Intel SSD D3-S4510 および Intel SSD D3-S4610 シリーズ 1.92 TB および 3.84 TB ドライブは、1,700 累積アイドル電源オン時間後に応答しなくなる

この記事では、Intel SSD D3-S4510 および Intel SSD D3-S4610 シリーズ 1.92 TB および 3.84 TB ドライブが、1,700 の累積アイドル電源オン時間後に応答しなくなるについて説明します。

適用対象:  WindowsServer 2019、Windows Server 2016
元の KB 番号:   4499612

現象

1.92 TB および 3.84 TB の容量の Intel SSD D3-S4510 および Intel SSD D3-S4610 シリーズ ドライブでは、ファームウェア リリース XCV10100 で NAND の "チャネル ハング" 状態が発生し、約 1,700 時間の累積アイドル電源オン時間後にドライブが応答しなくなる可能性があります。

この問題が、Windows Server 記憶域スペース (S2D) クラスターで発生すると、次の現象が発生する可能性があります。

  • ワークロードのパフォーマンスが低下します。
  • クラスター内の仮想ディスクの [操作状態] の値は[分離済み] または [冗長性なし] です。
  • 物理ディスクは、通信の紛失または IO エラーの状態を報告します。
  • ディスクが応答しない状態にある間にクラスター ノードが再起動された場合、物理ディスクは一時的なエラーの状態を報告します。

解決方法

NAND の "チャネル ハング" の問題は、2019 年 3 月現在の Intel ファームウェア (バージョン XCV10110) のメンテナンス リリース 1 (MR1) で現在取り上がっています。 ドライブが 1,700 累積アイドル状態の電源オン時間に達する前に、最新のファームウェアに更新することをお勧めします。

Intel SSD Data Center Tool を実行して、影響を受けるすべてのディスクをできるだけ早く検査し、推奨される修正アクションを実行します。 詳細については 、「Intel SSD Data Center Tool」を参照してください

次の MR1 ファームウェア バイナリは、デバイスに応じて、記憶域スペース Direct 自動ファームウェア更新方法と共に使用できます。

注意

アイドル状態の電源オン時間を駆動するカウンターや他の属性はありません。 アイドル状態の電源オン時間の近似値として SMART 09h (電源オン時間の駆動) を使用してください。 そのため、回復不能なデータ損失のリスクを回避するために、できるだけ早くファームウェアを更新してください。 新しい MR1 ファームウェアは、ファームウェアのアップグレード前に存在していた読み取り修正できないエラーを解決しません。 Intel は、MR1 ファームウェアをインストールして問題が正常に修正されたかどうかを識別するためのデータ センター ツール (DCT) をリリースしました。 このツールでは、考えられる次の手順も説明します。

DCT ツール スクリプトは、この Intel Web サイトで使用できます

詳細情報

これは、"適用先" セクションに記載されている Microsoft 製品に影響を与える可能性があるハードウェアの問題です。 Intel は問題の根本原因を特定し、"メンテナンス リリース 1" に基づくファームウェア バージョンで問題が解決されたと確認しました。

影響を受ける既知のハードウェア

1.92 TB および 3.84 TB 容量の Intel SSD D3-S4510 および Intel SSD D3-S4610 シリーズ ドライブに基づくハードウェア。

影響を受けない既知のハードウェア

  • 240 GB、480 GB、および 960 GB の容量の Intel SSD D3-S4510 および Intel SSD D3-S4610 シリーズ ドライブに基づくハードウェア。
  • Intel SSD DC S4500 および Intel SSD DC S4600 ファミリの SATA デバイスに基づくハードウェア。
  • Intel SSD DC P4500 および Intel SSD DC P4600 ファミリの NVMe デバイスに基づくハードウェア。

関連情報

記憶域スペース Direct (S2D) を使用してストレージ デバイスのファームウェアを自動で更新する方法の詳細については、次の Docs web サイトを参照してください。
Direct を使用したファームウェアの記憶域スペース更新

記憶域スペース Direct (S2D) を使用してストレージ デバイスのファームウェアを自動で更新する方法の詳細なビデオについては、次の Windows Server Channel Web サイトを参照してください。
ドライブ のファームウェアを更新する(ダイレクトのダウンタイム記憶域スペース)

サードパーティの情報に関する免責事項

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

サードパーティのお問い合わせ窓口に関する免責事項

Microsoft は、このトピックに関する追加情報を見つけるのに役立つサードパーティの連絡先情報を提供します。 将来予告なしに変更されることがあります。 Microsoft は、サードパーティの連絡先情報の正確性を保証するものではありません。