Windows インストールのディスクの重複に関する Microsoft ポリシー

この記事では、SID と、Windows インストールを複製または複製するためのサポートされている方法について説明します。

適用対象:  Windows 10、バージョン 2004、Windows 10、バージョン 1909、Windows 10、バージョン 1903、Windows 10 Version 1809、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2
元の KB 番号:   314828

概要

複製またはイメージ化されたWindowsインストールを展開する場合は、イメージをキャプチャする前にシステム準備 (Sysprep) ツールを使用する必要があります。 Sysprep は、重複、監査、および顧客の配信のために Microsoft Windowsのインストールを準備します。 Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003 の場合、Sysprep は最新のサービス パック Deploy.cabに含まれています。 以降のバージョンのWindowsの場合、Sysprep はオペレーティング システムに含まれ、Sysprep はフォルダーに配置されます%windir%\system32\sysprep

詳細

Sysprep は、コンピューター SID などのWindowsからシステム固有のデータを削除する役割を担います。 Windowsのインストール中に、コンピューター SID が計算され、統計的に一意の 96 ビット番号が含まれます。 コンピューター SID は、コンピューターに作成されたユーザー アカウントとグループ アカウント SID のプレフィックスです。 コンピューター SID は、アカウントの相対 ID (RID) と連結され、アカウントの一意の識別子が作成されます。

次の例では、4 つのローカル ユーザー アカウントの SID を表示します。 新しいアカウントが追加されると、最後の 4 桁のみがインクリメントされます。

ローカル コンピューターでのHKEY_USERS

S-1-5-21-191058668-193157475-1542849698-500 Administrator S-1-5-21-191058668-193157475-1542849698-1000 User-S-1 1-5-21-191058668-193157475-1542849698-1001 User 2 S-1-5-21-191058668-193157475-154289698-1002 User3

推奨される手順を実行せずにインストールを複製または複製すると、SID が重複する可能性があります。 リムーバブル メディアの場合、アカウントの NTFS アクセス許可が特にそれらのファイルへのアクセスを拒否している場合でも、重複する SID によってファイルへのアクセス権がアカウントに付与される場合があります。 SID はコンピューターまたはドメインとユーザーの両方を識別するため、現在および将来のプログラムのサポートを維持するために一意の SID が必要です。 Windows 8またはWindows Server 2012のインストールを複製する場合に発生する可能性がある問題の詳細については、Windows 8と特定の情報のWindows Server 2012セクションを参照してください。

コンピューター SID に加えて、イメージを作成するには、他の多くのコンポーネントと機能をクリーンアップ、一般化、または特殊化する必要があります。 いくつかの例を次に示します。

  • イベント ログ
  • ネットワーク設定
  • Windows メディア プレーヤーの設定
  • シェル設定
  • ライセンス

注意

これは包括的なリストではありません。

Sysprep ユーティリティを使用して準備された次のオペレーティング システムをサポートし、次のイメージを作成します。

  • Windows NT Workstation 4.0
  • Windows NT Server 4.0 (プライマリ ドメイン コントローラーやバックアップ ドメイン コントローラーではなくスタンドアロン サーバー)
  • Windows 2000 Professional
  • Windows 2000 Server (DCPromo を実行する前にイメージする必要があります)
  • Windows 2000 Advanced Server
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Professional
  • Windows Server 2003 Standard Edition
  • Windows Server 2003 Datacenter Edition
  • Windows Server 2003 Enterprise Edition
  • Windows Server 2003 Web Edition
  • Windows Vista のすべてのバージョン
  • Windows Server 2008 のすべてのバージョン
  • Windows 7 のすべてのバージョン
  • Windows Server 2008 R2 のすべてのバージョン
  • すべてのバージョンのWindows 8
  • Windows Server 2012のすべてのバージョン
  • Windows 10のすべてのバージョン
  • Windows Server 2016のすべてのバージョン
  • Windows Server 2019 のすべてのバージョン
  • Windows Server 1903 のすべてのバージョン
  • Windows Server バージョン 1909 のすべてのバージョン

システム準備ツール以外の SID 複製ツールを使用してセットアップされたコンピューターのサポートは提供されません。 たとえば、これには次のものが含まれます。

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、 将来予告なしに変更されることがあります。 マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

注意

Sysprep を使用せずにイメージを作成した場合、コンピューターをコンプライアンスに戻す方法として、イメージを展開した後の Sysprep の実行はサポートされません。 Sysprep は、イメージのキャプチャ前に実行する必要があります。

特定の情報のWindows 8とWindows Server 2012

実行せずにsysprep.exe /generalizeWindows 8またはWindows Server 2012イメージまたは仮想マシンを複製し、物理コンピューターを稼働状態に保つか、コンピューターのバックアップを作成しますが、元のコンピューターを実行したままにしておくと、プッシュ通知が機能しない問題が発生する可能性があります。 たとえば、次の問題が発生する可能性があります。

  • インターネット接続が利用可能であっても、タイル、バッジ、トーストの通知は更新されません。
  • RAW 通知に依存するアプリは、期待どおりに動作しません。 たとえば、メール、予定表、メッセージングの機能が大幅に低下しています。
  • ローミングと家族の安全設定の変更を同期するには長い時間がかかります。 これらの問題を解決するには、次のいずれかの方法を使用します。
  • Sysprep /generalize コマンドを使用してコンピューターを構成し、イメージを展開します。
  • 既存のユーザー アカウントを新しいアカウントに置き換えます。 デバイス識別子は、ユーザー プロファイルの一部として格納されます。 コンピューターに追加される各新しい NTUser アカウントは、新しい識別子を受け取ります。

関連情報

Windows システム準備ツールの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。