不足しているインストーラー キャッシュ Windowsを復元し、更新中に発生する問題SQL Serverします。

この記事では、更新プログラムのインストール時に発生する不足している MSI エラーに対するいくつかのSQL Serverします。

元の製品バージョン:   SQL Server
元の KB 番号:   969052

注意

この記事で説明するプロセスでは、緊急支援のみを提供し、永続的な修正は提供しない。 この緊急プロセスを使用しているお客様は、KB 記事「Windows インストーラー キャッシュが見つからない場合は、コンピューターの再構築が必要です」に示されている Windows インストーラー キャッシュ検証パッケージを使用して、Windows インストーラー キャッシュを検証する必要があります。

現象

サービス パックまたは累積的Microsoft SQL Serverをインストールすると、インストーラー キャッシュの問題を示すさまざまなWindows発生する可能性があります。 c :\windows\installer フォルダーにある Windows インストーラー キャッシュには、インストーラー テクノロジを使用してインストールされたアプリケーションの重要なWindows格納されます。 ファイルを削除してインストーラー キャッシュが侵害された場合、ファイルのアンインストール、修復、または更新を行うまで、すぐに問題が発生SQL Server。

このSQL Serverインストーラー テクノロジWindows使用する場合、ここで説明する問題の影響を受ける可能性があります。 SQL インストール パッケージ (.MSI および .MSP ファイル) は、インストーラー キャッシュにWindowsされます。 これらのファイルは、アプリケーションのアンインストールと更新に必要です。 見つからないファイルは一意なので、コンピューター間でコピーできません。

原因

これらの問題は、Windows インストーラー データベース ファイル (.msi) または Windows インストーラー パッチ ファイル (.msp) が Windows インストーラー キャッシュに存在しない場合に発生する可能性があります。 インストーラー Windowsはフォルダー内にあります。%windir%\installer

Windows インストーラーを使用して製品をインストールすると、元の .msi ファイルの削除されたバージョンは、Windows インストーラー キャッシュに格納されます。 修正プログラム、累積的な更新プログラム、サービス パックのセットアップなど、製品のすべての更新プログラムは、関連する .msp または .msi ファイルを Windows インストーラー キャッシュに格納します。

修正プログラム、累積的な更新プログラム、サービス パックのセットアップなど、製品の今後の更新は、Windows インストーラー キャッシュに格納されているファイルの情報に依存します。 この情報がない場合、新しい更新プログラムは必要な変換を実行できません。

警告

インストーラー キャッシュ ディレクトリ (%windir%\installer) は、アプリケーションがパッケージをインストールおよび更新するときに、Windowsによって自動的に管理されます。 このディレクトリにユーザーが手動で介入すると、この記事で説明されている問題など、さまざまな問題が発生する可能性があります。

解決策 1: インストールのSQL Serverする

インストールSQL Server、最初に次の記事で説明されている修復プロセスを使用して、現在のインストールを確認します。

以前のバージョンの場合:

次のコマンド ラインを使用して、元のインストール メディアから修復を実行する必要があります。

setup.exe /ACTION=REPAIR /INDICATEPROGRESS=TRUE

最初に共通の共有コンポーネントと機能を修復し、コマンドを繰り返してインストールされているインスタンスを修復します。 プロセス中に、セットアップ ダイアログ ボックスが表示されなくなります。 進行状況ウィンドウにエラーが表示されない限り、プロセスは予想通り進みます。 特定のコンポーネントのインストーラー キャッシュ ファイルが見つからない場合、修復プロセスでエラーが発生します。

解決策 2: FixMissingMSI ツールを使用する

FixMissingMSI ツールを使用すると、インストーラー キャッシュに存在しない MSI ファイルと MSP Windows識別できます。 追加の解決策として、ツールを元のメディアの場所にポイントし、不足しているファイルを再キャッシュできます。

ダウンロード

FixMissingMSI ツールは、リポジトリからGitHubできます

使用方法

これはグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) ツールであり、不足している MSIs を簡単に特定して修正できます。

