サーバーを実行しているコンピューターで休止状態を無効にし、再び有効にするWindows

この記事では、コンピューターで休止状態を無効にしてから再び有効にする方法についてWindows。

適用対象:  WindowsServer 2019、Windows 10 - すべてのエディション、Windows Server 2016、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
元の KB 番号:   920730

警告

ハイブリッドスリープの設定をオンにしている間に休止状態を使用できなくし、停電が発生すると、データが失われる可能性があります。 休止状態を使用できなくなった場合、ハイブリッドスリープは機能しません。

休止状態を使用不能にする方法

  1. キーボードの [Windows] ボタンを押して、[スタート] または [スタート] スタート メニュー開きます。
  2. cmd を 検索します。 検索結果の一覧で、[コマンド プロンプト] を 右クリックし、[管理者として 実行] を選択します
  3. ユーザー アカウント制御によって求めるメッセージが表示されたら、[続行] を 選択します
  4. コマンド プロンプトで、と入力 powercfg.exe /hibernate off し、Enter キーを押します。
  5. 「exit」と 入力し、Enter キーを押してコマンド プロンプト ウィンドウを閉 じます。

休止状態を使用可能にする方法

  1. キーボードの [Windows] ボタンを押して、[スタート] または [スタート] スタート メニュー開きます。
  2. cmd を 検索します。 検索結果の一覧で、[コマンド プロンプト] を 右クリックし、[管理者として 実行] を選択します
  3. ユーザー アカウント制御によって求めるメッセージが表示されたら、[続行] を 選択します
  4. コマンド プロンプトで、と入力 powercfg.exe /hibernate on し、Enter キーを押します。
  5. 「exit」と 入力し、Enter キーを押してコマンド プロンプト ウィンドウを閉じます。

詳細情報

非表示Hiberfil.sysファイルは、オペレーティング システムがインストールされているドライブのルート フォルダーにあります。 このWindowsカーネル Power Manager は、このファイルをインストールするときに予約Windows。 このファイルのサイズは、コンピューターにインストールされているランダム アクセス メモリ (RAM) の量にほぼ等しくなります。

ハイブリッドスリープ設定がオンHiberfil.sysコンピューターは、システム メモリのコピーをハード ディスクに保存するために、Hiberfil.sys ファイルを使用します。 このファイルが存在しない場合、コンピューターは休止状態にすることはできません。

参照

[休止状態] オプションを スタート メニュー、PC のシャットダウン、スリープ、休止の各セクションを参照してください