ダイヤルアップ接続または VPN 接続のエラー コードの一覧

この記事では、ダイヤルアップ接続または VPN 接続を行う際に受け取る可能性があるエラー コードの一覧を示します。

適用対象:  Windows 10 - すべてのエディション、Windows Server 2012 R2
元の KB 番号:   824864

注意

900 より大きい番号を持つエラー コードは、2000 以降で実行されているルーティング サーバーとリモート アクセス サーバーに接続しようとしているWindows表示されます。

エラー コード

次の一覧には、ダイヤルアップ接続または VPN 接続のエラー コードが含まれています。

  • 600

    操作が保留中です。

  • 601

    ポート ハンドルが無効です。

  • 602

    ポートは既に開いている。

  • 603

    呼び出し元のバッファーが小さすぎます。

  • 604

    指定された情報が間違っています。

  • 605

    ポート情報を設定できません。

  • 606

    ポートが接続されていません。

  • 607

    イベントが無効です。

  • 608

    デバイスが存在しません。

  • 609

    デバイスの種類が存在しません。

  • 610

    バッファーが無効です。

  • 611

    ルートは使用できません。

  • 612

    ルートは割り当てられていない。

  • 613

    指定された圧縮が無効です。

  • 614

    バッファー外。

  • 615

    ポートが見つかりませんでした。

  • 616

    非同期要求が保留中です。

  • 617

    ポートまたはデバイスが既に切断されています。

  • 618

    ポートが開いていない。

  • 619

    ポートが切断されています。

  • 620

    エンドポイントはありません。

  • 621

    電話帳ファイルを開くことができません。

  • 622

    電話帳ファイルを読み込めない。

  • 623

  • 電話帳のエントリが見当たらできません。

  • 624

    電話帳ファイルを書き込めない。

  • 625

    電話帳に無効な情報が見つかりました。

  • 626

    文字列を読み込めない。

  • 627

    キーが見つからな

  • 628

    ポートが切断されました。

  • 629

    リモート コンピューターによってポートが切断されました。

  • 630

    ハードウェア障害が原因でポートが切断されました。

  • 631

    ユーザーによってポートが切断されました。

  • 632

    構造のサイズが正しくありません。

  • 633

    ポートが既に使用されているか、リモート アクセス ダイヤルアウト用に構成されていません。

  • 634

    リモート ネットワークにコンピューターを登録できません。

  • 635

    不明なエラーです。

  • 636

    間違ったデバイスがポートに接続されています。

  • 637

    文字列を変換する必要がありました。

  • 638

    要求がタイム アウトしました。

  • 639

    非同期ネットは使用できません。

  • 640

    NetBIOS エラーが発生しました。

  • 641

    サーバーは、クライアントをサポートするために必要な NetBIOS リソースを割り当てできません。

  • 642

    NetBIOS 名の 1 つがリモート ネットワークに既に登録されています。

  • 643

    サーバーのネットワーク アダプターが失敗しました。

  • 644

    ネットワーク メッセージ のポップアップは表示されません。

  • 645

    内部認証エラー。

  • 646

    この時点では、アカウントのログオンは許可されていません。

  • 647

    アカウントが無効になっています。

  • 648

    パスワードの有効期限が切れています。

  • 649

    アカウントにリモート アクセス許可が付与されていない。

  • 650

    リモート アクセス サーバーが応答しません。

  • 651

    モデム (または他の接続デバイス) がエラーを報告しました。

  • 652

    デバイスからの認識されていない応答。

  • 653

    デバイスで必要なマクロがデバイスに見つかりませんでした。[INF ファイル] セクション。

  • 654

    デバイス内のコマンドまたは応答。INF ファイル セクションは、未定義のマクロを参照します。

  • 655

    マクロ <message> がデバイスで見つかりませんでした。[INF ファイル] セクション。

  • 656

    デバイス <defaultoff> 内のマクロ 。INF ファイル セクションには、未定義のマクロが含まれている

  • 657

    デバイス 。INF ファイルを開くことができません。

  • 658

    デバイス内のデバイス名。INF ファイルまたはメディア .INIが長すぎます。

  • 659

    メディア ファイル.INIは、不明なデバイス名を参照します。

  • 660

    デバイス 。INF ファイルには、コマンドに対する応答はありません。

  • 661

    デバイス 。INF ファイルにコマンドがありません。

  • 662

    デバイスにリストされていないマクロを設定しようとした。[INF ファイル] セクション。

  • 663