FixMissingMSI ツールのスクリーンショット。

詳細については、「セットアップ ToolSuite SQL (1) -FixMissingMSI」を参照してください

解決策 3: スクリプトをFindSQLInstalls.vbsする

この手順の手順を完了するには、fixMissingMSI フォルダーの FindSQLInstalls.vbs スクリプトを GitHub リポジトリから 、SQL Server インストールを更新しようとしているコンピューター上のローカル フォルダーにコピーする必要があります。

注意

このFindSQLInstalls.vbsは、無効なパッケージ パスを修正するためにパッケージ情報を収集します。 このスクリプトは、ソースの場所に対して使用して、すべての MSP パッケージが新しいインストーラー キャッシュ ディレクトリWindows確認します。 スクリプト出力ファイルの Action に必要な行に示されているコマンドを実行すると、元のソース メディアが使用可能な場合、不足しているパッケージが再追加されます。

スクリプトを使用してこれらの問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 次のページでFindSQLInstalls.vbs生ページに移動GitHub

  2. ページ上のすべてのコンテンツを新しいテキスト ファイルにコピーします。

  3. テキスト ファイルを次のように FindSQLInstalls.vbs

  4. 管理者特権でコマンド プロンプトを開き、ファイルの保存FindSQLInstalls.vbsディレクトリに移動し 、次のコマンド を実行します。

    Cscript FindSQLInstalls.vbs %computername%_sql_install_details.txt`.
    
  5. 手順 2 のファイルをテキスト エディター (メモ帳など) で開き、エラーの原因となる問題を特定します。 これを行うには、テキスト ファイルで次のような文字列パターンを検索します。

    • do not
    • !!!
  6. 前の手順の結果に基づいて、必要な手順を実行します。

    注意

    これらの手順の詳細については、「例」 セクションを参照 してください。

  7. 手順 2 で作成されたテキスト ファイルに、更新中のコンポーネントの無効なパスまたは不足しているファイルを参照するテキストが含まれるまで、手順 2 ~ 4 を繰り返します。

FindSQLInstalls.vbs例

次の例は、スクリプトの実行時に生成される出力ファイルで概説されているアクションのエントリとFindSQLInstalls.vbsです。

例 1: インストーラー ファイルが見つからない

次に示すのは、インストーラー キャッシュ フォルダーにパッケージが存在.msi出力Windows例です。

================================================================================
PRODUCT NAME : Microsoft SQL Server 2008 Database Engine Services  
================================================================================
Product Code: {9FFAE13C-6160-4DD0-A67A-DAC5994F81BD}
Version : 10.2.4000.0
Most Current Install Date: 20110211
Target Install Location:
Registry Path: HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Products\C31EAFF906160DD46AA7AD5C99F418DB\SourceList
Package : sql_engine_core_inst.msi
Install Source: \x64\setup\sql_engine_core_inst_msi\
LastUsedSource: m;1;G:\x64\setup\sql_engine_core_inst_msi\

LastUsedSource 行は、セットアップ プログラムの実行に使用された場所をポイントします。

LastUsedSource 行の m; エントリは、メディアを示し、元のソースが CD/DVD メディアかどうかを示します。

次の例では、ソースはドライブ G の CD または DVD です。ファイル フォルダーまたはネットワーク共有からインストールが発生した場合、LastUsedSource 行は n エントリから始まり、その後に Numeric_Data_Name 、 エントリ、および実際のパスが続きます。

!!!! sql_engine_core_inst.msi DOES NOT exist on the path in the path G:\x64\setup\sql_engine_core_inst_msi\ !!!!
Action needed, re-establish the path to G:\x64\setup\sql_engine_core_inst_msi\

[必要な操作] 行には、元のインストール メディアの不足しているファイルを更新するために存在する必要がある完全なパスが表示されます。

インストーラー キャッシュ ファイル: C:\WINDOWS\Installer\19b4d2.msi

[インストーラー キャッシュ ファイル] 行は、インストーラー キャッシュ ファイルの名前を確認します。

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!! C:\WINDOWS\Installer\19b4d2.msi DOES NOT exist in the Installer cache. !!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

