アンインストール Visual Studio 2012

この記事では、2012 Microsoft Visual Studio関連パッケージをアンインストールする方法と、強制アンインストールを実行する方法について紹介します。

元の製品バージョン:  Visual Studio 2012
元の KB 番号:   2771441

概要

この記事は、2012 Visual Studioに適用されます。 以前のプレリリース製品バージョンを削除するには、「2012 リリース候補をアンインストールするVisual Studio」を参照してください

リリース候補を使用して最新の Visual Studio 2012 リリースをインストールする場合は、Visual Studio 2012 が新しいバージョンにアップグレードされるので、Visual Studio 2012 リリース候補をアンインストールする必要があります。

アップグレードの詳細と既知の問題については、「インストールとアップグレード」をVisual Studio。

手動による削除

2012 Visual Studio製品を手動で削除するには、最初にメイン製品または製品 (Visual Studio Ultimate など) をアンインストールすることをお勧めします。 次に、インストールされる可能性がある他のサポート製品をアンインストールします。

以下に示すほとんどのパッケージを強制的に削除するには、「2012年に強制的に削除する」をVisual Studioしてください。

プロジェクト ファイルやカスタム設定などのユーザーが生成したアセットは、プロジェクト ファイルのアンインストールによって削除またはVisual Studio。 ユーザーをアンインストールVisual Studio、次の手順を実行します。

  1. コントロール プログラムと機能 (以前は [プログラムの追加と削除] 、または [ARP] と呼ばれる) ファイルを開きます。 または、次のように開く方法があります。
    1. [スタート ] メニュー[実行] (スタート + R) をクリックします。
    2. [ コントロール] をappwiz.cpl Enter キーを押します。
  2. インストールされている次の一覧からすべてのメイン製品をアンインストールします。 コントロール パネルのヒントでは 、2012 年Microsoft Visual Studio検索して、製品の一覧をフィルター処理できます。
    • Microsoft Visual Studio 2012 Ultimate
    • Microsoft Visual Studio 2012 プレミアム
    • Microsoft Visual Studio 2012 Professional
    • Microsoft Visual Studio 2012 Express for Windows 8
    • Microsoft Visual Studio 2012 Express for Web
  3. [インストール されている更新プログラムの表示] をクリックします。 2012 年のカテゴリに一覧表示されている更新プログラムVisual Studioアンインストールします。

オプションの共有パッケージ

必要に応じて、2012 年にインストールできる次の共有パッケージVisual Studioします。 アンインストールしてもパッケージが表示される場合があります。 この場合は、同じ名前を持つ複数のパッケージがインストールされた後、もう一度アンインストールします。

製品のアンインストールが他の製品に影響を与える可能性があるというメッセージが表示される場合があります。

  • パッケージ に関連 付けられている機能が不要になった場合にのみ、[はい] をクリックします。
  • [ いいえ] を クリックして、パッケージをインストールしたままにしてください。

パッケージをアンインストールする順序は重要です。以下の一覧は、パッケージをアンインストールする順序を示しています。 バージョン番号は、その後更新された場合、以下に示すバージョン番号よりも新しい場合があります。 これらのパッケージは、コンピューター上の他の製品でも使用できます。 これらの製品には、Visual Studio 2010 および 2008 Visual Studioが含まれます。

  1. Microsoft Web Deploy dbSqlPackage Provider - enu
  2. Microsoft SQL Server データ ツール - enu (11.1.20627.00)
  3. Microsoft SQL Server 2012 管理オブジェクト (x64)
  4. Microsoft SQL Server 2012 管理オブジェクト
  5. Microsoft SQL Server CLR 型 (x64)
  6. Microsoft SQL Server CLR 型
  7. Microsoft SQL Server Compact 4.0 SP1 x64 ENU
  8. Microsoft SQL Server Compact 4.0 SP1 ENU
  9. Microsoft SQL Server 2012 Express LocalDB
  10. Microsoft SQL Server データ ツールビルド ユーティリティ - enu (11.1.20627.00)
  11. Microsoft SQL Server 2012 T-SQL Language Service
  12. Microsoft SQL Server 2012 コマンド ライン ユーティリティ
  13. Microsoft SQL Server 2012 ネイティブ クライアント
  14. Microsoft SQL Server 2012 Data-Tier App Framework
  15. Microsoft SQL Server 2012 Transact-SQL コンパイラ サービス
  16. Microsoft SQL Server 2012 Transact-SQL ScriptDom
  17. SSDT の前提条件
  18. Microsoft Visual Studio 2010 ツール for Office ランタイム (x64)
  19. Microsoft Visual Studio 2010 ツール for Office ランタイム (x86)
  20. Microsoft ASP.NET MVC 3
  21. Microsoft ASP.NET Web ページ
  22. WCF RIA Services V1.0 SP2
  23. Microsoft Web Platform Installer 4.0
  24. IIS 8.0 Express
  25. Microsoft Web Deploy 3.0

削除をお勧めしない重要なシステム更新プログラム

Visual Studio 2012 では、次の重要なシステム更新プログラムをインストールする場合があります。 システムにインストールされたままにすることをお勧めします。 これらの一部は、[インストール済み 更新プログラム] に 表示される場合があります。これは、インストール済み更新プログラム内の リンクプログラムと機能。

警告

これらの更新プログラムは、Visual Studio 2010、Visual Studio 2008 など、コンピューター上の他の製品、またはユーザーまたは別の開発者がこれらの製品のいずれかを使用して構築したアプリケーションでも使用できます。

  1. Microsoft Silverlight
  2. Microsoft .NET Framework 4.5
  3. Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能 - x64 9.0.30729.4148
  4. Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能 - x64 9.0.30729.6161
  5. Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能 - x86 9.0.30729.4148
  6. Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能 - x86 9.0.30729.6161

注意

2012 年のアンインストール後に 1 つ以上の製品が機能しVisual Studio場合は、それらの製品を修復します。

2012 年 2012 年Visual Studio強制的に削除する

新しいコマンド ライン スイッチVisual Studio 2012とそのオプションの共有パッケージを削除することもできます。 複数の 2012 Visual Studioがインストールされている場合、すべての VS2012 製品が削除されるまで、すべての共通パッケージが残ります。

メイン製品を既にアンインストールしている場合でも、.NET Framework 4.5 および Visual C++ ランタイムを除く残りのパッケージを削除するために、次のコマンドをダウンロードして使用できます。

警告

このコマンドを実行すると、[オプションの共有パッケージ] に記載されているパッケージと同様に、一部のパッケージがまだ使用されている場合でも、一部のパッケージ が削除される場合があります

  1. 2012 年に最初にインストールしたセットアップ Visual Studioダウンロードします。 メディアからインストールした場合は、そのメディアを挿入してください。

  2. コマンド プロンプトを開きます。

    1. [スタート ] メニュー[実行] (スタート + R) をクリックします。
    2. cmd と入力 し、Enter キーを押します。
  3. セットアップ アプリケーションへの完全なパスを入力し、次のコマンド ライン スイッチを渡します。

    D:\vs_ultimate.exe /uninstall /force
    
  4. [アンインストール] ボタンを クリックし、プロンプトに従います。

ご質問や問題が発生した場合は、「セットアップとインストールVisual Studioフォーラム」をご覧ください