R2 と R2 の AppX クリーンアップメンテナンス タスクに影響する既知Windows 8.1問題Windows Server 2012。

この記事では、AppX クリーンアップメンテナンス タスクに関連する既知の問題に対する解決策を提供します。

適用対象:  Windows 8.1、Windows Server 2012 R2
元の KB 番号:   2928948

はじめに

Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 をインストールした後、60 分のコンピューター使用後に 15 分のコンピューター アイドル時間が続いた後に、事前に設定された AppX クリーンアップメンテナンス タスクが実行されます。 このスケジュールされたメンテナンス タスクは、インストール プロセスの完了後にWindows回復します。 これを行うには、現在のユーザー アカウントで現在使用されていない言語、スケール、および DirectX 機能レベル (DXFL) に基づいて App Package (.appx) リソース パックが削除されます。

現象

この AppX クリーンアップメンテナンス タスクの後に Sysprep を実行すると、C:\Windows\System32\Sysprep フォルダーの Setupact ログに次の警告メッセージが記録されます。

<Date>、警告 SYSPRP 領域の選択を再び実行できません。一部のファイルとレジストリ キーは <Time> 回復できなくなりました。

<Date><Time>、Info SYSPRP Exiting SysprepGeneralize (Appx)。

このイメージをキャプチャして展開すると、エンド ユーザーに次の現象が発生する可能性があります。

  • 最新のアプリの表示スケールが使用されます (低 DPI ディスプレイではなく、高 DPI 表示)。
  • 追加の言語パックがインストールされている場合、一部の最新のアプリでは正しくない表示言語が使用されます。

注意

この状況では、最新のアプリは引き続き機能します。 ただし、コンピューターに必要なリソースが必要ない場合があります。

原因

この問題は、リソース パックが削除された場合に発生します。

回避策

この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を使用します。

回避策 1

展開用のイメージを作成する場合は、最初のログオン後 75 分以内に Sysprep を実行Windows 8.1 R2 Windows Server 2012します。 これを行えない場合は、回避策 2 を試してください。

回避策 2

最初のログオン直後にメンテナンス タスクを無効にします。 メンテナンス タスクを自動的に無効にするには、管理者特権でコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

Schtasks.exe /change /disable /tn "\Microsoft\Windows\AppxDeploymentClient\Pre-staged app cleanup"

Configuration Manager ビルド アンド キャプチャ タスク シーケンスの一部としてメンテナンス タスクを自動的に無効にするには、"セットアップ Windows と Configuration Manager" ステップの直後に新しい "コマンド ラインの実行" ステップを挿入します。 この新しい手順では、次のコマンドを使用します。

Schtasks.exe /change /disable /tn "\Microsoft\Windows\AppxDeploymentClient\Pre-staged app cleanup"

注意

この新しい手順は、R2 上で Sysprep を実行しているタスク Windows 8.1にWindows Server 2012します。 Windows Sysprep の一般化フェーズ中にメンテナンス タスクが自動的に再び有効になります。

回避策 3

展開用のイメージを作成する場合は、SysprepGeneralize を実行する前に、Sysprep Audit モードでコンピューターを起動して構成を変更してから、「現象」セクションに記載されているイメージをキャプチャします。

注意

監査モードでは、スケジュールされたタスクは実行されません。

回避策 4

ストアの自動更新プロセスが実行されるのを 24 時間待機します。 または、ストアの更新プログラムを手動で検索します。

[現象] セクションに記載されているイメージを、削除されたリソース パッケージの一部が必要なコンピューターに展開すると、コンピューターにログインするユーザーが Microsoft Store にアクセスできる場合、必要なリソースが自動的に更新されます。 この更新プログラムは、Sysprep が使用された後の最初のログオンの 24 時間後に、接続Microsoft Store発生します。 自動更新プログラムを無効にするグループ ポリシー Microsoft Storeがあります。 この設定では、不足しているリソース パックが復元されません。 リソース パックが見つからない場合は、コンピューターに適用可能なリソース Microsoft Store更新するために、ユーザーにアクセス権を持っている必要があります。

状態

この動作は仕様です。

詳細

メンテナンス タスクを削除した場合、リソースは削除されません。タスクは実行されません。 インストール後にメンテナンス タスクを使用できないので、リソースは常にコンピューター上のディスク領域を使用します。