出力の次のセクションでは、不足しているファイルを解決するために必要なアクションについて説明します。

ディレクトリへのパスを作成、再作成、または再確立する必要があります。G:\x64\setup\sql_engine_core_inst_msi\then このスクリプトを再実行してインストーラー キャッシュと結果を更新します。上の行のパスは、msi/msp ファイルが見つからないか破損していないので、この問題を解決するためにルートの場所に存在する必要があります。場合によっては、不足しているファイルを手動でコピーするか、または上書きする問題ファイルを手動で置き換える必要があります。 "G:\x64\setup\sql_engine_core_inst_msi\sql_engine_core_inst.msi" をコピーC:\WINDOWS\Installer\19b4d2.msiメッセージが表示されたら、既存のファイルを置き換える必要があります。

例 2: パッチが見つからない

パッチが見つからないと、例 1 のようなエントリが発生する可能性があります。 ほとんどの場合、パッチを参照する Patch LastUsedSource 行のエントリが表示され、この行は次のようになります。 Patch LastUsedSource: n;1;c:\0ca91e857a4f12dd390f0821a3\HotFixSQL\Files\

この出力は、パッチのインストールに関する次の情報を示します。

  • 元のパッチは、パッチの実行可能ファイルをダブルクリックしてインストールされました。
  • パッチのインストーラーは、パッチのインストール中に c:\0ca91e857a4f12dd390f0821a3一時フォルダーを使用しました。
  • パスを再作成するには、同じ実行可能ファイルを実行し、パラメーターを追加する必要があります。 /x:c:\0ca91e857a4f12dd390f0821a3

注意

このコマンドは、実行可能ファイルを強制的に前の不足している場所に抽出し、Windows インストーラー キャッシュを不足しているファイルで更新するために必要な構造を再作成します。 実際の場所は異なります。また、サービス パックなどの 1 つのパッチを複数の場所に抽出する必要がある場合があります。 インストールされている各製品には、インストール済みパッチの次の情報を含むセクションが含まれています。

表示名:
KB 記事の URL: http://support.microsoft.com/?kbid=<value>
Patch LastUsedSource:

KB 記事の URL 行は、必要に応じてパッチ メディアをダウンロードするのに役立ちます。

解決策 4: ファイルを手動で復元する

インストーラー キャッシュに含めWindowsを手動で復元するには、次の手順を実行します。

  1. エラー メッセージ、セットアップ ログ ファイル、または Windows インストーラーによって管理されているレジストリ エントリから、不足しているファイルに関する完全な詳細を収集します。 たとえば、[現象] セクションの [エラー メッセージ 1] で、問題を解決するために必要なすべての情報がエラー メッセージに表示されます。

    • PatchName: "Hotfix 1702 for SQL Server 2008 R2 (KB981355) (64 ビット)"
    • Patch で使用される元の MSP ファイル: sql_engine_core_inst.msp
    • キャッシュされた MSP ファイル: c:\Windows\Installer\1fdb1aec.msp
  2. すべての詳細が表示されていない場合は、これらの詳細を収集する最初の手順を参照してください。

  3. [クエリ] にアクセスし、この更新プログラムに関連付けられている KB 記事を検索します。 この例では、KB981355 を検索する必要があります。

  4. このパッチ パッケージをコンピューターにダウンロードします。 必要なプラットフォームに対応するパッチ パッケージをダウンロードしてください。 この例では、パッケージはSQLServer2008R2-KB981355-x64.exe。

  5. 構文を使用して、パッチ パッケージの内容を抽出します。

    C:\Temp>SQLServer2008R2-KB981355-x64.exe /x C:\Temp\SQLServer2008R2-KB981355-x64\
    
  6. 元の msp ファイル sql_engine_core_inst.msp ファイルを探 します。 ファイルは、*C:\Temp\SQLServer2008R2-KB981355-x64\x64\setup\*sql_engine_core_inst_msi にあります。

  7. 元の msp ファイルをインストーラー キャッシュにコピー Windows*%windir%\installer。*

  8. 元の msp ファイル sql_engine_core_inst.msp の名前を、キャッシュされた msp ファイル 1fdb1aec.msp という名前に変更します。

エラーが発生した更新プログラムのセットアップ プログラムを開始し、更新プロセスを再開できます。 別のコンポーネントのインストーラー キャッシュ ファイルWindows、または同じ製品の別の更新プログラムに対して、このメッセージが表示されることがあります。

