ドメイン コントローラーの無人昇格と降格のための DCPROMO 応答ファイルの構文

この記事では、ドメイン コントローラーに Active Directory ドメイン サービス (AD DS) をインストールおよび削除するために DCPROMO 応答ファイルで使用されるパラメーターとオプションについて説明します。

適用対象:  Windows Server 2012R2
元の KB 番号:   947034

概要

この記事では、ドメイン コントローラー上の DS の無人インストールを実行するために応答ファイルを構築するためにADについて説明します。 応答ファイルを使用して、無人モードAD DS を削除することもできます。

はじめに

このDcpromo.exeプログラム (DCPROMO) は、Active Directory ドメイン コントローラーを昇格および降格する GUI メソッドを提供するために Microsoft Windows 2000 Server で導入されました。 管理者は、DCPROMO 応答ファイルを使用して、次の無人タスクを実行できます。

  • ワークグループ サーバーとメンバー サーバーを Active Directory ドメイン コントローラーに昇格させます。
  • Microsoft Windows NT 4.0 ドメイン コントローラーを Active Directory ドメイン コントローラーにアップグレードします。
  • ドメイン コントローラーを降格します。

Windowsサーバー 2003 は、DCPROMO 応答ファイルの構文を更新しました。

Windows Server 2012 DCPROMO を PowerShell コマンドレットに置き換えました。 ただし、WINDOWS Server 2003 バージョンの DCPROMO 応答ファイル構文は、次のバージョンで完全Windowsされます。

  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008

詳細

DCPROMO 応答ファイルは、DCPROMO ウィザードのページごとに自動ユーザー入力を提供する ASCII テキスト ファイルです。

DCPROMO 応答ファイルの構文は、Windows 2000 Server と Windows Server 2003 の間に存在します。 これらの違いにもかかわらず、Windows Server 2003 では、Windows 2000 Server 応答ファイルの構文を読み取り、同等の設定を解釈できます。 ただし、Windows Server 2003 応答ファイルの構文は、2000 Server ドメイン コントローラー Windows正しく動作しない場合があります。 たとえば、Windows 2000 Server では、and オプションを RemoveApplicationPartitions 使用 ConfirmGc できません。

Windows 2000 Server と Windows Server 2003 の両方のドメイン コントローラーで同じ応答ファイルを使用する必要がある場合は、この記事で説明する応答ファイルの構文を使用します。

DCPROMO を無人モードで起動するには、管理コマンド プロンプト ウィンドウを開き、次のコマンドを実行します。

dcpromo /answer:<answer.txt>

注意

このコマンドでは、降格または昇格に使用される応答ファイルのパスと <answer.txt> ファイル名です。 このコマンドは、[実行の開始] コマンドを使用するか、無人セットアップ > ファイルを使用する場合でも使用できます。

各 DCPROMO 操作では、応答ファイルの [DCInstall] セクションの特定のフィールドに対する回答が必要です。 次の一覧では、各操作に必要なフィールドを示します。 オプションが指定されていない場合は、既定値が使用されます。 これらのフィールドの既定値については、「フィールド定義 」を参照してください

  • 新しいフォレスト インストールでは、次のオプションが適用されます。

    [DCINSTALL]

    InstallDNS=yes
    NewDomain=forest
    NewDomainDNSName=<The fully qualified Domain Name System (DNS) name>
    DomainNetBiosName=<By default, the first label of the fully qualified DNS name>
    SiteName=<Default-First-Site-Name>
    ReplicaOrNewDomain=domain
    ForestLevel=<The forest functional level number>
    DomainLevel=<The domain functional level number>
    DatabasePath=" <The path of a folder on a local volume>
    LogPath=" <The path of a folder on a local volume>
    RebootOnCompletion=yes
    SYSVOLPath=" <The path of a folder on a local volume>
    SafeModeAdminPassword=<The password for an offline administrator account>

  • 子ドメイン のインストールでは、次のオプションが適用されます。

    [DCINSTALL]
    ParentDomainDNSName=<Fully qualified DNS name of parent domain>
    UserName=<The administrative account in the parent domain>
    UserDomain=<The name of the domain of the user account>
    Password= <The password for the user account> * を指定すると、インストール中に資格情報の入力を求めるプロンプトが表示されます。
    NewDomain=child

