一部の更新プログラムやプログラムを XP にWindowsできません

この記事では、いくつかの更新プログラムやプログラムのインストールを妨げるいくつかの問題を解決するために使用できる高度な手動メソッドを提供します。

適用対象:  Windows 10 - すべてのエディション、Windows Server 2012 R2
元の KB 番号:   822798

現象

ActiveX コントロールをダウンロードしたり、Windows または Windows コンポーネントに更新プログラムをインストールしたり、Windows または Windows コンポーネント用のサービス パックをインストールしたり、Microsoft またはサード パーティ製のソフトウェア プログラムをインストールしたりすると、次の 1 つ以上の現象が発生する可能性があります。

注意

これらの問題は、これらの 理由で発生する可能性があります

  • プログラムまたは更新プログラムをインストールしようとするときに、次のエラー メッセージが表示されます。

    デジタル署名が見つかりません
    Microsoft のデジタル署名は、ソフトウェアがテスト済みであり、Windows後にソフトウェアが変更されていないと確認します。
    インストールするソフトウェアには、Microsoft デジタル署名が含まれている必要があります。 したがって、このソフトウェアが正常に動作する保証はWindows。
    ソフトウェア パッケージの名前
    Microsoft のデジタル署名付きソフトウェアを検索する場合は、「Windows Web サイトを更新する」を参照して、利用可能なソフトウェアを http://update.microsoft.com 確認してください。
    インストールを続行しますか?

    [詳細情報] をクリックすると、次のメッセージが表示されます。

    Microsoft Windows
    インストールするソフトウェア パッケージの署名が無効です。 ソフトウェア パッケージが正しく署名されていません。

    最初のエラー メッセージ ダイアログ ボックスで [OK] をクリックすると、インストールが成功したというメッセージが表示されます。または次のエラー メッセージが表示されます。

    更新プログラム パッケージの名前
    ローカル のセキュリティ オプション設定が原因で暗号化操作に失敗しました。

  • 更新プログラムのインストールまたはサービス パックのインストールを試みていると、次のいずれかのエラー メッセージが表示されます。

    • エラー 1

      更新プログラム パッケージの名前
      セットアップでは、Update.inf ファイルの整合性を確認する必要があります。 このコンピューターで暗号化サービスが実行されている必要があります。

    • エラー 2

      カタログ ファイルのインストールに失敗しました。

    • エラー 3

      インストールするソフトウェアは、XP との互換性をWindowsロゴ テストに合格していないWindowsです。 (このテストが重要な理由を教えてください。
      このソフトウェアはインストールされません。 ただし、正しい形式ではないので、システム管理者に確認してください。

    • エラー 4

      インストールするソフトウェアは、このバージョンWindows互換性を確認するために、ロゴ テストに合格Windows。 (このテストが重要な理由を教えてください。

  • XP サービス パックをインストールWindows、次のようなエラー メッセージが表示されます。

    Service Pack 1 セットアップでは、ファイルの整合性を確認する必要があります。 このコンピューターで暗号化サービスが実行されている必要があります。

  • Microsoft Data Access Components (MDAC) 2.8 をインストールしようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

    INF インストールの失敗。 理由: タイムスタンプの署名または証明書を確認できませんでしたか、形式が正しく設定されていない。

  • %WINDIR%\System32\CatRoot2\Edb.log は、通常、ファイルが 1 MB 未満の場合でも 20 MB に増加する可能性があります。

  • Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトからパッケージをインストールすると、次のようなメッセージが表示されます。

    ソフトウェアは、ロゴ テストWindowsに合格していないので、インストールされません。

  • %systemroot%\Windowsupdate.log ファイルを調べると、次のいずれかのエラーのエントリが表示されます。

    • 0x80096001
    • 0x80096005
    • 0x80096010
    • 0x800B0001
    • 0x800B0003
    • 0x800B0004
    • 0x800B0109
    • 0x8007f0da
    • 0x8007f01e
  • XP ベースのコンピューターで Microsoft windows update をWindowsすると、更新プロセスが失敗し、エラー メッセージが表示0x8007f007されます。 これは、選択した更新プログラムの種類に関係なく発生する可能性があります。