SQL Server 製品コンポーネントに関連する、不足している Windows インストーラー キャッシュ ファイルの一覧を取得するには、「詳細」セクションに記載されている SQL Server 2008 R2 BPA ツールをダウンロードします。

エラー メッセージがインストーラー データベース ファイル (Windows) .msi を参照している場合は、手順 2 ~ 4 を実行する必要はありません。 代わりに、手順 5 に直接移動できます。 製品のインストールに使用.msiメディアからファイルを見つける必要があります。 このエラー メッセージがフォルダーに対して生成sql_engine_core_inst.msi、フォルダー構造の下にあるセットアップ メディアからこのファイルを見つける必要があります。 \x64\setup\sql_engine_core_inst_msi\ その他の手順は同じです。

見つからない .msp ファイルのパッチ パッケージと製品の詳細を見つける

製品のバージョンが異なると、説明されている問題に対して異なるエラー メッセージが生成されます。 「現象」セクションに記載されているエラー メッセージは、2008 SP1 で始まる更新プログラムSQL Server表示されます。 その他の更新プログラムでは、インストーラー のキャッシュに含Windows更新プログラムの詳細を明確に指定できない可能性があるエラー メッセージが表示されます。 これらのエラー メッセージの場合、セットアップ ログ ファイルには、不足しているインストーラー キャッシュ ファイルWindows情報が含まれます。 セットアップ ログのサンプルは、次のようになります。

MSI (s) (FC:F8) [13:48:58:649]: Opening existing patch 'C:\WINDOWS\Installer\145258.msp'.  
MSI (s) (FC:F8) [13:48:58:649]: Couldn't find local patch 'C:\WINDOWS\Installer\145258.msp'. Looking for it at its source.  
MSI (s) (FC:F8) [13:48:58:649]: Resolving Patch source.  
MSI (s) (FC:F8) [13:48:58:649]: Note: 1: 2203 2: D:\cda162709d239766830bae5ce12b\HotFixSQL\Files\sqlrun_sql.msp 3: -2147287037  
MSI (s) (FC:F8) [13:48:58:649]: SOURCEMGMT: Source is invalid due to missing/inaccessible package.  
MSI (s) (FC:F8) [13:49:29:961]: Product: Microsoft SQL Server 2005 -- Installation failed.  
MSI (s) (FC:F8) [13:49:29:992]: MainEngineThread is returning 1635  
This patch package could not be opened. Verify that the patch package exists and that you can access it, or contact the application vendor to verify that this is a valid Windows Installer patch package. D:\SQL2K5\Servers\Setup\SqlRun_SQL.msi

このセットアップ ログを注意深く調べる場合は、パッチで使用された元の MSP ファイルに関する情報が既に sqlrun_sql.msp です

インストーラー キャッシュで見つからない .msp ファイルの詳細については、次Windows手順を実行します。

  1. 次のセクションで、不足している .msp ファイルを検索Windowsのレジストリ サブキーを使用します。HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Patches\

  2. パッチ GUID を見つける

  3. [インストーラー製品] レジストリ サブキーの次のWindowsで Patch GUID を検索します。HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\

    サンプルのセットアップ ログでは、見つからない .msp ファイルとそれに対応するパッチの詳細が、次のレジストリ エントリに表示されます。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Patches\A3B085EA74A9A7640A496636F7EF9A44
     Value: 0
     Name: LocalPackage
     Data: `C:\WINDOWS\Installer\145258.msp
    
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\1EB3A031CC585314E87AA527E46EECC2\Patches\A3B085EA74A9A7640A496636F7EF9A44
     Value: 6
     Name: DisplayName
     Data: GDR 2050 for SQL Server Database Services 2005 ENU (KB932555)
    

これで、すべての情報ポイントを使用して、インストーラー キャッシュ内の不足しているファイルを解決するWindows開始します。

注意

2008 SQL Server Service Pack 3 (SP3) 以降のバージョンを使用する場合は、不足しているファイルに対して同様のエラー メッセージ.msiすることもできます。 このエラー メッセージを使用すると、ファイルが見つからないファイル、ダウンロードするサービス パック、ダウンロード先をすばやく特定できます。

サービス パックを取得する方法の詳細については、「KB2546951 - SQL Server 2008 Service Pack 3 で修正される問題の一覧」を参照してください。

