2015 年 2015 年にサード パーティ製アプリケーションVisual Studioアンインストールする

この記事では、2015 年と共にインストールされているサード パーティ製アプリケーションをアンインストールするMicrosoft Visual Studio説明します。 2015 Visual Studioをアンインストールすると、2015 年 2015 年と共にインストールされているサード パーティ製アプリケーションVisual Studioアンインストールされません。

元の製品バージョン:  Visual Studio 2015
元の KB 番号:   3060695

Android NDK

Android ネイティブ開発キット (NDK) には、コントロール パネルの[プログラムと機能] 項目にエントリが含まれています。 これは、次のフォルダーにローカルにインストールされます。
%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft Visual Studio 14.0\Apps

Android NDK は、ハード ディスクから Android-ndk-r10 フォルダーを削除することで削除できます。

Android SDK

Android ソフトウェア開発キット (SDK) には、コントロール パネルプログラムと機能項目にエントリが含まれています。そこからアンインストールできます。

Apache Ant

Ant はコントロール パネルの [プログラムと機能] 項目 にエントリを持つ必要があります。 このアプリケーションをアンインストールするには、次の手順を実行します。

  1. ハード ディスク上の Ant インストール フォルダーを探します。 これを行うには、次のレジストリ パスの ANT_HOME 値名をレジストリで調します。
    SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\VisualStudio\14.0\Setup\VS\SecondaryInstaller\Ant

    通常、インストール フォルダーの値データは次のようになります。
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\Apps\apache-ant-1.9.3

  2. インストール フォルダーを削除します。

Git CLI

Git はコントロール パネルの プログラムと機能項目 にエントリを持ち、そこからアンインストールできます。

GitHub拡張機能 Visual Studio

GitHub拡張機能Visual Studioコントロール パネルの [プログラムと機能] 項目にエントリが含め、そこからアンインストールできます。

Google Chrome

Chrome にはコントロール パネルの [プログラムと機能] 項目にエントリが含め、そこからアンインストールできます。

Joyent Node.js

ノードにはコントロール パネルの プログラムと機能 項目にエントリが含め、そこからアンインストールできます。

Oracle Java開発キット

Javaコントロール パネルの [プログラムと機能] 項目にエントリが存在し、そこからアンインストールできます。

Xamarin

Xamarin にはコントロール パネルの プログラムと機能 項目にエントリが含め、そこからアンインストールできます。

Websocket4Net (Windows 7 ユーザーのみ)

Websocket4Net doen はコントロール パネルのプログラムと機能アイテムにエントリを持たなかったり、そこからアンインストールすることはできません。

Websocket4Net は、オペレーティング システムへの DLL としてインストールされます (Windows 7 の場合のみ)。 このアプリケーションをアンインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 14.0 のインストール フォルダー Visual Studio探します。 既定では、次のフォルダーにインストールされます。
    %ProgramFiles%\Microsoft Visual Studio 14.0

  2. フォルダーのルート フォルダー Visual Studio次のサブフォルダーを探します。
    Common7\IDE\CommonExtensions\Microsoft\WebClient\Diagnostics\ToolWindows

  3. このフォルダーで、 を見つけて削除します WebSocket4Net.dll

サードパーティの情報に関する免責事項

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

適用対象

  • Visual Studio Professional 2015
  • Visual Studio Express 2015 for Windows デスクトップ
  • Visual Studio Express 2015 for Web
  • Visual Studio Express 2015 Windows 10