  • Svcpack.log ファイルには、次のようなエントリが含まれている場合があります。

937.406: GetCatVersion: C:\WINDOWS\system32 \CatRoot { F750E6C3-38EE-11D1-85E5-00C04FC295EE}\Tmp.0.scw.cat エラー 0x57 937.437: GetCatVersion: エラー 0x80092004 940.344: InstallSingleCatalogFile Tmp.0.scw.cat: MyInstallCatalog が Tmp.0.scw.cat で失敗しました。error=0xfffffbfe。 940.344: DoInstallation:MyInstallCatalogFiles failed:STR_CATALOG_INSTALL_FAILED
955.125: UnRegisterSpuninstForRecovery、 SpRecoverCmdLine 値の削除に失敗しました。エラー 0x2
955.125: DoInstallation: 復元の登録spuninst.exeに失敗しました。
962.656: アンインストール プログラムの登録解除 -> Windows Server 2003 Service Pack, 0
962.656: カタログ ファイルのインストールに失敗しました。 1448.406: ユーザーに表示されるメッセージ: カタログ ファイルのインストールに失敗しました。
1448.406: ユーザー入力: OK
1448.406: Update.exeエラー コード = 0xf01e
1448.406: MSI カスタム Update.exeコンプライアンスのために、0x643コードがマスクされました。

原因

これらの問題は、次の状況で発生する可能性があります。

  • ログ ファイルまたはデータベースの破損は、%Systemroot%\System32\Catroot2 フォルダーに存在します。
  • 暗号化サービスが 無効に 設定されています
  • その他Windowsファイルが破損しているか、見つからない場合があります。
  • タイムスタンプの署名または証明書を確認できませんでしたか、形式が正しく設定されていない。
  • 非表示の属性は、%Windir% フォルダーまたはそのサブフォルダーの 1 つに設定されます。
  • [署名されていないドライバー 以外のインストール動作] グループ ポリシー設定 (Windows 2000 のみ)は、[インストールを許可しない] または [警告するが、インストールを許可する] に設定されています。またはポリシー バイナリ値が次のレジストリ キーの 0 に設定されていない。 HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Non-Driver Signing
  • [ 信頼できる発行元のロックダウン グループ ポリシーを有効にする] 設定がオンになっていて、信頼できる発行元の証明書ストアに適切な証明書を持つ必要があります。 このグループ ポリシー設定は、グループポリシー MMC スナップインの [ユーザー構成] の[Windows 設定] の [Internet Explorer メンテナンス] の [セキュリティ] の下の [Authenticode 設定] の下に位置します。
  • 6 SP1 Internet Explorerインストールし、823559 (MS03-023) セキュリティ更新プログラムがインストールされます。
  • ソフトウェア配布フォルダーが壊れています。

方法 1: Edb.log ファイルの名前を変更する

Edb.log ファイルの名前を変更し、もう一度プログラムのインストールを試みます。 Edb.log ファイルの名前を変更するには、次の手順を実行します。

  1. [ スタート] ボタン をクリックし 、[実行] をクリックし、[開く] ボックスに「cmd」 と入力、[OK] をクリックします

    注意

    Vista ベースWindowsコンピューターで、[スタート] をクリックし、[検索の開始]テキスト ボックスに 「cmd」 と入力し、[cmd.exe] を右クリックし、[管理者として実行] クリック します

  2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    ren %systemroot%\system32\catroot2\Edb.log *.tst
    

方法 2: 信頼できる発行元のロックダウンを一時的にオフにし、信頼できる発行元証明書ストアに適切な証明書をインストールする

引き続き [信頼できる発行元ロックダウン グループ ポリシーを有効にする] 設定を使用できますが、最初に適切な証明書を信頼できる発行元証明書ストアに追加する必要があります。 これを行うには、[信頼できる発行元ロックダウン グループ ポリシーを有効にする] 設定をオフにし、信頼できる発行元証明書ストアに適切な証明書をインストールしてから、[信頼できる発行元ロックダウン グループ ポリシーを有効にする] 設定をオンに戻します。 製品の更新プログラムに適した Microsoft Windowsおよび Microsoft Internet Explorerをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. インストールする Microsoft 製品の更新プログラムを、Microsoft ダウンロード センター、Windowsから、または Microsoft Update からダウンロードします。

