グループ ポリシー オブジェクトを使用して指定したドライブを非表示にする

この記事では、グループ ポリシー オブジェクトを使用して指定したドライブを非表示にする方法について、いくつかの情報を提供します。

適用対象:  Windows 10 - すべてのエディション
元の KB 番号:   231289

概要

[グループ ポリシー オブジェクト] Windows、特定のドライブを非表示にできる [マイ コンピューターでこれらの指定したドライブを非表示にする] オプションがあります。 ただし、特定のドライブのみを非表示にし、他のドライブへのアクセスを保持する必要がある場合があります。

ドライブへのアクセスを制限するための 7 つの既定のオプションがあります。 既定のドメイン ポリシーまたは任意のカスタム グループ ポリシー オブジェクト (GPO) の System.adm ファイルを変更することで、他の制限を追加できます。 7 つの既定の選択は次のとおりです。

  • A、B、C、D ドライブのみを制限する
  • A ドライブ、B ドライブ、C ドライブのみを制限する
  • A ドライブと B ドライブのみを制限する
  • すべてのドライブを制限する
  • C ドライブのみを制限する
  • D ドライブのみを制限する
  • ドライブを制限しない

Microsoft では、System.adm ファイルを変更するのではなく、新しい .adm ファイルを作成し、この .adm を GPO にインポートすることをお勧めします。 その理由は、system.adm ファイルに変更を適用すると、Microsoft が Service Pack で system.adm ファイルの新しいバージョンをリリースすると、これらの変更が上書きされる可能性があるからです。

詳細情報

既定のドメイン ポリシーの System.adm ファイルの既定の場所は次の場所です。

%SystemRoot% \ Sysvol \ Sysvol \ <YourDomainName> \ Policies \ { 31B2F340-016D-11D2-945F-00C04FB984F9} \ Adm \ System.adm

これらのフォルダーの内容は、ファイル レプリケーション サービス (FRS) によってドメイン全体にレプリケートされます。

注意

Adm フォルダーとその内容は、既定のドメイン ポリシーが初めて読み込まれるまで設定されません。

7 つの既定値の 1 つについてこのポリシーを変更するには、次の点に注意してください。

  1. Microsoft 管理コンソールを起動します。 コンソールのメニューで、[スナップインの追加と削除] をクリックします。
  2. 既定のドメイン ポリシーのグループ ポリシー スナップインを追加します。 これを行うには、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) の選択を求めるメッセージが表示されたら、[参照] をクリックします。 既定の GPO はローカル コンピューターです。 他のドメイン パーティション (特に、組織単位) に GPO を追加することもできます。
  3. 次のセクションを開きます:ユーザー構成管理 用テンプレート 、Windowsコンポーネント、および Windows エクスプローラーです
  4. [マイ コンピューターで指定したドライブを非表示にする] をクリックします
  5. [マイ コンピューターで指定した ドライブを非表示にする] チェック ボックスをオンにします。
  6. ドロップダウン ボックスで適切なオプションをクリックします。

これらの設定では、選択したハード ディスクを表すアイコンが [マイ コンピューター]、[エクスプローラー]、Windows [マイ ネットワークの場所] から削除されます。 また、これらのドライブは、プログラムの [開く] ダイアログ ボックスには表示されません。

このポリシーは、フロッピー ディスク ドライブを含む特定のドライブを誤用から保護するように設計されています。 また、特定のドライブに自分の作業を保存するユーザーを指示するためにも使用できます。

このポリシーを使用するには、ドロップダウン ボックスでドライブまたはドライブの組み合わせを選択します。 すべてのドライブを表示する (なしを非表示にする) には、このポリシーを無効にするか、[ドライブを制限しない ] オプションをクリック します。

このポリシーでは、ユーザーが他のプログラムを使用してローカル ドライブやネットワーク ドライブにアクセスしたり、ディスク管理スナップインを使用してドライブの特性を表示および変更したりしません。

使用できる値は既定値のみです。 System.adm ファイルを編集すると、独自のカスタム値を追加できます。 これは、変更する System.adm の部分です。

