Windows発行の問題が含まれている KB4041676 または KB4041691 の 10 月 10 日バージョンをインストールした後、デバイスの起動に失敗することがあります。

この記事では、10 月 10 日バージョンの KB4041676 または KB4041691 をインストールした後、Windows デバイスが起動しない可能性がある問題の回避策を提供します。

適用対象:  Windows Server 2016、Windows 10バージョン 1607、Windows 10 バージョン 1703
元の KB 番号:   4049094

概要

Microsoft は、WSUS/SCCM 管理対象デバイスの Windows 10 バージョン 1703 (KB4041676) およびバージョン 1607 (KB4041691)、および Windows Server 2016 (KB4041691) の 2017 年 10 月 10 日の月次セキュリティ更新プログラムに関する発行の問題を認識しています。 更新プログラム (ホーム デバイスとコンシューマー Windows) またはビジネス向け更新プログラムからWindows更新プログラムを直接ダウンロードするユーザーは影響を受け取る必要はありません。

10 月 10 日午後の発行の問題を修正し、累積的なセキュリティ更新プログラムを検証しました。 すべてのお客様がこれらの累積的なセキュリティ更新プログラムを利用することをお勧めします。

WSUS (WSUS) および SCCM (SCCM) Windows Server Update Servicesに影響を与える次System Center Configuration Manager報告があります。 以下のユーザーが報告したシナリオの軽減計画を以下に示します。

  1. PDT 10 年 10 月 10 日午後 4 時より前に 10 月 10 日の更新プログラム (KB4041676 または KB4041691) を同期した WSUS/SCCM 管理者は、これらの KB がキャッシュされている可能性があります。
  2. 10 月 10 日の KB4041676 または KB4041691 更新プログラムを発行の問題でダウンロードし、デバイスが保留中の再起動状態にある WSUS/SCCM 管理対象デバイス。
  3. 10 月 10 日の KB4041676 または KB4041691 更新プログラムをインストールし、起動できない、または回復画面に表示される可能性がある WSUS/SCCM 管理対象デバイス。

問題の詳細

シナリオ 1

KB4041676 または KB4041691 のデルタ パッケージ バージョンを同期した WSUS/SCCM 管理者は、PDT 10 年 10 月 10 日午後 4 時より前にこれらの KB をキャッシュしている可能性があります。

回避策

WSUS/SCCM 管理者は、発行の問題を自動的に解決するために更新プログラムを再スキャンする必要があります。 この問題は、10 月 10 日午後 4 時以降にスキャンされた WSUS 階層で既に解決されています。 アップストリーム サーバーとダウンストリーム サーバーの同期を確認します。

シナリオ 2

デルタ パッケージ バージョンの KB4041676 または KB4041691 をダウンロードしてステージ化したが、インストールするために再起動していない WSUS/SCCM 管理対象デバイス。

回避策

デバイスがデルタ パッケージ バージョンの KB4041676 または KB4041691 をダウンロードしてステージ化した場合、ユーザーは再起動後に起動に失敗する可能性があります。 システム管理者は、デバイスの管理コマンド プロンプトから次のコマンドを実行して、保留中の更新プログラムを削除できます。

@echo off

REM Stop all update related services
net stop usosvc
net stop wuauserv
net stop trustedinstaller

REM Delete pending.xml if it exists
takeown /f %windir%\winsxs\pending.xml >NUL 2>&1
icacls %windir%\winsxs\pending.xml /grant Everyone:F >NUL 2>&1
del %windir%\winsxs\pending.xml >NUL 2>&1

REM Modify the components hive
reg unload HKLM\Components >NUL 2>&1
reg load HKLM\ComponentsHive %windir%\system32\config\COMPONENTS
reg delete /f HKLM\ComponentsHive /v PendingXmlIdentifier >NUL 2>&1
reg delete /f HKLM\ComponentsHive /v PoqexecFailure >NUL 2>&1
reg delete /f HKLM\ComponentsHive /v ExecutionState >NUL 2>&1
reg delete /f HKLM\ComponentsHive /v RepairTransactionPended >NUL 2>&1
reg delete /f HKLM\ComponentsHive /v AIFailureInformation >NUL 2>&1
reg delete /f HKLM\ComponentsHive\Installers\RegKeySDTable /v Install >NUL 2>&1
reg delete /f HKLM\ComponentsHive\Installers\RegKeySDTable /v Uninstall >NUL 2>&1
reg delete /f HKLM\ComponentsHive\Installers\RegKeySDTable /v Uninstall >NUL 2>&1
reg unload HKLM\ComponentsHive

