イベント ID 7000 または 7026 は、システム を実行しているコンピューターのシステム ログにWindows

この記事では、イベント ID 7000 またはイベント ID 7026 が、実行中のコンピューターを起動した後にログに記録される問題についてWindows。

適用対象:  Windows 7 Service Pack 1, Windows Server 2012 R2
元の KB 番号:   933757

現象

イベント ID 7000 またはイベント ID 7026 は、次のいずれかのオペレーティング システムを実行しているコンピューターのシステム ログに記録されます。

  • Windows 7 Service Pack 1
  • Windows Server 2012 R2

この問題は、デバイスがコンピューターに接続されていないが、デバイスのドライバー サービスが有効になっている場合に発生する可能性があります。

回避策

重要

この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。 レジストリを変更する前に必ずレジストリのバックアップを作成してください。 また、問題が発生した場合に備えて、レジストリの復元方法を理解しておいてください。 レジストリをバックアップ、復元、および変更する方法の詳細については、「How to back up and restore the registry in Windows」 を参照してください

「現象」セクションの例で説明されている問題を回避するには、レジストリで Cdrom または Parport サービスを無効にして、エラーがログに記録されるのを停止します。

これを行うには、次のレジストリ サブキーの値を 3 (手動) または 4 (無効) に変更します。

  • レジストリ キー 1

    • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\cdrom
    • 名前: 開始
    • 種類: REG_DWORD
    • データ: 3 または 4
  • レジストリ キー 2

    • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\parport
    • 名前: 開始
    • 種類: REG_DWORD
    • データ: 3 または 4

注意

上記のレジストリが 4 (Disabled) に変更された場合、デバイスで使用されているドライバーが読み込まれないので、関連するデバイスは使用できません。 したがって、デバイスが将来使用される場合は、上記のレジストリを 3 (Manual) に設定する必要があります。