ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) の使いやすさの制限

この記事では、ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) の使いやすさ制限の回避策を提供します。

適用対象:  WindowsServer 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows 10 - すべてのエディション、Windows 7 Service Pack 1
元の KB 番号:   2967756

現象

クライアントまたはサーバー オペレーティング システムで次のいずれかの操作を実行すると、エラー メッセージが表示される場合や、エラー Windows気付Windows場合があります。

  • 64 テラバイト (TB) を超えるボリュームでボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) を有効にできます。
  • 64 TB を超える書き込み可能なスナップショットまたはスナップショットを作成します。
  • 64 TB を超えるボリューム上の共有フォルダーに対して VSS を有効にできます。
  • シャドウ コピーが有効になっている 64 TB を超えるボリュームでバックアップ操作を実行します。
  • 64 TB chkdsk.exeを超えるボリュームで、この値を実行します。

エラー メッセージには、次のものが含まれる場合があります。

  • STOP: 0x0000007E

  • ボリューム オブジェクトのシャドウ コピーを作成 < Drive_letter>。

  • エラー 0x80042306: シャドウ コピー プロバイダーにエラーが発生しました。 詳細については、System イベント ログと Application イベント ログを確認してください。

  • イベント ID: 12289。 エラー: 0x80070057。 パラメーターが正しくありません。

原因

この問題は、Microsoft が 64 TB を超えるボリュームで VSS をサポートしないので発生します。 また、64 TB を超える書き込み可能なスナップショットやスナップショットはサポートされていません。

回避策

この問題を回避するには、64 TB を超えるボリュームの "現象" セクションに記載されている操作を実行しません。

詳細

VSS の詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。
ボリューム シャドウ コピー サービス

ボリューム シャドウ コピー サービスの動作

シャドウ コピーのスケーラビリティ要因

共有フォルダーのシャドウ コピーのベスト プラクティス