基本Visual C# I/O を実行するには、次のコマンドを使用します。

この記事では、Visual C# で基本的なファイル I/O を実行する方法について説明し、このタスクを実行する方法を示すコード サンプルを示します。

元の製品バージョン:   Visual C#
元の KB 番号:   304430

概要

注意

  • この記事Visual Basic .NET バージョンについては、「How to do basic file I/O in Visual Basic .NET」を参照Visual Basicしてください。
  • この記事Visual C++ .NET バージョンの詳細については、「How to do basic file I/Oin Visual C++または .NET Visual C++」を参照してください。
  • この記事では、Microsoft クラス ライブラリ.NET Frameworkを参照 System.IO します System.Collections

この記事では、6 つの基本的なファイル入力/出力 (I/O) 操作を実行する方法を説明Visual C#。 .NET Framework を使用する場合、.NET でのファイル操作のオブジェクト モデルは、多くの Visual Studio 6.0 開発者に人気のある (FSO) に似ています。 FileSystemObject 移行を容易にするために、「How To Use FileSystemObjectwith a Visual Basic.

引き続き FileSystemObject .NET で使用できます。 コンポーネント オブジェクト モデル (COM) コンポーネントなので、.NET では、相互運用機能レイヤーを介してオブジェクトにアクセス FileSystemObject する必要があります。 Microsoft .NET は、コンポーネントを使用する場合は、コンポーネントのラッパーを生成します。 ただし、.NET Framework の 、 、 クラス、および他の関連クラスは、相互運用機能レイヤーのオーバーヘッドなしで、FSO では使用できない機能 File FileInfo Directory DirectoryInfo を提供します。

ファイル I/O 操作のデモンストレーション

この記事の例では、基本的なファイル I/O 操作について説明します。 「 ステップ バイ ステップの例」 セクションでは、次のファイル I/O 操作を示すサンプル プログラムを作成する方法について説明します。

  • テキスト ファイルの読み取り
  • テキスト ファイルを書き込む
  • ファイル情報の表示
  • ディスク ドライブの一覧表示
  • リスト フォルダー
  • リスト ファイル

次のコード サンプルを直接使用する場合は、次の点に注意してください。

  • 次のように System.IO 名前空間を含めます。

    using System.IO;
    
  • 変数を winDir 次のように宣言します。

    string winDir=System.Environment.GetEnvironmentVariable("windir");
    
  • この addListItem 関数は、次のように宣言されます。

    private void addListItem(string value)
    {
        this.listBox1.Items.Add(value);
    }
    

    関数を宣言して使用する代 addListItem わりに、次のステートメントを直接使用できます。

    this.listBox1.Items.Add(value);
    

テキスト ファイルの読み取り

次のサンプル コードでは、クラス StreamReader を使用してファイルをSystem.iniします。 ファイルの内容が ListBox コントロールに追加されます。 この try...catch ブロックは、ファイルが空の場合にプログラムに通知するために使用されます。 ファイルの末尾に達した時間を判断する方法は多数あります。このサンプルでは、メソッドを Peek 使用して次の行を調べてから読み取りを行います。

StreamReader reader=new StreamReader(winDir + "\\system.ini");
try
{
    do
    {
        addListItem(reader.ReadLine());
    }
    while(reader.Peek()!= -1);
}
catch
{
    addListItem("File is empty");
}
finally
{
    reader.Close();
}

テキスト ファイルを書き込む

このサンプル コードでは、クラス StreamWriter を使用してファイルの作成と書き込みを行います。 既存のファイルがある場合は、同じ方法で開く必要があります。

StreamWriter writer = new StreamWriter("c:\\KBTest.txt");
writer.WriteLine("File created using StreamWriter class.");
writer.Close();
this.listbox1.Items.Clear();
addListItem("File Written to C:\\KBTest.txt");

ファイル情報の表示

このサンプル コードでは、オブジェクト FileInfo を使用してファイルのプロパティにアクセスします。 Notepad.exeサンプルでは、この値を使用します。 プロパティは ListBox コントロールに表示されます。

FileInfo FileProps =new FileInfo(winDir + "\\notepad.exe");
addListItem("File Name = " + FileProps.FullName);
addListItem("Creation Time = " + FileProps.CreationTime);
addListItem("Last Access Time = " + FileProps.LastAccessTime);
addListItem("Last Write TIme = " + FileProps.LastWriteTime);
addListItem("Size = " + FileProps.Length);
FileProps = null;

ディスク ドライブの一覧表示

このサンプル コードでは、and Directory クラス Drive を使用して、システム上の論理ドライブを一覧表示します。 このサンプルでは、結果は ListBox コントロールに表示されます。

string[] drives = Directory.GetLogicalDrives();
foreach(string drive in drives)
{
    addListItem(drive);
}

