Microsoft インストール パッケージで作成されたソフトウェア インストール パッケージ、更新プログラム パッケージ、または修正プログラム パッケージでサポートされるコマンド ライン スイッチSelf-Extractor

この記事では、Microsoft Self-Extractor を使用して作成されたソフトウェア インストール パッケージ、更新プログラム パッケージ、または修正プログラム パッケージでサポートされるコマンド ライン スイッチについて説明します。

適用対象:  Windows 10 - すべてのエディション
元の KB 番号:   912203

概要

パッケージSelf-Extractorは、自己解凍可能な (.exe) ファイルです。 パッケージをインストールするには、.exeファイルを実行できます。 このファイルを.exeするには、次のいずれかの方法を使用します。

  • ファイルをダブルクリック.exeします。
  • コマンド ライン.exeファイルを実行します。

コマンド ラインSelf-Extractorパッケージを実行する

コマンド ラインから .exe ファイルを実行すると、パッケージで複数のスイッチを使用できる場合があります。

注意

すべてのスイッチがすべてのパッケージで使用できるとは言えな。

パッケージで使用できるスイッチを確認するには、次のいずれかのヘルプ スイッチを使用します。

  • /?
  • /h
  • /help

次の表に、Microsoft Self-Extractor でサポートされているコマンド ライン スイッチの一覧を示します。

スイッチ 説明
/extract:[path] パッケージの内容を path フォルダーに抽出します。 パスを指定しない場合は、[ 参照] ダイアログ ボックスが表示されます。
/log:[path to log file] 更新プログラムのインストールの詳細ログを有効にします。

パス情報の他に、ファイル名を含める必要があります。 コマンドは存在しないフォルダーを作成しないので、既存のフォルダー名のみを指定する必要があります。 指定されたファイル名の他に、実行するファイルごとに個別のログ .msi作成されます。
/lang:lcid パッケージで複数のロケールが使用できる場合、ユーザー インターフェイスを指定したロケールに設定します。
/quiet パッケージをサイレント モードで実行します。
/passive ユーザーからの操作なしで更新プログラムを実行します。
/norestart コンピューターの再起動が必要な場合、ユーザーに対するメッセージを表示できません。
/forcerestart 更新が完了するとすぐにコンピューターを強制的に再起動します。
/?, /h, /help このヘルプ メッセージを表示します。