    Microsoft ダウンロード センターから製品更新プログラムをダウンロードする方法の詳細については、「Online Services カタログから Microsoft サポート ファイルを取得する方法 」を参照してください

    Windows Update Catalog から製品更新プログラムをダウンロードする方法の詳細については、「Windows Update Catalog からドライバーと修正プログラムを含む更新プログラムをダウンロードする方法」を参照してください

  2. 製品更新プログラム パッケージを一時フォルダーに展開します。 これを行うコマンド ライン コマンドは、インストールしようとしている更新プログラムによって異なります。 更新プログラムに関連付けられている Microsoft サポート技術情報の記事を参照して、パッケージの抽出に使用する適切なコマンド ライン スイッチを確認します。 たとえば、XP のセキュリティ更新プログラム824146 C:\Windowsフォルダーに展開するには、次824146実行します Windowsxp-kb824146-x86-enu -x:c:\824146 。 C:\828750 フォルダーに Windows 828750 セキュリティ更新プログラムを抽出するには、 を実行します q828750.exe /c /t:c:\828750

  3. 手順 2 で 作成した一 時フォルダーの製品更新プログラム パッケージから KB 番号 .cat ファイルを右クリックし、[プロパティ] を クリックします

    注意

    KB Number.cat ファイルはサブフォルダーに存在する可能性があります。 たとえば、ファイルは C:\824146\sp1\update フォルダー、または C:\824146\sp2\update フォルダーにあります。

  4. [デジタル 署名] タブで 、デジタル署名をクリックし、[詳細] を クリックします

  5. [証明書 の表示] を クリックし、[証明書のインストール ] をクリックします

  6. [次 へ] を クリックして、 証明書のインポート ウィザードを開始 します。

  7. [すべての 証明書を次のストアに配置する] をクリックし、[参照] を クリックします

  8. [信頼 できる発行元] をクリック、[OK] をクリックします

  9. [次 へ] をクリックし、[ 完了] をクリックし 、[OK] をクリックします

方法 3: 証明書パス内のすべての証明書の状態を確認し、不足している証明書または破損した証明書を別のコンピューターからインポートする

製品の更新プログラムまたは製品更新プログラムのWindowsパスInternet Explorer確認するには、次の手順を実行します。

手順 1: Microsoft 証明書を確認する

  1. Internet Explorer で、[ツール] をクリックし、[インターネット オプション] をクリックします。

  2. [コンテンツ] タブで 、[証明書] をクリックします

  3. [信頼された ルート証明機関] タブ、[Microsoft ルート証明機関] をダブルクリックします。 この証明書が見つからない場合は、手順 2 に進みます。

  4. [全般 ] タブ で、[有効開始日] が 1/10/1997 ~ 12/31/2020 である必要があります。

  5. [証明書の パス] タブ で、[証明書の状態] の下に [この証明書が OK]表示されるのを確認します

  6. [OK] をクリックし 、[NO LIABILITY ACCEPTED 証明書] をダブルクリック します。

  7. [全般 ] タブ で、[有効開始日] が 1997 年 5 月 11 日から 2004 年 1 月 7 日までである必要があります。

  8. [証明書の パス] タブで、この証明書の有効期限が切れているか、まだ有効でないか、または [証明書の状態] の下に [OK]表示 されます。

    注意

    この証明書の有効期限は切れていますが、証明書は引き続き動作します。 証明書が見つからないか失効している場合、オペレーティング システムが正しく動作しない場合があります。 詳細については、「必須の信頼 できるルート証明書」を参照してください

  9. [OK] をクリックし 、GTE CyberTrust ルート証明書をダブルクリック します。 同じ名前の証明書が複数ある場合があります。 有効期限が 2006 年 2 月 23 日の証明書を確認します。

  10. [全般 ] タブ で、[有効開始日] が 1996 年 2 月 23 日から 2006 年 2 月 23 日までである必要があります。

  11. [証明書の パス] タブ で、[証明書の状態] の下に [この証明書が OK]表示されるのを確認します

    注意

    この証明書の有効期限は切れていますが、証明書は引き続き動作します。 証明書が見つからないか失効している場合、オペレーティング システムが正しく動作しない場合があります。