    メディア ファイル.INIは、不明なデバイスの種類を参照します。

  • 664

    メモリを割り当てできません。

  • 665

    ポートはリモート アクセス用に構成されていません。

  • 666

    モデム (または他の接続デバイス) が機能していない。

  • 667

    メディア ファイルを読み.INIできません。

  • 668

    接続がドロップされました。

  • 669

    メディア ファイル内の usage パラメーター.INI無効です。

  • 670

    メディア ファイルからセクション名を読み取.INIできません。

  • 671

    メディア ファイルからデバイスの種類を読み取.INIできません。

  • 672

    メディア ファイルからデバイス名を読み取.INIできません。

  • 673

    メディア ファイルから使用状況を読み取.INIできません。

  • 674

    メディア ファイルから最大接続 BPS レートを読み取.INIできません。

  • 675

    メディア ファイルから最大キャリア BPS レートを読み取.INIできません。

  • 676

    回線がビジー状態です。

  • 677

    モデムの代わりに応答したユーザー。

  • 678

    答えはありません。

  • 679

    キャリアを検出できません。

  • 680

    ダイヤル トーンはありません。

  • 681

    デバイスによって報告される一般的なエラー。

  • 682

    SECTIONNAME の書き込みエラー

  • 683

    DEVICETYPE の書き込みエラー

  • 684

    DEVICENAME の書き込みエラー

  • 685

    MAXCONNECTBPS の書き込みエラー

  • 686

    MAXCARRIERBPS の書き込みエラー

  • 687

    エラー書き込み使用法

  • 688

    DEFAULTOFF の書き込みエラー

  • 689

    DEFAULTOFF の読み取りエラー

  • 690

    エラー空の INI ファイル

  • 691

    ユーザー名またはパスワードがドメインで無効なので、アクセスが拒否されました。

  • 692

    ポートまたは接続されたデバイスでのハードウェア障害。

  • 693

    エラーがバイナリ マクロではない

  • 694

    エラー DCB が見つかりません

  • 695

    エラー状態のコンピューターが開始されない

  • 696

    エラー状態のコンピューターが既に開始済み

  • 697

    エラーの部分的な応答のループ

  • 698

    デバイス内の応答キー名。INF ファイルは、予期される形式ではありません。

  • 699

    デバイス応答によってバッファー オーバーフローが発生しました。

  • 700

    デバイスで展開されたコマンドです。INF ファイルが長すぎます。

  • 701

    デバイスは、COM ドライバーでサポートされていない BPS レートに移動しました。

  • 702

    予期しない場合に受け取ったデバイス応答。

  • 703

    エラー 対話型モード

  • 704

    エラーのコールバック番号が間に合う

  • 705

    エラー AUTH の状態が無効です

  • 706

    INITBPS の書き込みエラー

  • 707

    X.25 診断表示。

  • 708

    アカウントの有効期限が切れています。

  • 709

    ドメインのパスワードの変更中にエラーが発生しました。

  • 710

    モデムとの通信中にシリアル オーバーラン エラーが検出されました。

  • 711

    RasMan の初期化エラー。 イベント ログを確認します。

  • 712

    Biplex ポートが初期化中です。 数秒待って、やり直します。

  • 713

    アクティブな ISDN 回線は使用できません。

  • 714

    呼び出しを行うのに十分な ISDN チャネルが使用できません。

  • 715

    電話回線の品質が悪く、エラーが多すぎます。

  • 716

    リモート アクセス IP 構成は使用できません。

  • 717

    リモート アクセス IP アドレスの静的プールで使用できる IP アドレスはありません。

  • 718

    PPP タイムアウト。

  • 719

    リモート コンピューターによって終了された PPP。

  • 720

    構成されている PPP 制御プロトコルはありません。

  • 721

    リモート PPP ピアが応答していない。

  • 722

    PPP パケットが無効です。

  • 723

    プレフィックスとサフィックスを含む電話番号が長すぎます。

  • 724

    コンピューターが IPX ルーターなので、IPX プロトコルはポートでダイヤルアウトできません。

  • 725

    IPX ルーターがインストールされていないので、IPX プロトコルはポートでダイヤルインできません。

  • 726

    IPX プロトコルは、一度に複数のポートでダイヤルアウトするために使用できません。

  • 727

    アクセスできないTCPCFG.DLL。

  • 728

    リモート アクセスにバインドされている IP アダプターが見当たらできません。

  • 729

    IP プロトコルがインストールされていない限り、SLIP は使用できません。

  • 730

    コンピューターの登録が完了していない。