解決策 5: システム状態のバックアップからの復元

「システム状態のバックアップから復元する」の説明に従って、インストーラー キャッシュWindowsコンピューターの再構築が必要です

詳細情報

注意

次のエラー メッセージは、イベント ログまたは次のいずれかのフォルダーにあるセットアップ ログのテキスト メッセージとして見つかり、影響を受けるインスタンスをさらに修復する必要があります。

  • 2008 SQL Serverおよび 2008 R2 SQL Serverの場合:C:\Program Files\Microsoft SQL Server\100\Setup Bootstrap
  • 2012 SQL Serverの場合:C:\Program Files\Microsoft SQL Server\110\Setup Bootstrap
  • 2005 SQL (すべてのブランチ)

    製品バージョン インストーラー パッケージ (MSI) が見つからない場合のエラー メッセージ インストーラー キャッシュ パッケージ (MSP) が見つからない場合のエラー メッセージ
    SQL Server 2005 1636 インストーラー MSI ファイルWindowsインストールできません
    1636 インストーラー MSP Windowsインストールできません

    注意

    キャッシュ ファイルが見つからないかどうかを識別するには、セットアップ ログ ファイルを確認する必要があります。 これを行う方法の詳細については、「解決方法」 セクションを 参照してください。

  • 2008 SQL Server SP1 の場合

    製品バージョン インストーラー パッケージ (MSI) が見つからない場合のエラー メッセージ インストーラー キャッシュ パッケージ (MSP) が見つからない場合のエラー メッセージ
    SQL Server 2008 SP1 エラー メッセージなし TITLE: SQL Server失敗。
    ------------------------------
    SQL Serverセットアップでエラーが発生しました。パッチ ファイルを開くことができません。ファイルは c:\WINNT\Installer\FileName.msp です。エラー コード0x84B20001。
    ------------------------------
  • 2008 SQL Server SP3 ビルド専用 (CU/GDR ブランチは適用できません)

    製品バージョン インストーラー パッケージ (MSI) が見つからない場合のエラー メッセージ インストーラー キャッシュ パッケージ (MSP) が見つからない場合のエラー メッセージ
    SQL Server 2008 SP3 キャッシュされた MSI ファイルが C:\Windows\Installer\FileName.msi 見つからない。 その元のファイルはsql_engine_core_inst.msi、2008 年SQL Serverバージョン 、言語データベース エンジンサービスNetworkPath``VersionNumber用にインストールされていますENU
    キャッシュされたパッチ ファイルが C:\Windows\Installer\FileName.msp 見つからない。 このキャッシュ ファイルsql_engine_core_inst.mspの元のファイルは、service Pack 3 for SQL Server 2008 (KB2546951) (64 ビット) バージョンからインストールできます。VersionNumber

    注意

    アップグレードを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    エラー メッセージのスクリーンショット: 2008 SQL Serverが動作を停止しました。

  • 2008 SQL Server R2 SP1 のみ (CU/GDR ブランチは適用できません)

    製品バージョン インストーラー パッケージ (MSI) が見つからない場合のエラー メッセージ インストーラー キャッシュ パッケージ (MSP) が見つからない場合のエラー メッセージ
    SQL Server 2008 R2 SP1 TITLE: SQL Server失敗。
    ------------------------------
    SQL Serverセットアップで次のエラーが発生しました C:\Windows\Installer\FileName.msi
    ------------------------------
    キャッシュされたパッチ ファイルが C:\Windows\Installer\FileName.msp 見つからない。 このキャッシュ ファイルsql_engine_core_inst_loc.mspの元のファイルは、service Pack 1 for SQL Server 2008 R2 (KB2528583) (64 ビット) バージョンからインストールできますVersionNumber

    注意

    アップグレードを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。エラー メッセージのスクリーンショット: SQL Server 2008 R2 セットアップが動作しなくなった。

