ユーザーがコンピューターベースのコンピューターにログオンした後、ログオン スクリプトWindows 8.1 5 分間実行しない

この記事では、ユーザーがコンピューターベースのコンピューターにログオンした後、ログオン スクリプトが 5 分間実行Windows 8.1解決策を提供します。

適用対象:  Windows 10 - すべてのエディション
元の KB 番号:   2895815

現象

ユーザーがコンピューターベースのコンピューターにログオンWindows 8.1、ログオン スクリプトは 5 分間実行されません。 この動作により、次の現象が発生します。

  • ログオン スクリプトによって実行される操作は、ユーザーがログオンした 5 分後Windows 8.1ベースのコンピューターで表示されない場合があります。

  • ログオン スクリプトによって利用可能になるリソースは、ユーザーがログオンした約 5 分後まで、Windows 8.1 ベースのコンピューター上のユーザーが利用できない場合があります。

原因

この動作は、ログオン スクリプトWindows 8.1制御する新しいグループ ポリシー設定[ログオン スクリプト遅延の構成] が含まれるためです。 このスクリプトは、次の場所に格納されます。

コンピューターの構成\管理用テンプレート\System\グループ ポリシー

ログオン スクリプト遅延の構成ポリシーの 既定値 の設定は [ 構成されていません] です。 ただし、グループ ポリシー クライアントの既定の動作では、ログオン スクリプトが実行される 5 分前に待機します。

5 分間の遅延の目標は、ユーザーベースのコンピューターでのユーザーのデスクトップの読み込みを高速化Windows 8.1です。

解決方法

ログオン スクリプトをユーザー ログオン時に遅延なく実行する場合は、[コンピューターの構成\管理用テンプレート\System\グループ ポリシー] の場所で 、[ログオン スクリプトの遅延の構成] 設定を [無効] に構成する必要があります。

グループ ポリシー クライアントがログオン スクリプトを実行するまで待機する時間を変更する場合は、[コンピューターの構成\管理用テンプレート\System\グループ ポリシー] の場所で [ログオン スクリプト遅延の構成] 設定を [有効] に構成する必要があります。 次に、[オプション] セクションで、分 を目的の 値に設定します。 入力できる最大値は 1,000 分です。

ポリシーを [有効]に設定し、時間を分で設定した後、グループ ポリシー クライアントは、ユーザー ログオン時にログオン スクリプトを実行する前に、指定した時間を待機します。 時間を 0 分で入力すると、設定は無効になり、グループ ポリシー クライアントはユーザー ログオン時にログオン スクリプトを遅延なく実行します。