Sysprep /generalize の実行中に Sysprep コンピューター エラーを実行しようとするときに致命的なエラーが発生しました

この記事では、このオプションを使用して、システム準備ツール (Sysprep) を Windows 7 で実行できないという問題を解決 /generalize します。

適用対象:  Windows 7 Service Pack 1, Windows Server 2012 R2
元の KB 番号:   929828

現象

Sysprep を Windows 7 で実行しようとするときに、このオプションを使用すると、次のエラー メッセージ /generalize が表示されることがあります。

コンピューターを Sysprep しようとしている間に致命的なエラーが発生しました。

Setuperr.log ファイルには、次のような行が含まれている場合があります。

Error [0x0f0082] SYSPRP LaunchDll: Failure occurred while executing 'C:\Windows\System32\slc.dll, SLReArmWindows', returned error code -1073425657  
Error [0x0f0070] SYSPRP RunExternalDlls: An error occurred while running registry sysprep DLLs, halting sysprep execution. dwRet = -1073425657  
Error [0x0f00a8] SYSPRP WinMain: Hit failure while processing sysprep generalize providers; hr = 0xc004d307

注意

Setuperr.log ファイルは \Windows\System32\Sysprep\Panther フォルダーにあります。

原因

このエラーは、ソフトウェア ライセンス Windowsプログラムが 1 つのイメージで 3 回以上実行Windowsがあります。

解決方法

この問題を解決するには、イメージを再構築Windowsがあります。

回避策

この問題を回避するには、XML 応答ファイル (Unattend.xml) の設定を使用して、イメージをビルドするときに <SkipRearm> Rearm プロセスWindowsします。

次のテキストは、7 の XML 応答ファイルのWindowsです。

<settings pass="generalize">
    <component name="Microsoft-Windows-Security-SPP" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
        <SkipRearm>1</SkipRearm>
    </component>
</settings>

注意

実稼働環境でのコンピューターの展開に使用される最終的な無人ファイルから設定が削除 <SkipRearm> される必要があります。 実稼働環境にコンピューターを展開するために使用される無人ファイルから削除されない場合、KMS 現在のクライアント数は、ネットワークに追加される新しいクライアントでは <SkipRearm> 増加しません。

skipRearmMicrosoft-Windows-Security-Licensing-SLC コンポーネントのタグの詳細については、「SkipRearm」を参照してください

skipRearmMicrosoft-Windows-Security-SPP コンポーネントのタグの詳細については、「Microsoft-Windows-Security-SPP」を参照してください

詳細

ソフトウェア Windowsリアム プログラムは、Windowsシステムを元のライセンス状態に復元します。 ライセンス認証に関連するライセンスおよびレジストリ データはすべて削除またはリセットされます。 また、猶予期間タイマーはリセットされます。

7 で Rearm プロセスをWindows、次のいずれかの方法を使用します。

  • カスタム Sysprep /generalize イメージの作成に使用されるコンピューターでWindowsします。
  • 管理者特権でSlmgr.vbsスクリプトを実行します。 たとえば、実行します cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs -rearm

注意

Rearm プロセスを実行するには、管理資格情報が必要です。 Rearm プロセスは、1 つのイメージで最大 3 回Windowsできます。