サーバー ファイル サーバーの新しい SMB 3.0 Windows機能

この記事では、サーバー メッセージ ブロック (SMB) 3.0 プロトコルの新機能について説明します。

適用対象:  Windows 8.1 - すべてのエディション、Windows Server 2012 R2 以降のバージョンWindows
元の KB 番号:   2709568

概要

Windowsサーバーでは、新しいサーバー メッセージ ブロック (SMB) ファイル サーバー機能が導入されています。 これらの新機能を利用するには、SMB クライアントと SMB サーバーが SMB 3.0 をサポートする必要があります。

SMB 2.x プロトコルは、サーバー 2008 Windows Vista でWindowsされました。

SMB 3.0 プロトコルは、Windows Server 2012およびWindows 8。

ファイル サーバーで導入された新しい SMB Windows機能

  • SMB 透過フェールオーバー
  • SMB スケール アウト
  • SMB マルチチャネル
  • SMB ダイレクト
  • SMB 暗号化
  • SMB ファイル共有のための VSS
  • SMB ディレクトリ リース
  • SMB PowerShell

SMB 透過フェールオーバー

SMB クライアントと SMB サーバーの両方が SMB 3.0 をサポートして、SMB 透過フェールオーバー機能を利用する必要があります。

SMB 1.0 および SMB 2.x 対応クライアントは、継続的に利用可能なプロパティを使用するように構成された共有に接続し、アクセスできます。 ただし、SMB 1.0 および SMB 2.x クライアントは、SMB 透過フェールオーバー機能の利点を利用しません。 現在アクセスしているクラスター ノードが使用できなくなった場合、または管理者がクラスター化されたファイル サーバーに対して管理上の変更を行った場合、SMB 1.0 または SMB 2.x クライアントは、アクティブな SMB セッションとクラスター化されたファイル サーバーに対する開いているハンドルを失います。 SMB クライアント コンピューター上のユーザーまたはアプリケーションは、クラスター化されたファイル共有への接続を再確立するために修正アクションを実行する必要があります。

注意

SMB 透過フェールオーバーは、短いファイル名 (8.3 ファイル名) のサポートまたは圧縮ファイル (NTFS 圧縮ファイルなど) で有効になっているボリュームと互換性がありません。

SMB スケール アウト

SMB のスケール アウト機能を利用するには、SMB クライアントと SMB サーバーの両方で SMB 3.0 をサポートする必要があります。

SMB 1.0 クライアントは、SMB スケールアウト ファイル共有にアクセスするために必要なクライアント機能を含めず、スケールアウト ファイル共有に接続しようとするときに Access Denied エラー メッセージを受け取ります。

SMB スケールアウト ファイル共有は常に構成され、継続的に使用可能なプロパティが設定されます。 SMB 2.x クライアントは SMB スケールアウト ファイル共有に接続できますが、SMB 透過フェールオーバー機能のメリットは得されません。

SMB マルチチャネル

SMB クライアントと SMB サーバーの両方が SMB マルチチャネル機能を利用するには、SMB 3.0 をサポートする必要があります。 SMB 1.0 クライアントと SMB 2.x クライアントは、単一の SMB 接続を使用します。

SMB Direct (SMB over Remote Direct Memory Access [RDMA])

SMB Direct は、Windows Server 2012、Windows 10 (Enterprise、Education、Pro ワークステーション エディション)、および以降のバージョンで使用できます。 SMB ダイレクト機能では、SMB クライアントと SMB サーバーが SMB 3.0 をサポートしている必要があります。

SMB 暗号化

SMB クライアントと SMB サーバーの両方が SMB 暗号化機能を利用するには、SMB 3.0 をサポートする必要があります。

SMB ファイル共有のための VSS

SMB ファイル共有機能のボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) を利用するには、SMB クライアントと SMB サーバーの両方が SMB 3.0 をサポートする必要があります。

SMB ディレクトリ リース

SMB クライアントと SMB サーバーの両方が SMB 3.0 をサポートして、SMB ディレクトリリース機能を利用する必要があります。

SMB PowerShell

SMB PowerShell 管理コマンドレットは、Windows Server 2012およびWindows 8。 古い SMB クライアントと SMB サーバーは、管理 (net.exe など) と API (Win32 API など) のダウンレベル ツールを引き続き使用する必要があります。

関連情報

SMB 3.0 で発生する可能性のある一般的なエラーの詳細については 、「/troubleshoot/windows-server/networking/error-messages-smb-connections」を参照してください