    ChildName=<The single-label DNS name of the new domain>
    SiteName= <The name of the AD DS site in which this domain controller will reside> このサイトは、Dssites.msc スナップインで事前に作成する必要があります。
    DomainNetBiosName=<The first label of the fully qualified DNS name>
    ReplicaOrNewDomain=domain
    DomainLevel= <The domain functional level number> この値は、フォレストの機能レベルの現在の値より小さめは使用しません。

    DatabasePath=" <The path of a folder on a local volume>
    LogPath=" <The path of a folder on a local volume>
    SYSVOLPath=" <The path of a folder on a local volume>
    InstallDNS=yes

    CreateDNSDelegation=yes
    DNSDelegationUserName= AD DS のインストールに使用されているアカウントは、DNS 委任の作成に必要なアクセス許可を持つ親ドメインのアカウントと異なる <The account that has permissions to create a DNS delegation> 場合があります。 この場合は、このパラメーターの DNS 委任を作成できるアカウントを指定します。 インストール * 中にユーザーに資格情報の入力を求めるメッセージを表示するように指定します。
    DNSDelegationPassword= <The password for the account that is specified for DNSDelegationUserName> * を指定すると、インストール中にパスワードの入力を求められます。
    SafeModeAdminPassword=<The password for an offline administrator account>
    RebootOnCompletion=yes

  • 既存のフォレスト インストールの新しいツリーでは、次のオプションが適用されます。

    [DCINSTALL]
    UserName=<An administrative account in the parent domain>
    UserDomain=<The name of the domain of the user account>
    Password= <The password for the adminstrative account> インストール * 中にユーザーに資格情報の入力を求めるメッセージを表示するように指定します。
    NewDomain=tree
    NewDomainDNSName=<The fully qualified DNS name of the new domain>
    SiteName= <The name of the AD DS site in which this domain controller will reside> このサイトは、Dssites.msc スナップインで事前に作成する必要があります。
    DomainNetBiosName=<The first label of the fully qualified DNS name>
    ReplicaOrNewDomain=domain
    DomainLevel=<The domain functional level number>
    DatabasePath=" <The path of a folder on a local volume>
    LogPath=" <The path of a folder on a local volume>
    SYSVOLPath=" <The path of a folder on a local volume>
    InstallDNS=yes
    CreateDNSDelegation=yes
    DNSDelegationUserName= AD DS のインストールに使用されているアカウントは、DNS 委任の作成に必要なアクセス許可を持つ親ドメインのアカウントと異なる <The account that has permissions to create a DNS delegation> 場合があります。 この場合は、このパラメーターの DNS 委任を作成できるアカウントを指定します。 インストール * 中にユーザーに資格情報の入力を求めるメッセージを表示するように指定します。
    DNSDelegationPassword= <The password for the account that is specified for DNSDelegationUserName> * を指定すると、インストール中にパスワードの入力を求められます。
    SafeModeAdminPassword=<The password for an offline administrator account>
    RebootOnCompletion=yes

  • 追加のドメイン コントローラーのインストールでは、次のオプションが適用されます。

    [DCINSTALL]
    UserName=<The administrative account in the domain of the new domain controller>

    UserDomain=<The name of the domain of the new domain controller>

    Password=<The password for the UserName account>

    SiteName= <The name of the AD DS site in which this domain controller will reside> このサイトは、Dssites.msc スナップインで事前に作成する必要があります。

    ReplicaOrNewDomain=replica

    ReplicaDomainDNSName=<The fully qualified domain name (FQDN) of the domain in which you want to add an additional domain controller>

    DatabasePath=" <The path of a folder on a local volume>

    LogPath=" <The path of a folder on a local volume>

    SYSVOLPath=" <The path of a folder on a local volume>

    InstallDNS=yes

    ConfirmGC=yes

    SafeModeAdminPassword=<The password for an offline administrator account>

    RebootOnCompletion=yes

  • メディアからインストール (IFM) メソッドを使用する追加のドメイン コントローラー インストールでは、次のオプションが適用されます。

    [DCINSTALL]
    UserName=<The administrative account in the domain of the new domain controller>
    Password=<The password for the UserName account>
    UserDomain=<The name of the domain of the UserName account>
    DatabasePath=" <The path of a folder on a local volume>
    LogPath=" <The path of a folder on a local volume>
    SYSVOLPath=" <The path of a folder on a local volume>
    SafeModeAdminPassword=<The password of an offline administrator account>

