アプリケーションの再生マークアップ言語ユーティリティのSQL Server

この記事では、専門家がトラブルシューティングに使用するユーティリティのグループについてSQL Server。

元の製品バージョン:  SQL Server
元の KB 番号:   944837

概要

サポート SQL Serverチームは、一般的な顧客サポート ケースに関連する作業を容易にするために、いくつかの内部的に作成されたユーティリティを使用します。 この記事では、再生マークアップ言語 (RML) ユーティリティと呼ばれる 1 つのユーティリティ スイートについて説明SQL Server。 データベース開発者とシステム管理者は、RML ユーティリティを使用してデータベース管理者SQL Server。

詳細情報

RML ユーティリティを使用して、SQL Serverタスクを実行できます。

  • アプリケーション、データベース、SQL Server、または最も多くのリソースを使用しているクエリを確認できます。
  • バッチのトレースをキャプチャするときに、バッチの実行計画を変更するかどうかを確認できます。 さらに、RML ユーティリティを使用して、SQL Server実行SQL Server実行方法を決定できます。
  • 実行速度が以前よりも遅いクエリを特定できます。

SQL Server のインスタンスのトレースをキャプチャした後、SQL Server の RML ユーティリティを使用して、SQL Server の別のインスタンスに対してトレース ファイルを再生できます。 再生中にトレースをキャプチャする場合は、RML Utilities for SQL Serverを使用して、新しいトレース ファイルと元のトレース ファイルを比較できます。 この手法を使用して、変更を適用したSQL Server動作をテストできます。 たとえば、この手法を使用して、次の操作を行ったSQL Server動作をテストできます。

  • サービス パックSQL Serverインストールします。
  • 修正プログラムをインストールSQL Serverします。
  • ストアド プロシージャまたは関数を更新します。
  • インデックスを更新するか、インデックスを作成します。

バージョン履歴

バージョン番号 説明
9.04.0100 Microsoft ダウンロード センターから利用可能な現在の Web リリースで、すべてのリリース済みバージョンのダウンロード SQL Server
9.04.0098 リリース済みのすべてのバージョンの Database Experimentation Assistantをサポートする新しいリリース ユーティリティがパッケージ化SQL Server
9.04.0097 すべてのリリース済みバージョンの SQLをサポートする Nexus サイトから利用可能な現在のSQL Server
9.04.0051 SQL Server 2000、SQL Server 2005、SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2、SQL Server 2012、SQL Server 2014 をサポートする以前の Web リリース
9.04.0004 SQL Server 2000、SQL Server 2005、SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2、SQL Server 2012、SQL Server 2014 をサポートする以前の Web リリース
9.01.0109 2000、SQL Server 2005、SQL Server 2008、SQL Server 2008 R2 をサポートSQL Server Web リリース。
9.00.0023 2000 年および 2005 年SQL Serverをサポートする以前SQL Serverリリース
8.10.0010 7.0 および SQL Server 2000 をサポートするSQL Serverリリース

この現在のバージョンの RML Utilities for SQL Server以前のバージョンに取って代わりがあります。 現在のバージョンをインストールする前に、以前のバージョンの RML Utilities SQL Serverをアンインストールする必要があります。 現在のバージョンの RML Utilities for SQL Server 2000 のサポートSQL Server提供しています。 SQL Server 2005、SQL Server 2008、SQL Server 2008 R2、SQL Server 2008 R2、SQL Server 2012、SQL Server 2014、SQL Server 2016、SQL Server 2017、SQL Server 2019 さらに、SQL Server 用 RML ユーティリティの現在のバージョンには、重要なソフトウェア更新プログラム、改善された機能 (プロセス .trc および .xel ファイル) とレポート、およびパフォーマンスとスケーラビリティの向上が含まれています。

サーバーの RML ユーティリティを取得SQL Server

Database Experimentation Assistantをインストールすると、フォルダーから RML ユーティリティ (ReadTrace と ostress) を取得できます。C:\Program Files (x86)\Microsoft Corporation\Database Experimentation Assistant\Dependencies\X64\

RML ユーティリティと Nexus ユーティリティをSQL場合は、場所から ReadTrace と ostress を取得できます。https://github.com/microsoft/SqlNexus/releases/tag/09.04.0097

RML ユーティリティ SQL Serverダウンロード センターからダウンロードできます

注意

Microsoft は、RML ユーティリティを現在SQL Server提供しています。 Microsoft カスタマー サポート サービス (CSS) は、RML ユーティリティのサポートや更新プログラムを提供SQL Server。 提案がある場合、またはバグを報告する場合は、ヘルプ ファイル (RML Help.pdf) の「問題と支援」のトピックの電子 メール アドレスを使用Help.pdf。 ヘルプ ファイルは、アプリケーションの RML ユーティリティに含SQL Server。