  12. [OK] をクリックし、[解凍タイムスタンプ CA] をダブルクリックします

  13. [全般 ] タブ で、[有効開始日] が 1996 年 12 月 31 日から 2020 年 12 月 31 日までである必要があります。

  14. [証明書の パス] タブ で、[証明書の状態] の下に [この証明書が OK]表示されるのを確認します

手順 2: 不足している証明書または破損した証明書をインポートする

これらの証明書の 1 つ以上が見つからないか破損している場合は、不足している証明書または破損した証明書を別のコンピューターにエクスポートし、コンピューターに証明書をインストールします。 別のコンピューターで証明書をエクスポートするには、次の手順を実行します。

  1. Internet Explorer で、[ツール] をクリックし、[インターネット オプション] をクリックします。
  2. [コンテンツ] タブで 、[証明書] をクリックします
  3. [信頼 されたルート証明機関] タブ で、エクスポートする証明書をクリックします。
  4. [ エクスポート] をクリックし、指示に従って証明書を DER エンコードバイナリ x.509() としてエクスポートします。CER) ファイル。
  5. 証明書ファイルをエクスポートした後、それをインポートするコンピューターにコピーします。
  6. 証明書をインポートするコンピューターで、証明書をダブルクリックします。
  7. [証明書 のインストール] を クリックし、[次へ] を クリックします
  8. [ 完了]、[ OK] の順にクリックします。

方法 4: 一時ファイルを消去し、修正プログラムのインストールまたはサービス パックのインストールを再開する

一時ファイルをクリアし、修正プログラムのインストールまたはサービス パックのインストールを再開するには、次の手順を実行します。

  1. [**スタート] ボタン、[**ファイル名を指定して実行] をクリックし 、「cmd」 と入力し 、[OK] をクリックします

  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。 コマンドごとに Enter キーを押します。

    net stop cryptsvc
    ren %systemroot%\System32\Catroot2 oldcatroot2
    net start cryptsvc
    exit
    
  3. 次のフォルダー内のすべての tmp*.cat ファイルを削除します。

    • %systemroot% \system32\CatRoot { 127D0A1D-4EF2-11D1-8608-00C04FC295EE}
    • %systemroot% \system32\CatRoot { F750E6C3-38EE-11D1-85E5-00C04FC295EE}

    tmp で始まるファイル がこの フォルダーに存在しない場合は、他のファイルを削除しません。 このフォルダー内の .cat ファイルは、修正プログラムとサービス パックをインストールするために必要です。

    重要

    Catroot フォルダーの名前を変更しない。 Catroot2 フォルダーは、Windowsによって自動的に再作成されますが、Catroot フォルダーの名前が変更された場合、Catroot フォルダーは再作成されません。

  4. すべての oem を削除します %systemroot% \inf フォルダーのファイル。

  5. 失敗した修正プログラムのインストールまたはサービス パックのインストールを再起動します。

方法 5: ソフトウェア配布フォルダーを空にする

  1. [スタート][ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、「services.msc」と入力して [OK] をクリックします。

    注意

    Vista ベースWindowsコンピューターで、[スタート] をクリックし、[検索の開始] ボックスに 「services.msc」と入力し、[services.msc] を右クリックし、[管理者として実行] をクリック します

  2. [サービス (ローカル)] ウィンドウで、[自動更新] を右クリック 、[停止] を クリックします

  3. [サービス] (ローカル) ウィンドウを最小化します。

  4. 配布フォルダーのすべてのコンテンツをWindowsし、それらを削除します。

    注意

    既定では、Windows配布フォルダーはドライブ :\Windows\SoftwareDistribution フォルダーにあります。 この場所では、ドライブ は、ドライブがインストールされているドライブWindowsです。

  5. 配布フォルダーが空Windowsし、サービス (ローカル) ウィンドウを最大化します。

  6. [サービス (ローカル)] ウィンドウで、[自動更新] を右クリック 、[スタート] を クリックします

  7. コンピューターを再起動し、もう一度更新Windows実行します。

方法 6: 一時アップグレードを実行する

これらすべての方法で問題が解決しない場合は、インプレイス アップグレードを実行する必要があります。