    CriticalReplicationOnly=no
    SiteName=<The name of the AD DS site in which this domain controller will reside>
    このサイトは、Dssites.msc スナップインで事前に作成する必要があります。

    ReplicaOrNewDomain=replica
    ReplicaDomainDNSName=<The fully qualified domain name (FQDN) of the domain in which you want to add an additional domain controller>
    ReplicationSourceDC=<An existing domain controller in the domain>

    ReplicationSourcePath=<The local drive and the path of the backup>

    RebootOnCompletion=yes

  • 読み取り専用ドメイン コントローラー (RODC) のインストールでは、次のオプションが適用されます。

    [DCINSTALL]
    UserName=<The administrative account in the domain of the new domain controller>
    UserDomain=<The name of the domain of the user account>
    PasswordReplicationDenied=<The names of the user, group, and computer accounts whose passwords are not to be replicated to this RODC>
    PasswordReplicationAllowed =<The names of the user, group, and computer accounts whose passwords can be replicated to this RODC>
    DelegatedAdmin=<The user or group account name that will install and administer the RODC>
    SiteName=Default-First-Site-Name
    CreateDNSDelegation=no
    CriticalReplicationOnly=yes

    Password=<The password for the UserName account>
    ReplicaOrNewDomain=ReadOnlyReplica
    ReplicaDomainDNSName=<The FQDN of the domain in which you want to add an additional domain controller>
    DatabasePath= <The path of a folder on a local volume> "
    LogPath=" <The path of a folder on a local volume>
    SYSVOLPath=" <The path of a folder on a local volume>
    InstallDNS=yes
    ConfirmGC=yes
    SafeModeAdminPassword=<The password for an offline administrator account>
    RebootOnCompletion=yes

  • DS を削除AD、次のオプションが適用されます。

    [DCINSTALL]
    UserName=<An administrative account in the domain>
    UserDomain=<The domain name of the administrative account>
    Password=<The password for the UserName account>
    AdministratorPassword=<The local administrator password for the server>
    RemoveApplicationPartitions=yes
    RemoveDNSDelegation=yes
    DNSDelegationUserName=<The DNS server administrative account for the DNS zone that contains the DNS delegation>
    DNSDelegationPassword=<The password for the DNSDelegationUserName account>
    RebootOnCompletion=yes

  • ドメイン内のADドメイン コントローラーから DS を削除するには、次のオプションが適用されます。

    [DCINSTALL]
    UserName=<An administrative account in the parent domain>
    UserDomain=<The domain name of the UserName account>
    Password= <The password for the UserName account> * を指定すると、インストール中に資格情報の入力を求めるプロンプトが表示されます。
    IsLastDCInDomain=yes
    AdministratorPassword=<The local administrator password for the server>
    RemoveApplicationPartitions=パーティションを削除する場合は、このエントリに "yes" (二重引用符なし) を指定します。 パーティションを保持する場合、このエントリはオプションです。
    RemoveDNSDelegation=yes
    DNSDelegationUserName=<The DNS server administrative account for the DNS zone that contains the DNS delegation>
    DNSDelegationPassword=<The password for the DNS server administrative account>
    RebootOnCompletion=yes

  • フォレスト内の最後のドメイン コントローラーを削除するには、次のオプションが適用されます。

    [DCINSTALL]
    UserName=<An administrative account in the parent domain>
    UserDomain=<The domain name of the UserName account>
    Password= <The password for the UserName account> * を指定すると、インストール中に資格情報の入力を求めるプロンプトが表示されます。
    IsLastDCInDomain=yes
    AdministratorPassword=<The local administrator password for the server>
    RemoveApplicationPartitions=パーティションを削除する場合は、このエントリに "yes" (二重引用符なし) を指定します。 パーティションを保持する場合、このエントリはオプションです。
    RemoveDNSDelegation=yes
    DNSDelegationUserName=<The DNS server administrative account for the DNS zone that contains the DNS delegation>
    DNSDelegationPassword=<The password for the DNS server administrative account>
    RebootOnCompletion=yes

