ルート証明機関証明書をエクスポートする方法

この記事では、ルート証明機関証明書をエクスポートする方法について説明します。

適用対象:  Windows Server 2003
元の KB 番号:   555252

ヒント

  1. コマンド ラインを使用してルート証明機関証明書を要求する:

    1. 管理者アカウントでルート証明機関サーバーにログインします。

    2. StartRun に移動 します > 。 Cmd というテキストを入力し、Enter キーを押します。

    3. ルート証明機関サーバーを新しいファイル名 ca_name.cer にエクスポートするには、次のように入力します。

      certutil -ca.cert ca_name.cer
      
  2. Web 登録サイトからルート証明機関証明書を要求する:

    1. Root 証明機関 Web 登録サイトにログオンします。

      通常、Web 登録サイトは次のリンクに存在します。

      <ip_address>http:///certsrv

      または

      <fqdn>http:///certsrv

      ip_address = ルート証明機関サーバー IP。

      fqdn = ルート証明機関サーバーの完全修飾ドメイン名。

    2. [ CA 証明書、証明書チェーン、または CRL のダウンロード] を選択します。

    3. [ CA 証明書のダウンロード] を選択します。

    4. ファイル "certnew.cer" をローカル ディスク ストアに保存します。

Community ソリューション コンテンツの免責事項

Microsoft の企業および/またはそれぞれのサプライヤーは、ここに含まれる情報および関連するグラフィックスの適合性、信頼性、または正確性について何ら表明を行いません。 このような情報および関連するグラフィックスはすべて、いかなる種類の保証も行わずに「as is」 で提供されます。 Microsoft および/またはそれぞれのサプライヤーは、この情報および関連グラフィックに関して、商品性、特定の目的に対する適性、作業マンライクな努力、タイトルおよび非侵害に関する黙示の保証と条件を含む、すべての保証および条件を放棄します。 お客様は、いかなる場合も、Microsoft および/またはサプライヤーが直接、または 間接的、懲罰的、偶発的、特別な、結果的な損害、または、Microsoft またはサプライヤーが損害の可能性について助言を受けた場合でも、契約、不法、過失、厳格な責任など、ここに含まれる情報および関連するグラフィックの使用または使用に関連する、または使用できない方法に関連するいかなる方法であれ、使用の損失、データまたは利益に対する損害を含むがこれらに限定されない損害。