ボリューム ライセンスプロダクト キーを変更する方法

この記事では、ボリューム ライセンスプロダクト キーを変更する方法について説明します。

適用対象:  Windows Server 2012R2、Windows 10 - すべてのエディション
元の KB 番号:   328874

はじめに

警告

この記事の手順は、ボリューム ライセンス メディアでのみ有効です。 OEM メディアまたはリテール メディアでこれらの手順を試した場合、プロダクト キーは変更されません。

XP またはサーバー 2003 WindowsインストールWindows、メディアがプロダクト キーと一致している必要があります。 つまり、チャネル (MSDN、リテール、OEM、ボリューム ライセンスなど)、SKU (Windows XP Professional、Windows XP Home Edition など)、および言語 (英語、フランス語など) はプロダクト キーとメディアの間で一致している必要があります。 プロダクト キーを正常に入力するために必要です。 インストール メディアがプロダクト キーと一致しない場合は、次のエラー メッセージが表示されます。

プロダクト キーが無効です。

複数のコンピューター (ボリューム ライセンス インストール) に Windows XP を展開するために "漏洩" プロダクト キー (一般公開されているプロダクト キー) を使用する場合は、Windows XP Service Pack 1 (SP1) 以降のバージョンの Windows XP をインストールしたり、Windows Update Web サイトから更新プログラムを自動的に取得したりできない可能性があります。 たとえば、XP SP1 以降のバージョンの XP をインストールすると、次Windowsエラー メッセージが表示Windowsがあります。

インストールに使用するプロダクト キー Windows無効です。 有効なプロダクト キーを入手するには、直ちにシステム管理者または販売店にお問い合わせください。 また、海賊版 Microsoft ソフトウェアを購入したと思う場合は、電子メールで Microsoft Corporation の海賊対策チーム piracy@microsoft.com に連絡することができます。 Microsoft 海賊対策チームに送信する個人情報は、厳重な信頼を保つ必要があります。

この記事は、高度なコンピューター ユーザーを対象とします。 この記事を最初に印刷すると、手順に従う方が簡単になる場合があります。

詳細

前提条件

この記事の情報を使用するには、有効なプロダクト キーが必要です。 有効なプロダクト キーを取得するには、次のリンクをクリックして Microsoft ボリューム ライセンス サービス センターに問い合わせください。
https://www.microsoft.com/licensing/servicecenter/home.aspx

ボリューム ライセンスプロダクト キーを変更する手順

この記事では、ボリューム ライセンスのインストール後に XP プロダクト Windowsを変更して問題を解決する方法について 2 つの方法について説明します。 1 つのメソッドは、Windows アクティブ化ウィザードのグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) を使用し、もう 1 つのメソッドでは、WINDOWS 管理インストルメンテーション (WMI) スクリプトを使用します。 ライセンス認証ウィザードメソッドの方が簡単です。 ただし、複数のコンピューターのプロダクト キーを変更する必要がある場合は、スクリプト メソッドの方が適しています。

方法 1: ライセンス認証ウィザードを使用する

重要

このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 保護を強化するため、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 こうしておけば、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示します。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
変更するボリューム ライセンスプロダクト キーがわずかの場合は、ライセンス認証ウィザードを使用できます。

注意

次の手順を実行する前に、System Restore を実行して新しい復元ポイントを作成することをお勧めします。

非アクティブ化Windows
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [開く ] ボックス に「regedit」と入力し 、[OK] をクリックします

  3. ナビゲーション ウィンドウで、次のレジストリ キーを見つけてクリックします。 HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\WPAEvents

  4. トピック ウィンドウで 、[OOBETimer] を右クリックし、[変更] を クリックします

  5. この値の少なくとも 1 桁を変更して、この値を非アクティブWindows。

新しいプロダクト Windowsを再アクティブ化して追加する
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [開く ] ボックス に次のコマンドを入力し 、[OK] をクリックします
    %systemroot%\system32\oobe\msoobe.exe /a

  3. [はい] をクリック し、顧客サービス担当者に電話してサービスをアクティブ化Windows、[次へ] を クリックします

  4. [プロダクト キーの変更] をクリックします

  5. [新しいキー] ボックスに新しいプロダクト キー 入力し、[更新] を クリックします

    前のウィンドウに戻った場合は、[後で通知する] を クリックし、 コンピューターを再起動します。

  6. 手順 1 と 2 を繰り返して、Windows確認します。 次のメッセージが表示されます:Windowsアクティブ化されています。 [OK] をクリックして終了します。