フィールド定義

このセクションでは、応答ファイルで使用できるフィールドとエントリについて説明します。 各エントリの既定値は太字で表示されます。

インストール操作パラメーター

AllowDomainReinstall
  • はい |違います
  • このエントリは、既存のドメインを再作成するかどうかを指定します。
AllowDomainControllerReinstall
  • はい |違います
  • このエントリは、同じ名前を使用するアクティブなドメイン コントローラー アカウントが検出された場合でも、このドメイン コントローラーのインストールを続行するかどうかを指定します。 アカウントが使用されなくなったと確信している場合にのみ、"はい" (引用符なし) を指定します。
ApplicationPartitionsToReplicate
  • 既定なし
  • このエントリは、""partition1" "partition2" 形式でレプリケートする必要があるアプリケーション パーティションを指定します。 * を指定すると、すべてのアプリケーション パーティションがレプリケートされます。 スペース区切りまたはコンマとスペースで区切られた識別名を使用します。 文字列全体を二重引用符で囲みます。
ChildName
  • 既定なし
  • これは、ParentDomainDNSName エントリに追加される下位ドメインの名前です。 親ドメインが "A.COM" で、下位ドメインが "B" の場合は、ChildName に "B.A.COM と B" (二重引用符なし) を入力します。
ConfirmGc
  • はい |違います
  • このエントリは、レプリカがグローバル カタログであるかどうかを指定します。 バックアップがグローバル カタログの場合は、"Yes" を指定すると、レプリカはグローバル カタログになります。 "No" は、レプリカをグローバル カタログにしない。 (これらのエントリには二重引用符は必要はありません)。
CreateDNSDelegation
  • はい |違います
  • 既定なし
  • このエントリは、この新しい DNS サーバーを参照する DNS 委任を作成するかどうかを示します。 このエントリは、DS AD DNS でのみ有効です。
CriticalReplicationOnly
  • はい |違います
  • このエントリは、再起動前にインストール操作が重要なレプリケーションのみを実行し、レプリケーションの重要でない部分と潜在的に長い部分をスキップするかどうかを指定します。 重要でないレプリケーションは、役割のインストールが完了し、コンピューターが再起動した後に発生します。
DatabasePath
  • %systemroot% \ NTDS
  • このエントリは、ローカル コンピューターのハード ディスク上の完全修飾、非ユニバーサル名前付け規則 (UNC) ディレクトリのパスです。 このディレクトリは、DS データベースADホストします (NTDS)。DIT)。 ディレクトリが存在する場合は、空にする必要があります。 存在しない場合は、作成されます。 選択されている論理ドライブ上の空きディスク領域は、200 メガバイト (MB) である必要があります。 丸めエラーまたはドメイン内のすべてのオブジェクトに対応するには、空きディスク領域を大きくする必要があります。 最適なパフォーマンスを得る場合は、専用のハード ディスク上のディレクトリを探します。
DelegatedAdmin
  • 既定なし
  • このエントリは、RODC をインストールおよび管理するユーザーまたはグループの名前を指定します。 値を指定しない場合は、ドメイン管理者グループまたは管理者グループEnterpriseメンバーだけが RODC をインストールおよび管理できます。
DNSDelegationPassword
  • <Password> | *

  • 既定なし

  • このエントリは、DNS 委任の作成または削除に使用されるユーザー アカウントのパスワードを指定します。 * を指定すると、ユーザーに資格情報の入力を求めるプロンプトが表示されます。

DNSDelegationUserName
  • 既定なし
  • このエントリは、DNS 委任の作成または削除時に使用するユーザー名を指定します。 値を指定しない場合は、DNS 委任に DS のインストールまたは削除ADアカウント資格情報が使用されます。
DNSOnNetwork
  • はい |違います
  • このエントリは、DNS サービスがネットワーク上で使用できるかどうかを指定します。 このエントリは、名前解決のために DNS サーバーの名前を使用するようにこのコンピューターのネットワーク アダプターが構成されていない場合にのみ使用されます。 名前解決のためにこのコンピューターに DNS がインストールされていることを示す場合は、"No" (引用符なし) を指定します。 それ以外の場合は、最初に DNS サーバー名を使用するようにネットワーク アダプターを構成する必要があります。
DomainLevel
  • 0 |2 |3
  • 既定なし
  • このエントリは、ドメインの機能レベルを指定します。 このエントリは、新しいドメインが既存のフォレストに作成された場合にフォレスト内に存在するレベルに基づいて作成されます。 値の説明は次のとおりです。
    • 0 = Windows 2000 Server ネイティブ モード
    • 2 = Windows Server 2003
    • 3 = Windows Server 2008
DomainNetbiosName
  • 既定なし
  • このエントリは、ドメインにアクセスするために DS クライアントAD NetBIOS 名です。 DomainNetbiosName は、ネットワーク上で一意である必要があります。
ForestLevel
  • 0 |2 |3