POLICY !!NoDrives  
     EXPLAIN !!NoDrives_Help  
        PART !!NoDrivesDropdown DROPDOWNLIST NOSORT REQUIRED  
           VALUENAME "NoDrives"  
            ITEMLIST  
                  NAME !!ABOnly VALUE NUMERIC 3  
                  NAME !!COnly VALUE NUMERIC 4  
                  NAME !!DOnly VALUE NUMERIC 8  
                  NAME !!ABConly VALUE NUMERIC 7  
                  NAME !!ABCDOnly VALUE NUMERIC 15  
                  NAME !!ALLDrives VALUE NUMERIC 67108863  
                  ;low 26 bits on (1 bit per drive)  
                  NAME !!RestNoDrives VALUE NUMERIC 0 (Default)  
            END ITEMLIST  
        END PART  
      END POLICY

[strings]  
ABCDOnly="Restrict A, B, C and D drives only"  
ABConly="Restrict A, B and C drives only"  
ABOnly="Restrict A and B drives only"  
ALLDrives="Restrict all drives"  
COnly="Restrict C drive only"  
DOnly="Restrict D drive only"  
RestNoDrives="Do not restrict drives"  

[strings] セクションは、ドロップダウン ボックス内の実際の値の置換を表します。

このポリシーは、クライアント コンピューター上の指定されたドライブのみを表示します。 このポリシーに影響するレジストリ キーは、26 ビットバイナリ文字列に対応する 10 進数を使用し、各ビットはドライブ文字を表します。

11111111111111111111111111 ZYXWVUTSRQPONMLKJIHGFEDCBA

この構成は、10 進数67108863に対応し、すべてのドライブを非表示にしています。 ドライブ C を非表示にする場合は、3 番目に低いビットを 1 にし、バイナリ文字列を 10 進数に変換します。

チェック ボックスをオフにすると "NoDrives" エントリが完全に削除され、すべてのドライブが自動的に表示されるので、すべてのドライブを表示するオプションを作成する必要はありません。

ドライブの別の組み合わせを表示するためにこのポリシーを構成する場合は、適切なバイナリ文字列を作成し、10 進数に変換し、対応する [string] エントリを持つ ITEMLIST セクションに新しいエントリを追加します。 たとえば、ドライブ L、M、N、O を非表示にする場合は、次の文字列を作成します。

00000000000111100000000000 ZYXWVUTSRQPONMLKJIHGFEDCBA

をクリックし、10 進数に変換します。 このバイナリ文字列は、10 進数で 30720 に変換されます。 System.adm ファイルの [strings] セクションに次の行を追加します。

LMNO_Only="L、M、N、O ドライブのみを制限する"

上記の ITEMLIST セクションにこのエントリを追加し、System.adm ファイルを保存します。

NAME !!LMNO_Only数値 30720

これにより、ドライブ L、M、N、O のみを非表示にするドロップダウン ボックスに 8 番目のエントリが作成されます。 ドロップダウン ボックスに他の値を含めるには、このメソッドを使用します。 System.adm ファイルの変更されたセクションは、次のように表示されます。

POLICY !!NoDrives  
     EXPLAIN !!NoDrives_Help  
        PART !!NoDrivesDropdown DROPDOWNLIST NOSORT REQUIRED  
           VALUENAME "NoDrives"  
            ITEMLIST  
                  NAME !!ABOnly VALUE NUMERIC 3  
                  NAME !!COnly VALUE NUMERIC 4  
                  NAME !!DOnly VALUE NUMERIC 8  
                  NAME !!ABConly VALUE NUMERIC 7  
                  NAME !!ABCDOnly VALUE NUMERIC 15  
                  NAME !!ALLDrives VALUE NUMERIC 67108863  
                  ;low 26 bits on (1 bit per drive)  
                  NAME !!RestNoDrives VALUE NUMERIC 0 (Default)  
                              NAME !!LMNO_Only VALUE NUMERIC 30720  
            END ITEMLIST
       END PART  
     END POLICY

[strings]  
ABCDOnly="Restrict A, B, C and D drives only"  
ABConly="Restrict A, B and C drives only"  
ABOnly="Restrict A and B drives only"  
ALLDrives="Restrict all drives"  
COnly="Restrict C drive only"  
DOnly="Restrict D drive only"  
RestNoDrives="Do not restrict drives"  
LMNO_Only="Restrict L, M, N and O drives only"  

この [strings] セクションは、ドロップダウン ボックス内の実際の値の置換を表します。