gpedit.msc を開いた場合のエラー: 属性 displayName で参照されているリソース $(string id="Win7Only)' が見つかりませんでした

この記事では、gpedit.msc を開く際にエラー (Resource $(string id="Win7Only)' が属性 displayName で参照されませんでした) を受け取る問題の解決に役立つ情報を提供します。

元の製品バージョン:   Windows 10 バージョン 1803
元の KB 番号:   4292332

現象

ADML ファイルと ADMX ファイルを Windows 10 バージョン 1803 バージョンに更新するとします。 gpedit.msc を開こうとすると、次のエラーが表示されます。

属性 displayName で参照されているリソース $(string id="Win7Only)' が見つかりませんでした

エラー メッセージ 1

エラー メッセージ 2

原因

これは既知の問題です。 SearchOCR.ADML の Windows 10 バージョン 1803 バージョンには、テキストの更新プログラムがあります。 ただし、変更が行われたときに、この行は新しい ADML から切り取られたのです。

\<string id="Win7Only">Microsoft Windows 7 or later\</string>

解決方法

この問題を解決するには、次のリンクを使用して、更新された ADMX パッケージをダウンロードします。 次に、更新された SearchOCR.ADMX ファイルと SearchOCR.ADML ファイルを使用します。

Windows 10 April 2018 Update (1803) 用の管理用テンプレート (.admx)

回避策

この問題を回避するには、次の手順を実行します。

  1. 不足している文字列を SearchOCR.adml の 1803 バージョンに追加します。
  2. SearchOCR.admx の古い Windows 10 バージョン 1511 バージョンをシステムにコピーします。 このファイルは、Windows 10 バージョン 1511 以降、Windows 10 バージョン 1803 リリースまで更新されません。

SearchOCR.adml を更新するには、次の手順を実行します。

注意

これは、米国英語バージョン用です。 他の言語も同様の手順を使用します。

  1. フォルダー内のファイルを探 \path\PolicyDefinitions\en-US します。

  2. ファイルの編集を間違えた場合に備えて、SearchOCR.adml のバックアップ コピーを作成します。

  3. テキスト エディターでファイルを開きます。 (このオプションをnotepad.exe、[表示] メニューのステータス バーオン にする必要があります。

  4. 26 行目を見つける。

  5. 空白行を追加します。 行 26 は空白になります。

  6. 空白行 26 に、次のテキストを貼り付けます。

    \<string id="Win7Only">Microsoft Windows 7 or later\</string>

  7. ファイルを保存します。