  • このエントリは、新しいフォレストに新しいドメインが作成される場合のフォレストの機能レベルを次のように指定します。

  • 0 = Windows 2000 Server

    • 2 = Windows Server 2003
    • 3 = Windows Server 2008 既存のフォレストに新しいドメイン コントローラーをインストールする場合は、このエントリを使用する必要があります。 ForestLevel エントリは、サーバー 2003 で使用できる SetForestVersion Windows置き換える。
InstallDNS
  • はい |違います
  • 既定値は、操作に応じて変更されます。 新しいフォレストの場合、DNS サーバーの役割は既定でインストールされます。 新しいツリー、新しい子ドメイン、またはレプリカの場合、既存の DNS インフラストラクチャが Active Directory ドメイン サービス インストール ウィザードによって検出された場合、DNS サーバーが既定でインストールされます。 ウィザードによって既存の DNS インフラストラクチャが検出されない場合、DNS サーバーは既定ではインストールされません。
  • このエントリは、Active Directory ドメイン サービス インストール ウィザードが DNS 動的更新プロトコルが使用できないと検出した場合に、新しいドメインに対して DNS を構成するかどうかを指定します。 このエントリは、既存のドメインの DNS サーバーの数が不足している場合にも適用されます。
LogPath
  • %systemroot% \ NTDS
  • これは、DS ログ ファイルをホストするローカル コンピューター上のハード ディスク上の完全修飾非 UNC ディレクトリADパスです。 ディレクトリが存在する場合は、空にする必要があります。 存在しない場合は、作成されます。
NewDomain
  • ツリー |子|フォレスト
  • "Tree" は、新しいドメインが既存のフォレスト内の新しいツリーのルートを意味します。 "Child" は、新しいドメインが既存のドメインの子を意味します。 "フォレスト" は、新しいドメインがドメイン ツリーの新しいフォレストの最初のドメインを意味します。
NewDomainDNSName
  • 既定なし
  • このエントリは、"既存のフォレストの新しいツリー" または "新しいフォレスト" インストールで使用されます。 値は、現在DNS ドメインされていない名前です。
ParentDomainDNSName
  • 既定なし
  • このエントリは、子ドメイン インストールの既存DNS ドメインの名前を指定します。
Password
  • <Password> | *
  • 既定なし
  • このエントリは、ドメイン コントローラーの構成に使用されるユーザー アカウントに対応するパスワードを指定します。 * を指定すると、ユーザーに資格情報の入力を求めるプロンプトが表示されます。 保護のために、パスワードはインストール後に応答ファイルから削除されます。 パスワードは、応答ファイルを使用する度に再定義する必要があります。
PasswordReplicationAllowed
  • <Security_Principal> |NONE

  • 既定なし

  • このエントリは、この RODC にパスワードをレプリケートできるコンピューター アカウントとユーザー アカウントの名前を指定します。 値を空のままにする場合は、"NONE" (引用符なし) を指定します。 既定では、この RODC にユーザー資格情報はキャッシュされません。 複数のセキュリティ プリンシパルを指定するには、エントリを複数回追加します。

PasswordReplicationDenied
  • <Security_Principal> |NONE

  • このエントリは、パスワードを RODC にレプリケートしないユーザー、グループ、およびコンピューター アカウントの名前を指定します。 ユーザーまたはコンピューターの資格情報のレプリケーションを拒否しない場合は、"NONE" (引用符なし) を指定します。 複数のセキュリティ プリンシパルを指定するには、エントリを複数回追加します。

RebootOnCompletion
  • はい |違います
  • このエントリは、操作が成功したかどうかに関係なく、AD DS をインストールまたは削除した後にコンピューターを再起動するかどうかを指定します。
RebootOnSuccess
  • はい |いいえ|NoAndNoPromptEither