RML ユーティリティの利点は、SQL Server

実際のアプリケーションを使用SQL Serverテストが現実的ではない場合や不可能な場合に、アプリケーション テストをシミュレートする場合は、RML ユーティリティを使用すると便利です。 たとえば、テスト環境では、実稼働環境に存在する同じユーザー 負荷を生成するのが困難な場合があります。 SQL Server の RML ユーティリティを使用して、テスト環境で実稼働ワークロードを再生し、SQL Server 2008 へのアップグレードや SQL Server サービス パックのアプリケーションなど、変更のパフォーマンスへの影響を評価できます。 さらに、RML ユーティリティ を使用して、SQL Server再生ワークロードを分析および比較できます。 この種の回帰分析は、手動で実行する必要がある困難なプロセスです。

ヘルプ ファイルには、クイック スタート トピックが含まれている。 このトピックでは、各 RML ユーティリティについて理解する簡単な演習について説明します。 ヘルプ ファイルを開くには 、[スタート]をクリックし、[すべてのプログラム] をポイントし 、[RML ユーティリティ] SQL Server をポイントし、[ヘルプ] をポイントし 、[RML ヘルプ] をクリックします。

RML ユーティリティのユーティリティ SQL Server

RML ユーティリティ には、SQL Serverユーティリティが含まれます。

  • ReadTrace
  • レポーター
  • OStress
  • OStress 再生コントロール エージェント (ORCA)

各ユーティリティとサンプル使用法の完全な説明については、RML ユーティリティに付属の RML ヘルプを参照SQL Server。

アプリケーションの RML ユーティリティの依存関係SQL Server

重要

RML ユーティリティ スイートの一部として提供されるアプリケーションでは、いくつかの追加の依存関係を使用できる必要があります。

Reporter の依存関係

レポート ビューアー コントロールが、レポート ビューアーコントロールと同じフォルダーまたは GAC Reporter.exe使用できる必要があります。 必要な dll のReporter.exeはMicrosoft.ReportViewer.Common.dll Microsoft.ReportViewer.DataVisualization.dll Microsoft.ReportViewer.ProcessingObjectModel.dll Microsoft.ReportViewer.WinForms.dll

次の powershell スクリプトを使用して、これらの dll を取得できます。

Register-PackageSource -Name MyNuGet -Location https://www.nuget.org/api/v2 -ProviderName NuGet
Get-PackageSource

Find-Package Microsoft.ReportViewer.Common -AllVersions
Install-Package Microsoft.ReportViewer.Common -RequiredVersion 10.0.40219.1

Copy-Item -Path "C:\Program Files\PackageManagement\NuGet\Packages\Microsoft.ReportViewer.Common.10.0.40219.1\lib\Microsoft.ReportViewer.Common.dll" -Destination "C:\Program Files\Microsoft Corporation\RMLUtils"
Copy-Item -Path "C:\Program Files\PackageManagement\NuGet\Packages\Microsoft.ReportViewer.Common.10.0.40219.1\lib\Microsoft.ReportViewer.DataVisualization.dll" -Destination "C:\Program Files\Microsoft Corporation\RMLUtils"
Copy-Item -Path "C:\Program Files\PackageManagement\NuGet\Packages\Microsoft.ReportViewer.Common.10.0.40219.1\lib\Microsoft.ReportViewer.ProcessingObjectModel.dll" -Destination "C:\Program Files\Microsoft Corporation\RMLUtils"

Find-Package Microsoft.ReportViewer.WinForms -AllVersions
Install-Package Microsoft.ReportViewer.WinForms -RequiredVersion 10.0.40219.1

Copy-Item -Path "C:\Program Files\PackageManagement\NuGet\Packages\Microsoft.ReportViewer.WinForms.10.0.40219.1\lib\Microsoft.ReportViewer.WinForms.dll" -Destination "C:\Program Files\Microsoft Corporation\RMLUtils"

Expander の依存関係

圧縮/圧縮解除コントロールが、同じフォルダー内または GAC で使用Expander.exe必要があります。 必要な dll のExpander.exeはBRICOLSOFTZipx64.dll UnRar64.dll XceedZipX64.dll

これらの dll は、ベンダーのそれぞれのソフトウェア パッケージから取得できます。 https://www.rarlab.com/rar/UnRARDLL.exe

https://www.7-zip.org/a/7z1900-x64.exe

https://www.nuget.org/packages/Xceed.Products.Zip.Full/