REM Stop Poqexec from running
reg delete /f HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SideBySide\Configuration /v DontRunPoqexecInSmss >NUL 2>&1
reg delete /f HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SideBySide\Configuration /v PoqexecCmdline >NUL 2>&1
reg delete /f "HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager" /v SETUPEXECUTE >NUL 2>&1
REG ADD "HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager" /v SETUPEXECUTE /t REG_MULTI_SZ /d \0 /f

dism /online /remove-package /PackageName:Package_for_RollupFix_Wrapper~31bf3856ad364e35~amd64~~15063.674.1.8 /norestart >NUL 2>&1
dism /online /remove-package /PackageName:Package_for_RollupFix_Wrapper~31bf3856ad364e35~x86~~15063.674.1.8 /norestart >NUL 2>&1
dism /online /remove-package /PackageName:Package_for_RollupFix_Wrapper~31bf3856ad364e35~amd64~~14393.1770.1.6 /norestart >NUL 2>&1
dism /online /remove-package /PackageName:Package_for_RollupFix_Wrapper~31bf3856ad364e35~x86~~14393.1770.1.6 /norestart >NUL 2>&1

シナリオ 3

デルタ パッケージ バージョンの KB4041676 または KB4041691 をインストールし、回復画面を起動または表示できない WSUS/SCCM 管理対象デバイス

回避策

重要

これらの手順は、起動に失敗したデバイスでのみ実行する必要があります。

  1. AC 電源に差し込み、デバイスをオンにします。

  2. デバイスの起動に失敗した場合Windowsデバイスの修復を試み、回復環境Windows 10入力します。 [自動 修復] 画面で [ 詳細オプション] を選択 します。

    自動修復

  3. [トラブルシューティング ] 、[ 高度なオプション] の順に 選択し、[システムの復元 ] を選択します。 KB4041676 または KB4041691 のインストール前に復元ポイントを使用できる場合は、システムの復元ウィザードを使用して以前の復元ポイントに復元します。 復元ポイントが存在しない場合は、[システムの復元] を閉 じて、次の手順に進みます。

  4. [トラブルシューティング ]、 次に[ 詳細オプション]、次に [コマンド プロンプト ]の順に選択します。 BitLocker 回復キーまたはユーザー名/パスワードを入力する必要があります。 ユーザー名/パスワードの入力を求めるメッセージが表示されたら、ローカル アカウントを入力する必要があります。 資格情報を持ってない場合は、多くのユーザーが回復ドライブを作成して使用 する必要があります

    詳細オプション

  5. コマンド プロンプト を起動した 後、次のコマンドを実行して、ソフトウェア レジストリ ハイブを読み込みます。

    reg load hklm\temp <drive letter for windows directory>\windows\system32\config\software
    

    :

    reg load hklm\temp c:\windows\system32\config\software
    
  6. 次のコマンドを実行して、SessionsPending レジストリ キーを削除します。 レジストリ値が存在しない場合は、次の手順に進みます。

    reg delete "HKLM\temp\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing\SessionsPending" /v Exclusive
    
  7. レジストリをアンロードするには、次のコマンドを実行します。

    reg unload HKLM\temp
    
  8. 保留中のすべての更新プログラムを一覧表示する次のコマンドを実行します。

    dism.exe /image:<drive letter for windows directory> /Get-Packages
    

    :

    dism.exe /image:c:\ /Get-Packages
    
  9. State = Install Pending の各パッケージに対して次のコマンドを実行します。

    dism.exe /image:<drive letter for windows directory> /remove-package /packagename:<package name>
    

    :

    dism.exe /image:c:\ /remove-package /packagename:Package_for_RollupFix_Wrapper~31bf3856ad365e35~amd64~~15063.674.1.8
    
    dism.exe /image:c:\ /remove-package /packagename:Package_for_RollupFix~31bf3856ad365e35~amd64~~15063.674.1.8
    
  10. コマンド プロンプトを 閉じ、[ 続行] をクリック して回復環境を終了します。

    [続行] ダイアログ