サブフォルダーの一覧表示

このサンプル コードでは、クラス GetDirectories のメソッドを Directory 使用してフォルダーの一覧を取得します。

string[] dirs = Directory.GetDirectories(winDir);
foreach(string dir in dirs)
{
    addListItem(dir);
}

リスト ファイル

このサンプル コードでは、クラス GetFiles のメソッドを Directory 使用してファイルの一覧を取得します。

string[] files= Directory.GetFiles(winDir);
foreach (string i in files)
{
    addListItem(i);
}

ユーザーがファイルにアクセスすると、多くの問題が起きる可能性があります。 ファイルが存在しないか、ファイルが使用されている可能性があります。またはユーザーがアクセスしようとしているファイルまたはフォルダーに対する権限を持ってない可能性があります。 コードを記述するときにこれらの可能性を考慮し、生成される可能性がある例外を処理することが重要です。

ステップ バイ ステップの例

  1. [Visual C#] で、新しいフォーム フォーム アプリケーションWindows作成します。 既定では 、Form1 が 作成されます。

  2. Form1 (Form1.cs ) のコード ウィンドウを開きます

  3. Form1.cs のすべてのコードを削除します

  4. [コード 背後エディター] ウィンドウに 次のコードを貼り付 けます。

    using System.Windows.Forms;
    using System.IO;
    
    namespace fso_cs
    {
        public partial class Form1 : Form
        {
            string winDir = System.Environment.GetEnvironmentVariable("windir");
    
            public Form1()
            {
                InitializeComponent();
            }
    
            private void button1_Click(object sender, System.EventArgs e)
            {
                //How to read a text file.
                //try...catch is to deal with a 0 byte file.
                this.listBox1.Items.Clear();
                StreamReader reader = new StreamReader(winDir + "\\system.ini");
                try
                {
                    do
                    {
                        addListItem(reader.ReadLine());
                    }
                    while (reader.Peek()!= -1);
                }
                catch
                {
                    addListItem("File is empty");
                }
                finally
                {
                    reader.Close();
                }
            }
    
            private void button2_Click(object sender, System.EventArgs e)
            {
                //Demonstrates how to create and write to a text file.
                StreamWriter writer = new StreamWriter("c:\\KBTest.txt");
                writer.WriteLine("File created using StreamWriter class.");
                writer.Close();
                this.listBox1.Items.Clear();
                addListItem("File Written to C:\\KBTest.txt");
            }
    
            private void button3_Click(object sender, System.EventArgs e)
            {
                //How to retrieve file properties (example uses Notepad.exe).
                this.listBox1.Items.Clear();
                FileInfo FileProps = new FileInfo(winDir + "\\notepad.exe");
                addListItem("File Name = " + FileProps.FullName);
                addListItem("Creation Time = " + FileProps.CreationTime);
                addListItem("Last Access Time = " + FileProps.LastAccessTime);
                addListItem("Last Write TIme = " + FileProps.LastWriteTime);
                addListItem("Size = " + FileProps.Length);
                FileProps = null;
            }
    
            private void button4_Click(object sender, System.EventArgs e)
            {
                //Demonstrates how to obtain a list of disk drives.
                this.listBox1.Items.Clear();
                string[] drives = Directory.GetLogicalDrives();
                foreach (string drive in drives)
                {
                    addListItem(drive);
                }
            }
    
            private void button5_Click(object sender, System.EventArgs e)
            {
                //How to get a list of folders (example uses Windows folder). 
                this.listBox1.Items.Clear();
                string[] dirs = Directory.GetDirectories(winDir);
                foreach (string dir in dirs)
                {
                    addListItem(dir);
                }
            }
    
            private void button6_Click(object sender, System.EventArgs e)
            {
                //How to obtain list of files (example uses Windows folder).
                this.listBox1.Items.Clear();
                string[] files = Directory.GetFiles(winDir);
                foreach (string i in files)
                {
                    addListItem(i);
                }
            }
    
            private void Form1_Load(object sender, System.EventArgs e)
            {
                this.button1.Text = "Read Text File";
                this.button2.Text = "Write Text File";
                this.button3.Text = "View File Information";
                this.button4.Text = "List Drives";
                this.button5.Text = "List Subfolders";
                this.button6.Text = "List Files";
            }
    
            private void addListItem(string value)
            {
                this.listBox1.Items.Add(value);
            }
        }
    }
    
  5. Form1.Designer.cs のコード ウィンドウを開きます

  6. Form1.Designer.cs のすべてのコードを削除します

  7. Form1.Designer.cs に次のコードを貼り付けます

    namespace fso_cs
    {
        partial class Form1
        {
            /// <summary>
            /// Required designer variable.
            /// </summary>
            private System.ComponentModel.IContainer components = null;
    