  • このエントリは、DS が正常にインストールまたは削除された後ADコンピューターを再起動する必要があるかどうか指定します。 DS ロールの変更を完了するには、常に再起動AD必要です。

ReplicaDomainDNSName
  • 既定なし
  • このエントリは、追加のドメイン コントローラーを構成するドメインの FQDN を指定します。
ReplicaOrNewDomain
  • レプリカ |ReadOnlyReplica |ドメイン

  • このエントリは、新しいインストールでのみ使用されます。 "Domain" (引用符なし) は、サーバーを新しいドメインの最初のドメイン コントローラーに変換します。 "ReadOnlyReplica" (引用符なし) は、サーバーを RODC に変換します。 "レプリカ" (引用符なし) は、サーバーを追加のドメイン コントローラーに変換します。

ReplicationSourceDC
  • 既定なし
  • このエントリは、新しいドメイン コントローラーを作成するために DS ADレプリケートされるパートナー ドメイン コントローラーの FQDN を指定します。
ReplicationSourcePath
  • 既定なし
  • このエントリは、新しいドメイン コントローラーの作成に使用されるインストール ファイルの場所を指定します。
SafeModeAdminPassword
  • <Password> |NONE
  • 既定なし
  • このエントリは、ディレクトリ サービスの復元モードで使用されるオフライン管理者アカウントのパスワードを指定するために使用されます。 空のパスワードは指定できません。
SiteName
  • Default-First-Site-Name
  • このエントリは、新しいフォレストをインストールするときにサイト名を指定します。 新しいフォレストの場合、既定値は Default-First-Site-Name です。 その他のすべてのシナリオでは、現在のサイトとフォレストのサブネット構成を使用してサイトが選択されます。
SkipAutoConfigDNS
  • 既定なし
  • このエントリは、クライアント設定、転送者、ルート ヒントの自動構成をスキップするエキスパート ユーザー向けです。 エントリは、DNS Server サービスがサーバーに既にインストールされている場合にのみ有効です。 この場合、DNS の自動構成がスキップされたという情報メッセージが表示されます。 それ以外の場合、このエントリは無視されます。 このスイッチを指定する場合は、AD DS をインストールする前、またはドメイン コントローラーが正しく動作しない前に、ゾーンが作成され、正しく構成されていることを確認してください。 このエントリは、親 DNS ゾーンでの DNS 委任の自動作成をスキップしない。 DNS 委任の作成を制御するには、DNSDelegation エントリを使用します。
Syskey
  • <system_key> |NONE
  • このエントリは、データをレプリケートするメディアのシステム キーを指定します。
SYSVOLPath
  • %systemroot% \ SYSVOL
  • このエントリは、ローカル コンピューターのハード ディスク上の完全修飾 UNC 以外のディレクトリを指定します。 このディレクトリは、DS ログ ファイルADホストします。 ディレクトリが既に存在する場合は、空にする必要があります。 存在しない場合は、作成されます。 ディレクトリは、NTFS 5.0 ファイル システムを使用して書式設定されたパーティション上に存在する必要があります。 最適なパフォーマンスを得る目的で、オペレーティング システムとは異なる物理ハード ディスク上のディレクトリを探します。
TransferIMRoleIfNeeded
  • はい |違います
  • このエントリは、インフラストラクチャ マスターの役割をこのドメイン コントローラーに転送するかどうかを指定します。 このエントリは、ドメイン コントローラーが現在グローバル カタログ サーバーでホストされている場合に、ドメイン コントローラーをグローバル カタログ サーバーにする予定がない場合に便利です。 インフラストラクチャ マスターの役割をこのドメイン コントローラーに転送するには、"はい" (引用符なし) を指定します。 "Yes" を指定する場合は、ConfirmGC=No エントリを指定してください。
UserDomain
  • 既定なし
  • このエントリは、サーバーに DS をインストールするために使用されるユーザー アカウントADを指定します。
UserName
  • 既定なし
  • このエントリは、DS をサーバーにインストールするために使用ADを指定します。 アカウント資格情報は、アカウントの資格情報の形式<user_name> <domain> \ 勧めします。

