ESENT イベントの 1000、1202、412、および 454 は、アプリケーション ログに繰り返し記録されます。

この記事では、ESENT イベントの 1000、1202、412、および 454 がアプリケーション ログに繰り返し記録される問題の解決策を提供します。

適用対象:  Windows 2000
元の KB 番号:   278316

現象

次のイベントの ID は、アプリケーション ログに 5 分ごとに記録されます。

  • 1000
  • 1202
  • 412
  • 454

原因

この問題は、ローカル のグループ ポリシー データベース ファイルが破損している場合に発生します。

解決方法

この問題を解決するには、このセクションで説明する手順を使用して、ローカル のグループ ポリシー ファイルを再作成します。

重要

ドメイン コントローラーにセキュリティ テンプレートを実装すると、既定のドメイン コントローラー ポリシーまたは既定のドメイン ポリシーの設定が変更される場合があります。 適用されたテンプレートは、他のプログラムによって作成された新しいファイル、レジストリ キー、システム サービスに対するアクセス許可を上書きする場合があります。 セキュリティ テンプレートを適用した後で、これらのポリシーを復元する必要がある場合があります。 ドメイン コントローラーでこれらの手順を実行する前に、SYSVOL 共有のバックアップを作成します。

注意

次の手順を使用すると、ローカル セキュリティ ポリシーが定義されていない元のインストール状態に戻されます。 ファイルの名前を変更または移動するには、セーフモードでコンピューターを起動する必要があります。 これを行う方法の詳細については、「Windows 2000 ヘルプ」を参照してください。

  1. %SystemRoot%\Security フォルダーを開き、新しいフォルダーを作成し、"OldSecurity" という名前を付ける。
  2. .log で終わるすべてのファイルを %SystemRoot%\Security フォルダーから OldSecurity フォルダーに移動します。
  3. %SystemRoot%\Security\Database フォルダーで Secedit.sdb ファイルを検索し、このファイルの名前を "Secedit.old" に変更します。
  4. [スタート] ボタン、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、「mmc」と入力して、[OK] をクリックします。
  5. [コンソール] をクリックし 、[スナップインの追加と削除] をクリック し、[セキュリティと構成] スナップインを追加します。
  6. [セキュリティと構成 と分析] を右クリックし、[ データベースを開く] をクリックします。
  7. %TEMP% フォルダーを参照し、[ファイル名] ボックスに「Secedit.sdb」と入力し、[開く] を クリックします
  8. テンプレートのインポートを求めるメッセージが表示されたら 、[Setup Security.inf] をクリックし、[開く] をクリックします。
  9. %TEMP%\Secedit.sdb %SystemRoot%\Security\Database をコピーします。