            /// <summary>
            /// Clean up any resources being used.
            /// </summary>
            /// <param name="disposing">true if managed resources should be disposed; otherwise, false.</param>
            protected override void Dispose(bool disposing)
            {
                if (disposing && (components != null))
                {
                    components.Dispose();
                }
                base.Dispose(disposing);
            }
    
            #region Windows Form Designer generated code
            /// <summary>
            /// Required method for Designer support - do not modify
            /// the contents of this method with the code editor.
            /// </summary>
            private void InitializeComponent()
            {
                this.button1 = new System.Windows.Forms.Button();
                this.button2 = new System.Windows.Forms.Button();
                this.button3 = new System.Windows.Forms.Button();
                this.button4 = new System.Windows.Forms.Button();
                this.button5 = new System.Windows.Forms.Button();
                this.button6 = new System.Windows.Forms.Button();
                this.listBox1 = new System.Windows.Forms.ListBox();
                this.SuspendLayout();
    
                // button1
                this.button1.Location = new System.Drawing.Point(53, 30);
                this.button1.Name = "button1";
                this.button1.Size = new System.Drawing.Size(112, 23);
                this.button1.TabIndex = 1;
                this.button1.Text = "button1";
                this.button1.Click += new System.EventHandler(this.button1_Click);
    
                // button2
                this.button2.Location = new System.Drawing.Point(53, 62);
                this.button2.Name = "button2";
                this.button2.Size = new System.Drawing.Size(112, 23);
                this.button2.TabIndex = 2;
                this.button2.Text = "button2";
                this.button2.Click += new System.EventHandler(this.button2_Click);
    
                // button3
                this.button3.Location = new System.Drawing.Point(53, 94);
                this.button3.Name = "button3";
                this.button3.Size = new System.Drawing.Size(112, 23);
                this.button3.TabIndex = 3;
                this.button3.Text = "button3";
                this.button3.Click += new System.EventHandler(this.button3_Click);
    
                // button4
                this.button4.Location = new System.Drawing.Point(53, 126);
                this.button4.Name = "button4";
                this.button4.Size = new System.Drawing.Size(112, 23);
                this.button4.TabIndex = 4;
                this.button4.Text = "button4";
                this.button4.Click += new System.EventHandler(this.button4_Click);
    
                // button5
                this.button5.Location = new System.Drawing.Point(53, 158);
                this.button5.Name = "button5";
                this.button5.Size = new System.Drawing.Size(112, 23);
                this.button5.TabIndex = 5;
                this.button5.Text = "button5";
                this.button5.Click += new System.EventHandler(this.button5_Click);
    
                // button6
                this.button6.Location = new System.Drawing.Point(53, 190);
                this.button6.Name = "button6";
                this.button6.Size = new System.Drawing.Size(112, 23);
                this.button6.TabIndex = 6;
                this.button6.Text = "button6";
                this.button6.Click += new System.EventHandler(this.button6_Click);
    
                // listBox1
                this.listBox1.FormattingEnabled = true;
                this.listBox1.Location = new System.Drawing.Point(204, 30);
                this.listBox1.Name = "listBox1";
                this.listBox1.Size = new System.Drawing.Size(270, 199);
                this.listBox1.TabIndex = 7;
    
                // Form1
                this.AutoScaleBaseSize = new System.Drawing.Size(5, 13);
                this.ClientSize = new System.Drawing.Size(525, 273);
                this.Controls.Add(this.button6);
                this.Controls.Add(this.button5);
                this.Controls.Add(this.button4);
                this.Controls.Add(this.button3);
                this.Controls.Add(this.button2);
                this.Controls.Add(this.button1);
                this.Controls.Add(this.listBox1);
                this.Name = "Form1";
                this.Text = "Form1";
                this.Load += new System.EventHandler(this.Form1_Load);
                this.ResumeLayout(false);
            }
            #endregion
    
            private System.Windows.Forms.Button button1;
            private System.Windows.Forms.Button button2;
            private System.Windows.Forms.Button button3;
            private System.Windows.Forms.Button button4;
            private System.Windows.Forms.Button button5;
            private System.Windows.Forms.Button button6;
            private System.Windows.Forms.ListBox listBox1;
        }
    }
    
  8. 既定では、Visual C#フォーム プロジェクトを作成するときに 1 つのフォームWindows追加されます。 このフォームの名前は Form1 です。 フォームを表す 2 つのソース コード ファイルは 、Form1.csForm1.Designer.cs という名前ですForm1.cs ファイルにコードを記述 します。 フォーム Windowsフォーム デザイナーは 、Form1.Designer.cs ファイルにデザイナーによって生成されたコードを書き込みます。 前の手順のコードは、その組織を反映しています。

  9. F5 キーを押して、プログラムをビルドしてから実行します。 ボタンをクリックすると、さまざまなアクションが表示されます。 サンプル コードを表示するときに、フォーム デザイナー生成コードという名前のWindowsを折 りたたんで、この コードを非表示にできます。