  • 731

    プロトコルが構成されていません。

  • 732

    PPP ネゴシエーションが収束していない。

  • 733

    このネットワーク プロトコルの PPP 制御プロトコルは、サーバーでは使用できません。

  • 734

    PPP リンク制御プロトコルが終了しました。

  • 735

    要求されたアドレスは、サーバーによって拒否されました。

  • 736

    リモート コンピューターがコントロール プロトコルを終了しました。

  • 737

    ループバックが検出されました。

  • 738

    サーバーがアドレスを割り当てなかった。

  • 739

    リモート サーバーは、暗号化されたパスワードWindows NT使用できません。

  • 740

    リモート アクセス用に構成された TAPI デバイスの初期化に失敗するか、正しくインストールされませんでした。

  • 741

    ローカル コンピューターは暗号化をサポートしません。

  • 742

    リモート サーバーは暗号化をサポートしません。

  • 743

    リモート サーバーには暗号化が必要です。

  • 744

    リモート サーバーによって割り当てられた IPX ネット番号を使用できません。 イベント ログを確認します。

  • 745

    ERROR_INVALID_SMM

  • 746

    ERROR_SMM_UNINITIALIZED

  • 747

    ERROR_NO_MAC_FOR_PORT

  • 748

    ERROR_SMM_TIMEOUT

  • 749

    ERROR_BAD_PHONE_NUMBER

  • 750

    ERROR_WRONG_MODULE

  • 751

    コールバック番号に無効な文字が含まれている。 0 ~ 9、T、P、W、(、)、-、@、およびスペースの 18 文字のみを使用できます。

  • 752

    スクリプトの処理中に構文エラーが発生しました。

  • 753

    マルチプロトコル ルーターによって作成されたため、接続を切断できません。

  • 754

    システムがマルチリンク バンドルを見つけ出す方法が見つからなかった。

  • 755

    この接続にはカスタム ダイヤラーが指定されているので、システムは自動ダイヤルを実行できません。

  • 756

    この接続は既にダイヤルされています。

  • 757

    リモート Access Servicesを自動的に開始する必要があります。 追加情報は、イベント ログで提供されます。

  • 758

    インターネット接続の共有は、接続で既に有効になっています。

  • 759

    既存のインターネット接続共有設定が変更されている間にエラーが発生しました。

  • 760

    ルーティング機能が有効になっている間にエラーが発生しました。

  • 761

    インターネット接続の共有が接続で有効になっている間にエラーが発生しました。

  • 762

    ローカル ネットワークが共有用に構成されている間にエラーが発生しました。

  • 763

    インターネット接続の共有を有効にすることはできません。 共有する接続以外に複数の LAN 接続があります。

  • 764

    スマート カード リーダーがインストールされていません。

  • 765

    インターネット接続の共有を有効にすることはできません。 自動 IP アドレス指定に必要な IP アドレスを使用して LAN 接続が既に構成されています。

  • 766

    証明書が見つかりませんでした。 IPSec で L2TP プロトコルを使用する接続には、コンピューター証明書とも呼ばれるコンピューター証明書のインストールが必要です。

  • 767

    インターネット接続の共有を有効にすることはできません。 プライベート ネットワークとして選択された LAN 接続には、複数の IP アドレスが構成されています。 インターネット接続の共有を有効にする前に、単一の IP アドレスで LAN 接続を再構成します。

  • 768

    データを暗号化できなかったため、接続の試行に失敗しました。

  • 769

    指定した宛先に到達できません。

  • 770

    リモート コンピューターは接続の試行を拒否しました。

  • 771

    ネットワークがビジー状態のため、接続の試行に失敗しました。

  • 772

    リモート コンピューターのネットワーク ハードウェアは、要求された呼び出しの種類と互換性がありません。

  • 773

    接続の試行は、宛先番号が変更されたため失敗しました。

  • 774

    一時的なエラーが原因で接続の試行が失敗しました。 接続を再試行してください。

  • 775

    リモート コンピューターによって呼び出しがブロックされました。

  • 776

    リモート コンピューターが Do Not Disturb 機能を呼び出したため、呼び出しを接続できません。

  • 777

    モデム (またはリモート コンピューター上の他の接続デバイス) が故障のため、接続が失敗しました。

  • 778

    サーバーの ID を確認できません。

  • 779

    この接続を使用してダイヤルアウトするには、スマート カードを使用する必要があります。

  • 780

    試行された関数は、この接続に対して無効です。

  • 781

    接続には証明書が必要で、有効な証明書は見つかりませんでした。 詳細については、[詳細情報] または [ヘルプとサポート センター] をクリックして、このエラー番号を確認します。

