ボリューム シャドウ コピー サービスの復元操作を実行するときにエラー メッセージが表示される: 0x80042409

この記事では、Hyper-V ライターを使用する別のバックアップの進行中に仮想マシンを復元するときに発生する問題について説明します。

適用対象:  Windows Server 2012R2
元の KB 番号:   978773

現象

ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) バックアップまたは VSS 復元操作を実行します。 バックアップまたは復元の操作中に、次のようなイベントがアプリケーション ログに書き込まれます。

イベント ID: 12289

ボリューム シャドウ コピー サービス エラー: 予期しないエラー 以前のライター セッションの状態が削除されています。 . hr = 0x80042409、ライターの状態は 1 つ以上のライターでは使用できません。 書き込みプログラムが、使用可能なバックアップ復元セッション状態の数の制限に達している可能性があります。

操作: PreRestore イベント

コンテキスト:
古いスナップショット セット: {41379de8-f7e7-4c76-bb47-7f080443e189}
古い操作: 1019
古い状態: 5
古いエラー: 0x800423f4
古い拡張エラー時間: 0x1
古い拡張エラー メッセージ: 0
実行コンテキスト: ライター
Writer クラス ID: {66841cd4-6ded-4f4b-8f17-fd23f8ddc3de}
ライター名: VSS Microsoft Hyper-V VSS
ライター ライター インスタンス ID: {7eef8900-84b4-406e-a461-ce19e5e7ae7f}

原因

このエラーは、VSS ライターのバックアップまたは復元セッションの状態が正しくクリーンアップされない場合に発生します。 VSS ライター インフラストラクチャは、VSS ライターが参加するバックアップおよび復元セッションごとにセッション状態オブジェクトを作成します。 一般的な状況では、ライター セッション状態オブジェクトは、使用されていないときにクリーンアップされます。 通常のセッション状態のクリーンアップは、次の状況で行われます。

  • バックアップ アプリケーションは BackupComplete 応答を送信し、GatherWriterStatus を送信してライターの状態を確認します。

  • バックアップ アプリケーションは PostRestore 応答を送信し、GatherWriterStatus クエリを送信してライターの状態を確認します。

  • ライターは、セッションの OnAbort イベント コールバックを受け取る。 OnAbort イベント コールバックは、バックアップ アプリケーション、ライター、または VSS インフラストラクチャによってバックアップ セッションが明示的に失敗した場合に呼び出されます。

VSS ライター インフラストラクチャは、残りのセッション状態の定期的なガベージ コレクションを実行します。 その後、インフラストラクチャは、2 日以上前のセッション状態オブジェクトごとに前のイベント ログを記録します。 イベント ログは、動作の誤ったバックアップ アプリケーションを示す可能性のある、ライター内の放棄されたセッションを特定することを目的とします。 複数のライターから、一連の不完全なバックアップセッションまたは復元セッションが発生したと示す類似のイベントが複数連続して表示されます。 この動作は、テスト環境で最も頻繁に見られます。

回避策

このエラーの断続的な発生を無視します。 関連するイベントは、バックアップ操作または復元操作によって開始されたガベージ コレクション アクティビティに応答してログに記録されます。 ただし、これらのエラーは、アクティブなバックアップまたは復元セッションとは関係しません。 エラーが一貫して再現可能な場合は、バックアップ アプリケーション ベンダーがすべての VSS バックアップ セッションクリーンアップガイドラインに従っている必要があります。