  7. [OK] をクリックします。

  8. XP Windows 1a 以降のバージョンの XP をインストールWindowsします。

XP SP1 または XP Windows以降Windowsインストールした後で、Windowsを再起動できない場合は、次の手順を実行します。

  1. コンピューターを再起動し、[詳細設定] メニューが表示されるまで F8 Windowsを開始します。
  2. メニューから [最後の既知の良好な構成 ] を選択し、Enter キーを押します。 このオプションは、以前Windows構成を使用して開始します。
  3. 手順 1 ~ 8 を繰り返します。"Windowsプロダクト キーを追加する" をクリックします。

SP1 以降のバージョンの XP をインストールして、Windowsを再起動Windows、問題を解決しました。 問題が解決していない場合は、方法 2 を試すか、「次の手順」セクションを参照して、その他のトラブルシューティング リソースを確認してください。

方法 2: スクリプトを使用する

複数のコンピューターのプロダクト キーを変更する必要がある場合は、この方法をお勧めします。 ボリューム ライセンスプロダクト キーを変更する WMI スクリプトを作成し、スタートアップ スクリプトにこのスクリプトを展開できます。

このセクションChangeVLKey2600.vbsサンプル のスクリプトとサンプル ChangeVLKeySP1 スクリプトでは、単一の引数として入力する新しいボリューム ライセンス キーを使用します。 これは、5 部構成の英数字形式です。

Windows XP SP1 以降のバージョンの Windows XP を実行していない Windows XP ベースのコンピューターで ChangeVLKey2600.vbs スクリプトを使用し、Windows XP SP1 以降のバージョンの Windows XP を実行している Windows XP ベースのコンピューターで ChangeVLKeySP1.vbs スクリプトを使用することをお勧めします。 これらのスクリプトは、次の機能を実行します。

  • 5 部構成の英数字プロダクト キーからハイフン文字 (-) を削除します。
  • クラスのインスタンスを作成win32_WindowsProductActivationします。
  • 新しいボリューム ライセンスプロダクト キーを使用して SetProductKey メソッドを呼び出します。 次のサンプル スクリプトのいずれかを使用するバッチ ファイルまたは cmd ファイルを、新しいプロダクト キーと共に引数として作成できます。

スタートアップ スクリプトの一部として展開するか、コマンド ラインから実行して、1 台のコンピューターでプロダクト キーを変更できます。

プロダクト キーをスクリプト化する方法の詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。
https://technet.microsoft.com/library/bb457096.aspx

ChangeVLKeySP1.vbs
'  
' WMI Script - ChangeVLKey.vbs  
'  
' This script changes the product key on the computer  
'  
'***************************************************************************  
ON ERROR RESUME NEXT  

if Wscript.arguments.count<1 then  
   Wscript.echo "Script can't run without VolumeProductKey argument"  
   Wscript.echo "Correct usage: Cscript ChangeVLKey.vbs ABCDE-FGHIJ-KLMNO-PRSTU-WYQZX"  
   Wscript.quit  
end if  

Dim VOL_PROD_KEY  
VOL_PROD_KEY = Wscript.arguments.Item(0)  
VOL_PROD_KEY = Replace(VOL_PROD_KEY,"-","")'remove hyphens if any  

for each Obj in GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}").InstancesOf ("win32_WindowsProductActivation")  
   result = Obj.SetProductKey (VOL_PROD_KEY)  
   if err <> 0 then  
      WScript.Echo Err.Description, "0x" & Hex(Err.Number)  
      Err.Clear  
   end if  
Next
ChangeVLKey2600.vbs
'  
' WMI Script - ChangeVLKey.vbs  
'  
' This script changes the product key on the computer  
'  
'***************************************************************************  
ON ERROR RESUME NEXT  
if Wscript.arguments.count<1 then  
   Wscript.echo "Script can't run without VolumeProductKey argument"  
   Wscript.echo "Correct usage: Cscript ChangeVLKey.vbs ABCDE-FGHIJ-KLMNO-PRSTU-WYQZX"  
   Wscript.quit  
end if  

Dim VOL_PROD_KEY  
VOL_PROD_KEY = Wscript.arguments.Item(0)  
VOL_PROD_KEY = Replace(VOL_PROD_KEY,"-","")'remove hyphens if any  
Dim WshShell  
Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")  
WshShell.RegDelete "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\WPAEvents\OOBETimer" 'delete OOBETimer registry value  
for each Obj in GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}").InstancesOf ("win32_WindowsProductActivation")  

   result = Obj.SetProductKey (VOL_PROD_KEY)  
   if err <> 0 then  
      WScript.Echo Err.Description, "0x" & Hex(Err.Number)  
      Err.Clear  
   end if  

Next

次の例は、コマンド ラインから ChangeVLKeySP1.vbsスクリプトを使用する方法を示しています。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [ 開く ] ボックスに、次のコマンドを入力します 。AB123-123AB-AB123-123AB-AB123 は、使用する新しいプロダクト キーであり 、[OK] をクリックします。
    c:\changevlkeysp1.vbs ab123-123ab-ab123-123ab-ab123