  • 782

    インターネット接続の共有 (ICS とインターネット接続ファイアウォール (このコンピューターでルーティングとリモート アクセスが有効になっているため、ICF を有効にできません)。 ICS または ICF を有効にするには、まずルーティングとリモート アクセスを無効にします。 ルーティングとリモート アクセス、ICS、または ICF の詳細については、「ヘルプとサポート」を参照してください。

  • 783

    インターネット接続の共有を有効にすることはできません。 プライベート ネットワークとして選択された LAN 接続が存在しないか、ネットワークから切断されています。 インターネット接続の共有を有効にする前に、LAN アダプターが接続されていることを確認します。

  • 784

    スマート カード上のユーザー名とは異なるユーザー名を使用するように構成されている場合、ログオン時にこの接続を使用してダイヤルすることはできません。 ログオン時に使用する場合は、スマート カードでユーザー名を使用する構成を行う必要があります。

  • 785

    スマート カードを使用するように構成されていないので、ログオン時にこの接続を使用してダイヤルすることはできません。 ログオン時に使用する場合は、この接続のプロパティを編集して、スマート カードを使用する必要があります。

  • 786

    コンピューターにセキュリティ認証用の有効なコンピューター証明書がないので、L2TP 接続の試行が失敗しました。

  • 787

    セキュリティ層がリモート コンピューターを認証できなかったため、L2TP 接続の試行に失敗しました。

  • 788

    セキュリティ層がリモート コンピューターと互換性のあるパラメーターをネゴシエートできなかったため、L2TP 接続の試行に失敗しました。

  • 789

    リモート コンピューターとの最初のネゴシエーション中にセキュリティ層で処理エラーが発生したため、L2TP 接続の試行が失敗しました。

  • 790

    リモート コンピューターの証明書の検証が失敗したため、L2TP 接続の試行に失敗しました。

  • 791

    L2TP 接続の試行は、接続のセキュリティ ポリシーが見つからなかったため失敗しました。

  • 792

    セキュリティ ネゴシエーションがタイム アウトしたため、L2TP 接続の試行に失敗しました。

  • 793

    セキュリティのネゴシエート中にエラーが発生したため、L2TP 接続の試行に失敗しました。

  • 794

    このユーザーの Framed Protocol RADIUS 属性は、PPP ではありません。

  • 795

    このTunnelタイプ RADIUS 属性が正しくありません。

  • 796

    このユーザーのサービスの種類 RADIUS 属性は、Framed でもコールバック フレームでもありません。

  • 797

    モデムが見つからないか、ビジー状態だったため、リモート コンピューターへの接続が確立されませんでした。 詳細については、[詳細情報] または [ヘルプとサポート センター] をクリックして、このエラー番号を確認します。

  • 798

    この拡張可能認証プロトコルで使用できる証明書が見つかりませんでした。

  • 799

    インターネット接続の共有 (ネットワーク上の IP アドレスの競合により、ICS を有効にすることはできません。 ICS では、ホストが 192.168.0.1 を使用するように構成されている必要があります。 ネットワーク上の他のクライアントが 192.168.0.1 を使用するように構成されていることを確認します。