削除操作パラメーター

AdministratorPassword
  • 既定なし
  • このエントリは、ドメイン コントローラーから DS を削除するときにローカル管理者ADを指定するために使用されます。
DemoteFSMO
  • はい |違います
  • このエントリは、操作マスターの役割がドメイン コントローラーによって保持されている場合でも、強制的に削除が行われるかどうかを示します。
DNSDelegationPassword
  • <Password> | *

  • 既定なし

  • このエントリは、DNS 委任の作成または削除に使用されるユーザー アカウントのパスワードを指定します。 * を指定すると、ユーザーに資格情報の入力を求めるプロンプトが表示されます。

DNSDelegationUserName
  • 既定なし
  • このエントリは、DNS 委任の作成または削除時に使用するユーザー名を指定します。 値を指定しない場合は、AD DS インストールまたは AD DS の削除に対して指定したアカウント資格情報が DNS 委任に使用されます。
IgnoreIsLastDcInDomainMismatch
  • はい |違います
  • このエントリは、IsLastDCInDomain=Yes エントリが指定されている場合、または Active Directory ドメイン サービス インストール ウィザードが実際にドメイン内に別のアクティブ ドメイン コントローラーが存在すると検出した場合に、ドメイン コントローラーから AD DS の削除を続行するかどうかを指定します。 このエントリは、IsLastDCInDomain=No エントリが指定されているシナリオにも適用され、ウィザードはドメイン内の他のドメイン コントローラーに接続できません。
IgnoreIsLastDNSServerForZone
  • はい |違います
  • このエントリは、ドメイン コントローラーがドメイン コントローラーがホストする 1 つ以上の AD DS 統合 DNS ゾーンの最後の DNS サーバーである場合でも、AD DS の削除を続行するかどうかを指定します。
IsLastDCInDomain
  • はい |違います
  • このエントリは、DS を削除するドメイン コントローラー ADドメイン内の最後のドメイン コントローラーかどうかを指定します。
Password
  • <Password> | *
  • 既定なし
  • このエントリは、ドメイン コントローラーの構成に使用されるユーザー アカウントに対応するパスワードを指定します。 * を指定すると、ユーザーに資格情報の入力を求めるプロンプトが表示されます。 保護のために、パスワードは、DS のインストール後に応答ファイルADされます。 パスワードは、応答ファイルを使用する度に再定義する必要があります。
RebootOnCompletion
  • はい |違います
  • このエントリは、操作が成功したかどうかに関係なく、AD DS をインストールまたは削除した後にコンピューターを再起動するかどうかを指定します。
RebootOnSuccess
  • はい |いいえ|NoAndNoPromptEither

  • DS が正常にインストールまたは削除された後、コンピューターをADする必要があるかどうかを決定します。 DS ロールの変更を完了するには、常に再起動AD必要です。

RemoveApplicationPartitions
  • はい |違います
  • このエントリは、ドメイン コントローラーから DS を削除するときにアプリケーション パーティションADするかどうかを指定します。 "Yes" (引用符なし) は、ドメイン コントローラー上のアプリケーション パーティションを削除します。 "No" (引用符なし) では、ドメイン コントローラー上のアプリケーション パーティションは削除しません。 ドメイン コントローラーがアプリケーション ディレクトリ パーティションの最後のレプリカをホストする場合は、これらのパーティションを削除する必要があります。
RemoveDNSDelegation
  • はい |違います

  • このエントリは、親 DNS ゾーンからこの DNS サーバーをポイントする DNS 委任を削除するかどうかを指定します。

RetainDCMetadata
  • はい |違います
  • このエントリは、委任された管理者が RODC から AD DS を削除できるよう、AD DS の削除後にドメインコントローラーのメタデータをドメインに保持するかどうかを指定します。
UserDomain
  • 既定なし
  • このエントリは、DS のインストールに使用するユーザー アカウントのドメインADします。
UserName
  • 既定なし
  • このエントリは、サーバーに DS をインストールするために使用ADアカウント名を指定します。 アカウント資格情報は、アカウントの資格情報の形式<user_name> <domain> \ 勧めします。

無人インストールの戻りコード

Active Directory ドメイン サービス インストール ウィザードは、Windows Server 2008 ベースのドメイン コントローラーの無人インストールを完了した後、成功コードまたはエラー コードを返します。 無人インストールの戻りコードの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

無人インストールの戻りコード