大規模なコンポーネント ストア (WinSxS) ディレクトリによってWindowsディスク領域の問題に対処する方法

この記事では、大規模なコンポーネント ストア (WinSxS) ディレクトリによってWindowsディスク領域の問題を解決するための解決策を提供します。

適用対象:  Windows 7 Service Pack 1, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
元の KB 番号:   2795190

現象

C:\Windows フォルダーのサイズを調べると、C:\Windows\winsxs ディレクトリが多くのディスク領域を使用しているようです。

原因

コンポーネント Windows (C:\Windows\winsxs) ディレクトリは、インストールのサービス操作中にWindowsされます。 サービス操作には、更新プログラム、サービス パック、および修正プログラムWindowsが含まれますが、これらに限定されない場合があります。

コンポーネント ストアには、インストールに必要なすべてのファイルがWindowsされます。 また、これらのファイルに対する更新は、更新プログラムのインストール時にコンポーネント ストア内にも保持されます。 これにより、インストールに追加される更新プログラム、機能、または役割が増えるにつれて、コンポーネント ストアは時間の間に増加します。 コンポーネント ストアは、それ自体と他のディレクトリ間の NTFS ハード リンクを使用Windowsプラットフォームの堅牢性を高Windowsします。

コンポーネント ストアには、エクスプローラー シェルがハード リンクをWindows大きなディレクトリ サイズが表示されます。 このWindowsは、ハード リンクへの各参照を、ファイルが存在する各ディレクトリのファイルの 1 つのインスタンスとしてカウントします。 たとえば、advapi32.dll という名前のファイルが 700 KB で、コンポーネント ストアと \Windows\system32 ディレクトリに含まれている場合、Windows Explorer はファイルが 1,400 KB のハード ディスク領域を消費すると不正確に報告します。

解決方法

NTFS ハード リンクのため、コンポーネント ストアはシステム ボリューム以外のボリュームに存在できません。 コンポーネント ストアを移動すると、更新プログラム、サービス パック、役割、または機能をWindows正しくインストールできません。 また、コンポーネント ストアからファイルを手動で削除または削除することをお勧めしません。

Windows インストール上のコンポーネント ストア ディレクトリのサイズを小さくするには、Service Pack インストールを永続的にし、サービス パック ファイルから使用領域を再利用することができます。 ただし、サービス パックのインストールを永続的にする場合、サービス パックは取り外しできません。

サービス パック ファイルを新しいインストールからWindowsするには、次のインボックス ユーティリティを使用します。

  • WindowsServer 2008 Service Pack 2 のインストール: Compcln.exe
  • Windows 7 Service Pack 1 または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 のインストール: DISM /online /Cleanup-Image /SpSupersed またはディスク クリーンアップ ウィザード (cleanmgr.exe)

また、システムで削除イベントをWindowsサーバー 2008 のインストールで事前に消去を実行することもできます。 消去では、不要なシステム バイナリをインストールから削除し、Windows領域を解放できます。 Windows インストールでアンインストール イベントを発行するには、インストールされていない不要なシステム コンポーネントを追加して削除し、インストールをWindowsします。 消去は、オペレーティング システムの次の再起動中に実行されます。

注意

消去は、サーバー 7 およびサーバー 2008 R2 WindowsインストールWindows自動的に実行されます。

詳細

システム上の追加のディスク領域を再利用するには、次の手順を実行します。

  1. [ スタート] を 選択し、[プログラムとファイルの 検索 ] テキスト ボックスに「ディスククリーンアップ」 と入力します

  2. [ディスク クリーンアップ] アイコンを クリックし、ディスク クリーンアップ ツールを実行して、構成に基づいて削除できるファイルを決定します。

システム ボリュームの領域を節約するその他の方法には、次のものが含まれます。

  • ページング ファイルをシステム上の別のボリュームに移動します。
  • システムで休止状態を無効にします。
  • 専用のダンプ ファイル オプションを使用して、システム上の別のボリューム上のメモリ ダンプ ファイルをキャプチャします。
  • ユーザー プロファイルとプログラム ファイル ディレクトリをシステム上の別のボリュームにオフロードします。
  • クライアント インストールでシステム復元ポイントを無効にします。
  • ディスク クリーンアップ ウィザード (cleanmgr.exe) を使用して、すべての一時ディレクトリとフォルダーをクリーンアップします。
  • 未使用のアプリケーションまたはユーティリティをインストールからアンインストールします。

WinSxS フォルダーの詳細については、以下を参照してください。

ディスクのシステム要件の詳細については、以下を参照してください。

注意

  • Windows インストーラーを使用して製品をインストールすると、元の .msi データ ファイルの小さいバージョンが Windows インストーラー キャッシュ (%windir%\Installer) フォルダーに格納されます。 時間がたつにつれて、このフォルダーは大きくなる可能性があります。 修正プログラム、累積的な更新プログラム、サービス パックのセットアップなど、インストールされている製品の追加の更新プログラムのインストールごとに、関連する .msp または .msi ファイルも Windows インストーラー キャッシュに格納されます。 時間がたつにつれて、このフォルダーは大きくなる可能性があります。 このフォルダー内のファイルを削除したり、別のコンピューターのファイルに置き換えるのはお勧めしません。 アプリケーションの更新は、このフォルダーに保存されているファイルで使用できる情報に依存します。 この情報がない場合、更新プログラムはインストールを正しく実行できません。

  • %windir%\softwaredistribution\downloads フォルダーは、ダウンロードWindows更新プログラムを保存するために使用されます。 通常、このフォルダーはユーザーによって管理されるので、このフォルダーを管理するWindows。 このフォルダーの一般的なサイズは、オペレーティング システムのバージョン、その時点で使用可能な更新プログラムなど、いくつかの要因によって決まります。 したがって、一般的なサイズの期待値を提供することは困難です。 このフォルダーで大量のディスク領域を使用する場合は、まずシステムで利用可能なすべての更新プログラムをインストールしてから、コンピューターを再起動します。 サイズがまだ大きい場合にこの問題をトラブルシューティングするには、次の手順を実行します。

    1. 管理者特権のコマンド プロンプトで、コマンドを実行 Net Stop WUAUSERV します。
    2. %windir%\softwaredistribution\downloads フォルダーの内容を削除 します。
    3. 管理者特権のコマンド プロンプトで、次のコマンドを実行 Net Start WUAUSERV します。