バックアップ ツールとして ImageX.exeツールを使用することはできません

この記事では、コンピューターのバックアップ ツールとして ImageX.exeツールを使用できない理由Windows説明します。 このImageX.exeツールは、自動インストール キット (WAIK) のWindowsとして出荷されます。

適用対象:  Windows Server 2012R2、Windows 7 Service Pack 1
元の KB 番号:   935467

はじめに

ImageX.exe ツールを使用して、Sysprep (Sysprep.exe) を実行したオペレーティング システム インストール イメージを Windows プレインストール環境 (Windows PE) からキャプチャできます。 その後、オペレーティング システムのインストール イメージを別のコンピューターに展開できます。

ImageX.exe ツールは、バックアップ用のコンピューターのイメージを作成するメカニズムのように見える場合があります。ImageX.exe ツールをサポートされているバックアップ メカニズムとして使用できません。

バックアップ メカニズムとしてimagex.exeする場合の問題

  • 拡張属性が失われる
  • システム上のスパース ファイルがキャプチャされ、適用されます。 ただし、スパース ファイルは適用後も長いスパースではありません。
  • シンボリック リンクとジャンクションが自動的に更新され、シングル インスタンス Storage(SIS) などの一部のシナリオでは、NTFS ファイル ID を含む再解析ポイントが誤った場所を指している可能性がある

Microsoft では、完全なWindowsバックアップWindowsバックアップ用に特別に設計されたバックアップ、サーバー バックアップ、その他のツールを使用するようにお勧めします。