DLL を0x80070005して DLL を登録しようとするときに、エラーメッセージが表示Regsvr32.exe

この記事では、DLL を0x80070005して DLL を登録するときに発生するエラーの解決方法をRegsvr32.exe。

適用対象:  Windows 10 - すべてのエディション、Windows Server 2012 R2
元の KB 番号:   827659

現象

Regsrv32.exe コマンド ライン ツールを使用してダイナミック リンク ライブラリ (または DLL、または .dll ファイル) を登録すると、DLL は登録されません。次のエラー メッセージが表示されることがあります。

DllRegisterServer file_name.dll失敗しました。

戻りコードは次0x80070005

注意

この動作は、4.0 Windows NT 2000 ではWindowsしません。

原因

この動作は、標準ユーザー グループのメンバーであるアカウントなど、管理資格情報を持つアカウントを使用してログオンしている間に Regsrv32 を使用して DLL を登録しようとする場合に発生する可能性があります。 管理者資格情報を持つアカウントは、レジストリに書き込むか、System32 フォルダー内のファイルを変更できません。

この動作は、XP と Windows Server 2003 Windows以前のバージョンよりも制限の厳しいセキュリティ スキームを使用Windows発生します。 このスキームにより、標準ユーザーは DLL を登録できます。

注意

この動作により、標準ユーザーは標準ユーザーの ID を使用して DLL を自己登録するプログラムを実行できない場合があります。

解決方法

この動作を解決するには、管理者アカウントを使用してログオンし、DLL を登録します。

詳細情報

DLL がレジストリに書き込みまたは System32 フォルダー内のファイルを変更しない限り、管理資格情報を持つアカウントを使用して DLL を登録できます。