  • 800

    VPN 接続を確立できません。 VPN サーバーに到達できないか、セキュリティ パラメーターが正しく構成されていない可能性があります。

  • 801

    この接続は、アクセス サーバーの ID を検証するように構成されますが、Windowsによって送信されたデジタル証明書を確認することはできません。

  • 802

    指定されたカードが認識されませんでした。 カードが正しく挿入され、しっかりと収まるか確認します。

  • 803

    セッション Cookie に格納されている PEAP 構成が、現在のセッション構成と一致しません。

  • 804

    セッション Cookie に格納されている PEAP ID が現在の ID と一致しません。

  • 805

    ログオンユーザーの資格情報を使用するように構成されている場合、ログオン時にこの接続を使用してダイヤルすることはできません。

  • 900

    ルーターが実行されていない。

  • 901

    インターフェイスは既に接続されています。

  • 902

    指定されたプロトコル識別子がルーターに知られていません。

  • 903

    需要ダイヤル インターフェイス マネージャーが実行されていない。

  • 904

    この名前のインターフェイスは、既にルーターに登録されています。

  • 905

    この名前のインターフェイスは、ルーターに登録されていません。

  • 906

    インターフェイスが接続されていません。

  • 907

    指定したプロトコルが停止しています。

  • 908

    インターフェイスが接続されているので、削除できません。

  • 909

    インターフェイス資格情報が設定されていない。

  • 910

    このインターフェイスは、接続中です。

  • 911

    このインターフェイスのルーティング情報の更新は既に進行中です。

  • 912

    インターフェイスの構成が無効です。 リモート ルーター上の同じインターフェイスに接続されている別のインターフェイスが既に存在します。

  • 913

    リモート アクセス クライアントは、ルーター専用に予約されたポートを使用して接続を試みていました。

  • 914

    需要ダイヤル ルーターは、リモート アクセス クライアント専用に予約されたポートを使用して接続を試みた。

  • 915

    この名前のクライアント インターフェイスは既に存在し、現在接続されています。

  • 916

    インターフェイスが無効な状態です。

  • 917

    認証プロトコルはリモート ピアによって拒否されました。

  • 918

    使用できる認証プロトコルはありません。

  • 919

    リモート コンピューターは、構成された認証プロトコルを使用して認証を拒否しました。 回線が切断されました。

  • 920

    リモート アカウントにリモート アクセス許可が付与されていない。

  • 921

    リモート アカウントの有効期限が切れています。

  • 922

    リモート アカウントが無効になっています。

  • 923

    リモート アカウントは、この時点ではログオンできません。

  • 924

    ユーザー名および/またはパスワードがドメインで無効なので、リモート ピアへのアクセスが拒否されました。

  • 925

    この需要ダイヤル インターフェイスで使用できるルーティングが有効なポートはありません。

  • 926

    ポートが非アクティブのため切断されました。

  • 927

    現時点では、インターフェイスに到達できません。

  • 928

    需要ダイヤル サービスは一時停止状態です。

  • 929

    インターフェイスは管理者によって切断されています。

  • 930

    認証サーバーは、認証要求に対して、時に応じて応答しなかった。

  • 931

    マルチリンク接続で使用できるポートの最大数に達しました。

  • 932

    ユーザーの接続時間制限に達しました。

  • 933

    サポートされる LAN インターフェイスの最大数に達しました。

  • 934

    サポートされている需要ダイヤル インターフェイスの数の上限に達しました。

  • 935

    サポートされているリモート アクセス クライアントの数の上限に達しました。

  • 936

    BAP ポリシーが原因でポートが切断されました。

  • 937

    種類の別の接続が使用されている場合、受信接続は接続要求を受け入れできません。

  • 938

    ネットワーク上に RADIUS サーバーが見つからなかった。

  • 939

    RADIUS 認証サーバーから無効な応答が受信された。 RADIUS サーバーの大文字と小文字を区別するシークレット パスワードが正しく設定されていることを確認します。

  • 940

    現時点では、接続するアクセス許可を持つ必要があります。

  • 941

    現在のデバイスの種類を使用して接続するアクセス許可を持つ必要があります。

  • 942

    選択した認証プロトコルを使用して接続するアクセス許可を持つ必要があります。

  • 943

    このユーザーには BAP が必要です。

  • 944

    現時点では、インターフェイスの接続は許可されません。

  • 945

    保存されたルーター構成は、現在のルーターと互換性がありません。

  • 946

    RemoteAccess は、自動的に移行されない古い形式のユーザー アカウントを検出しました。 これらを手動で移行するには、XXXX を実行します。

  • 948

    トランスポートはルーターと一緒に既にインストールされています。

  • 949

    RADIUS サーバーからパケットで無効な署名の長さを受信しました。

  • 950

    RADIUS サーバーからパケットで無効な署名を受け取った。

  • 951

    RADIUS サーバーから EAPMessage と共に署名を受信しなかった。

  • 952

    RADIUS サーバーから長さまたは ID が無効なパケットを受信しました。

  • 953

    RADIUS サーバーから無効な長さの属性を持つ受信パケット。

  • 954

    RADIUS サーバーから無効なパケットを受信しました。

  • 955

    Authenticator RADIUS サーバーからのパケットでは一致しません。