Set-MsolADFSContext コマンドを使用する場合のエラー: Active Directory フェデレーション サービス <ServerName> 2.0 サーバーへの接続に失敗しました

適用対象:  WindowsServer 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012
元の KB 番号:   2587730

現象

次のコマンドを Set-MsolADFSContext -Computer 実行すると、Microsoft Azure Active DirectoryモジュールWindows PowerShellエラーが表示されます。

Set-MsolADFSContext : Active Directory フェデレーション サービス 2.0 サーバーへの接続は、資格情報が無効のため <ServerName> 失敗しました。

原因

このエラーは、パラメーターが参照する Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) フェデレーション サーバーでリモート PowerShell が有効になっていない場合 -computer に発生します。

ドメインが正しく追加され、ポータルで検証された場合、Windows PowerShell 用 Azure Active Directory モジュールを使用して、リモート PowerShell を使用して管理ワークステーションからシングル サインオン (SSO) を設定できます。

ただし、Azure Active DirectoryモジュールWindows PowerShellインストールできるのは、Windows 7 および Windows Server 2008 SR2 のみです。 サーバー Azure Active Directory 2008 service Pack 2 (SP2) Windows PowerShellサーバー 2008 サービス パック 2 にインストールWindowsモジュールをインストールできません。 したがって、この問題は、サーバー 2008 SP2 プラットフォームAD FS がインストールされている場所Windows関連しています。 この場合、Azure Active Directory FS にWindows PowerShellする Windows PowerShell AD モジュールをリモート コンピューターから発行する必要があります。

解決方法

FS フェデレーション サーバーでリモート PowerShell を有効にするにはAD手順を実行します。

  1. 管理者Windows PowerShell開始します。 これを行うには、ショートカットを右クリックWindows PowerShellし、[管理者 として 実行]を選択します

  2. リモート処理のWindows PowerShellするには、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    Enable-PSRemoting -force
    

詳細

リモート PowerShell 要件の詳細については、「リモート PowerShell 要件」を参照About_Remote_Requirements。

リモート PowerShell の機能の詳細については、「Windows PowerShell: リモート処理の詳細」を参照してください

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティ または Azure Active Directory Forums (英語情報) Web サイトを参照してください。