ファイルからダウングレードするWindows 8

適用対象:  Windows 8
元の KB 番号:   2832566

概要

Windows 8 を以前のバージョンの Windows にダウングレードする機能は、Windows 8 のバージョンと、Windows 8 を取得したメソッドの両方に依存します。 すべてのエディションWindowsダウングレード権限を提供する必要があります。 ダウングレード権限を持ち、それらを使用する場合は、元のバージョンのライセンスと使用権を保持し続け、いつでも "アップグレード" することができます。

詳細

データを取得する主なWindows 8は次のとおりです。

  • Windows 8 の製品版を購入し、Windows XP、Windows Vista、または Windows 7 を実行している PC にアップグレードとしてインストールできます。
  • システム ビルダーの個人用ライセンスを購入してインストールWindows 8できます。
  • OEM からプレインストールされている pc をWindows 8購入できます。
  • ボリューム ライセンス契約を購入し、対象となるオペレーティング システムを実行している PC Windows 8 ProアップグレードまたはWindows 8 Enterpriseをインストールできます。

ダウングレード権限

前のセクションで説明した各シナリオのダウングレード権限は次のとおりです。

製品版のWindows 8

製品版のダウングレード権限はWindows 8。 Windows 8 の製品版を使用して Windows をアップグレードした場合は、PC に含まれている回復メディアまたはインストール メディアを使用して、以前のバージョンの Windows を再インストールする必要があります。

回復メディアを使用しない場合は、PC の製造元が提供するソフトウェアを使用して、PC 上の回復パーティションからアップグレードする前に作成できます。 詳細については、PC 製造元の Web サイトのサポート セクションを参照してください。 アップグレードする前に、この回復ディスクがインストールされた後に回復パーティションを使用して回復ディスクを作成できないので、必ずWindows 8。

回復メディアから PC を起動する方法の詳細については、「インストール メディアを作成する」を参照Windows。

システム ビルダーの個人使用Windows 8場合

システム ビルダーをWindows 8してインストールした場合Windows 8ダウングレード権限はありません。 これは、製品の個人使用の Microsoft ソフトウェア ライセンス条項によって管理されます。 以前のバージョンの Windowsにダウングレードするプロセスは、Windows 8 の製品版の場合と同じです。 つまり、以前のバージョンの Windows のプロダクト キーを購入するか、以前に購入してから、回復メディアまたはインストール メディアを使用してそのバージョンをインストールする必要があります。

OEM によってプレインストールWindows 8 PC の場合

OEM ダウングレード権限は Windows 8 Pro にのみ適用され、最大 2 つの以前のバージョン (Windows 7 Professional および Windows Vista Business) のダウングレードを許可します。

PC をダウングレードする方法

OEM には、特定の PC をダウングレードする方法に関する最適な情報が用意され、場合によっては、インストール メディアまたはオペレーティング システムのダウングレードが既にインストールされている PC を送信する場合があります。

注意

Microsoft も OEM も、ダウングレード用のメディアを提供する義務を負う必要もありません。

PC でダウングレードを自分で行うには、次の手順を実行します。

  1. 設定を変更して、コンピューターが従来の BIOS モードで起動します。

    注意

    後で Windows 8 Pro にアップグレードし、完全な Windows 8 Pro 機能を使用する場合は、BIOS 設定をネイティブ UEFI モードに戻してからインストールする必要Windows 8 Pro。 これは、ダウングレードがプレインストールされたWindows 8 Proに販売された PC 上のサーバーにアップグレードする場合にも当てはまる。

  2. 一部の OEM は、このような機会のために、Windows 7 Professionalまたは Windows Vista Business のプロダクト キーを BIOS に事前に挿入します。 OEM が PC で実行した場合は、次のいずれかの操作のみを実行する必要があります。

    • 同Windows OEM Professional Windowsバージョンの回復メディアを使用して、7 Professional または Windows Vista Business をインストールします。 BIOS に挿入されたプロダクト キーを使用して、システムが自動的にアクティブ化されます。
    • Vista Business Windows 7 Professionalまたは Windows Vista Business をインストールするには、そのバージョンのインストール メディアの正規のコピーを使用Windows。 BIOS に挿入されたプロダクト キーを使用して、システムが自動的にアクティブ化されます。
    • ボリューム ライセンス サーバー (Windows) をWindowsして、Professional Vista Business または Windows Vista Business のコピーキー管理サービス有効KMS。 このKMSプレインストールされたプロダクト キーをチェックすることで、システムをアクティブ化できます。
  3. OEM が PC の BIOS にプロダクト キーを挿入しない場合は、次の手順を実行します。

    1. Vista Business インストール Windows 7 ProfessionalまたはWindowsプロダクト キーを取得します。 製品のフル パッケージ製品コピーを購入し、Windowsダウングレードする必要がある場合があります。
    2. ダウングレード バージョンのメディアを PC にWindowsし、インストール手順に従います。
    3. これを行う必要がある場合は、プロダクト キーを入力します。 ソフトウェアが以前にアクティブ化されている場合は、オンラインでライセンス認証できません。 この場合、ローカルのライセンス認証サポート電話番号が表示されます。 番号を呼び出し、状況を説明します。 対象となるライセンスを持Windows場合、カスタマー サービス担当者は、ソフトウェアをアクティブ化する単一の使用ライセンス認証コードを提供します。 Microsoft は、このシナリオで完全なプロダクト キーを提供しません。

アップグレードまたはアップグレードにボリューム ライセンス契約を使用してダウンWindows 8 ProするWindows 8 Enterprise

ボリューム ライセンスは、権限をダウングレードする最大の柔軟性を提供します。 ボリューム ライセンスを使用すると、以前のバージョンやエディションにダウングレードできます。 次の表に、ダウングレードの適格性の概要を示します。 7 Ultimate を使用するダウンWindowsはありません。

ダウングレードの適格性の概要を示します。

注意

複数Windows 8機能を持つユーザーは、7 Windows にダウングレードしたり、XP ProをWindows Pro。 これは、多言語機能は 7 言語版専用Windows、Enterpriseエディションでは使用Professionalです。

Microsoft ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) は、これらのバージョンのサポート ライフ サイクルの終わりWindowsバージョンへのダウンロード アクセスを提供します。

注意

VLSC ダウンロード ソフトウェア アクセスに加えて、すべてのボリューム ライセンスのお客様は、Microsoft リセラーを通じてライセンスされたソフトウェアの物理メディア (CD/DVD) コピーを購入する場合があります。

組織がダウングレード権限を使用して現在使用するライセンスを取得している以前の Microsoft 製品の物理メディア (CD/DVD) を合法的に取得した場合は、これらの以前のソフトウェア バージョンを自由に使用できます。