  • 2008 SQL Server R2 SP2 の場合

    製品バージョン インストーラー パッケージ (MSI) が見つからない場合のエラー メッセージ インストーラー キャッシュ パッケージ (MSP) が見つからない場合のエラー メッセージ
    SQL Server 2008 R2 SP1 キャッシュされた MSI ファイルが C:\Windows\Installer\FileName.msi 見つからない。 その元のファイルは sql_engine_core_inst.msi され、製品 2008 R2 SP1 SQL Server 、バージョン 、言語から データベース エンジン サービスNetworkPath``VersionNumber用にインストールされましたLanguageName
    キャッシュされたパッチ ファイルが C:\Windows\Installer\FileName.msp 見つからない。 このキャッシュ ファイルの元のファイルは sql_engine_core_inst_loc.msp で、SQL Server 2008 R2 (KB2528583) (64 ビット) バージョンの Service Pack 1 からインストールできますVersionNumber

    注意

    アップグレードを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。SP2: SQL Server R2 セットアップ のエラー メッセージのスクリーンショットが動作しなくなった。

  • CU2 SQL Server前の 2012 年の場合

    MSP ファイルまたは MSI ファイルが見つからないというメッセージはありません。 ただし、エラー コード 1714 はセットアップ ログに記録されます。

    ファイル内 Summary.txt: コンポーネント名: SQL Server セットアップ サポート ファイル コンポーネント エラー コード: 1714

    次の ファイルDetail.txt します。

    Date/Time Slp: Sco: FileFilePath does not exist  
    Date/Time Slp: Sco: FileFilePathdoes not exist  
    Date/Time Slp: Checkpoint: PREINSTALL_SQLSUPPORT_CPU64_ACTION  
    Date/Time Slp: Sco: Attempting to create base registry key HKEY_LOCAL_MACHINE, machineServer Name
    Date/Time Slp: Sco: Attempting to open registry subkey    Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer  
    Date/Time Slp: Sco: Attempting to get registry value InstallerLocation  
    Date/Time Slp: Windows installer version : 5.0.7601.17514  
    Date/Time Slp: Sco: Waiting for service 'msiserver' to accept the stop request.  
    Date/Time Slp: Sco: Attempting to open SC Manager  
    Date/Time Slp: Sco: Attempting to open service handle for service msiserver  
    Date/Time Slp: Invoking QueryServiceStatus Win32 API  
    Date/Time Slp: Sco: Attempting to close service handle for service msiserver  
    Date/Time Slp: Sco: Attempting to close SC Manager  
    Date/TimeSlp: Target package: "FilePath"  
    Date/TimeSlp: MSI Error: 1714 The older version of Microsoft SQL Server 2012 Setup (English) cannot be removed. Contact your technical support group.  
    Date/TimeSlp: InstallPackage: MsiInstallProduct returned the result code 1603.  
    Date/TimeSlp: Using MSI error code to detect the retry option: 1714  
    Date/TimeSlp: No retry-able MSI return code detected.
    
  • 2012 SQL Server CU2 (以降の CU または SP) の場合

    製品バージョン インストーラー パッケージ (MSI) が見つからない場合のエラー メッセージ インストーラー キャッシュ パッケージ (MSP) が見つからない場合のエラー メッセージ
    SQL Server 2008 R2 SP1 キャッシュされた MSI ファイルが C:\Windows\Installer\FileName.msi 見つからない。 その元のファイルはC:\Windows\Installer\sql_FeatureName.msi、バージョン、言語から製品 Microsoft SQL ServerVersion C:\originalfolder用にVersionNumberインストールされていますLanguage
    キャッシュされたパッチ ファイルが c:\Windows\Installer\FileName.msp 見つからない。 元のファイルは sql_engine_core_inst.msp、バージョンからインストール Hotfix 2316 for SQL Server 2012 (KB2679368) (64-bit)できます VersionNumber。 キャッシュされたパッチ ファイルが C:\Windows\Installer\FileName.msp 見つからない。 その元のファイルはC:\Windows\Installer\sql_FeatureName.msp、2012 KB 番号、バージョンの修正<HotfixNumber>プログラムSQL ServerからインストールできますVersionNumber

    注意

    2012 年SQL Server特定の条件下では、RTM メディアが正しく登録されていない可能性があります。 このような状況下で累積的な更新プログラムまたはサービス パックをアンインストールすると、RTM メディアを求めるメッセージが表示される場合があります。 この問題を回避するには、パッチの削除プロセス中に RTM メディア パスを指定します。

関連情報