、共有アセンブリをグローバル アセンブリ キャッシュに展開する必要があります。

名前が強い小Visual C#アセンブリを作成し、コンパイル済みの .dll ファイルをグローバル アセンブリ キャッシュにインストールするには、次の手順を実行します。

  1. GACDemo という名前Visual C#新しいクラス ライブラリ プロジェクトを作成します。 これを行うには、次の手順に従います。

    1. Visual Studio を起動します。
    2. [ファイル]メニューの[新しい ファイル] をProject。
    3. [テンプレート] ボックスの一覧 で、[クラス ライブラリ] を選択します
    4. [名前 ] ボックスに*「GACDemo」と入力* し 、[OK] を選択します
    5. プロジェクトを保存するには、Ctrl + Shift + S キーを押します。
    6. [場所] ボックスに C:\DemoProjects 「.
    7. [ソリューションの ディレクトリを作成する] チェック ボックスをオフにし、[保存] を 選択します
  2. 強い名前を生成し、強い名前キー ファイルをアセンブリと関連付ける。 これを行うには、次の手順に従います。

    1. [プロパティ] メニュー Project[GACDemo プロパティ] を選択します

    2. [署名] タブで、[アセンブリの署名] チェック ボックスをオンにします。

    3. [強 い名前のキー ファイルを選択する] で、を 選択します <New>

    4. [強力な 名前キーの作成] ダイアログ ボックスで、[パスワードでキー ファイルを保護 する] チェック ボックスを オンにします。

    5. [キー ファイル 名] ボックスに*「GACDemo」と入力します*。

    6. [パスワード の入力] ボックスに、使用するパスワードを入力します。

    7. [パスワードの 確認] ボックス に同じパスワードを入力し 、[OK] を選択します

      注意

      キー ファイルを作成する場合は、必ずパスワードを使用することをお勧めします。 パスワードで保護される新しいキー ファイルは、常に .pfx ファイル形式で作成されます。

    8. プロジェクトをコンパイルするには、Ctrl + Shift + B キーを押します。

      注意

      グローバル アセンブリ キャッシュに .dllファイルをインストールする場合は、追加のコードは必要ありません。

  3. グローバル アセンブリ .dllツールを使用して、手順 2 で作成したファイルをグローバル アセンブリ キャッシュにインストールします。 これを行うには、次の手順に従います。

    1. [ スタート] を 選択し、[ 実行] を 選択し 、「cmd」 と入力し 、[OK] を選択します
    2. 現在の作業ディレクトリを SDK がインストールされているディレクトリ.NET Framework変更します。
    3. コマンド プロンプトでコマンドを入力 gacutil -I "C:\DemoProjects\GACDemo\bin\Release\GACDemo.dll" し、Enter キーを押します。

アセンブリがグローバル アセンブリ キャッシュにインストールされていることを確認する

グローバル アセンブリ キャッシュ ツールを使用して、アセンブリがグローバル アセンブリ キャッシュにインストールされていることを確認できます。 これを行うには、次の手順に従います。

  1. [ スタート] を 選択し、[ 実行] を 選択し 、「cmd」 と入力し 、[OK] を選択します

  2. 現在の作業ディレクトリを SDK がインストールされているディレクトリ.NET Framework変更します。

  3. GACDemo アセンブリに関するインストール情報を表示するには、グローバル アセンブリ キャッシュ ツールを使用します。 これを行うには、コマンド プロンプト gacutil -l GACDemo でコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    注意

    GACDemo アセンブリに関するインストール情報が表示されます。

関連情報