管理ツール パックを使用して、サーバー 200 Windows 3、Windows XP、または Windows 2000 を実行しているコンピューターをリモートで管理する方法

この記事では、管理ツール パックを使用してコンピューターをリモートで管理する方法について説明します。

適用対象:  Windows 10 - すべてのエディション、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2012 R2
元の KB 番号:   304718

概要

この記事では、サーバー 2003、Windows XP、または Microsoft Windows 2000 で実行されているWindows説明します。 さらに、この記事では、サーバー 2003 管理ツール Windows (Adminpak) をダウンロードする方法について説明します。 この記事では、Windows XP ベースのコンピューターから Windows 2000 ベースのコンピューターをリモートで管理する場合、および Windows Server 2003 ベースのコンピューターから、その逆に発生するさまざまな互換性の問題について説明します。

はじめに

この記事では、次のトピックについて説明します。

  • サーバー 2003、XP、または 2000 Windowsを実行しているWindowsをリモートWindowsオプション。
  • 元のリリース (RTM)、Service Pack 1、Service Pack 2 バージョンの Windows Server 2003 管理ツール パックのダウンロード場所
  • 64 ビット バージョンのサーバーの管理に固有のWindows
  • Windows 2000 管理ツールがWindows 2000 Professional ベースのコンピューターがインストールされている場合に発生する互換性の問題は、Windows XP にアップグレードされます。
  • 2000 ベースWindowsドメイン コントローラーが Windows Server 2003 ベースのドメイン コントローラーにアップグレードされた場合に発生する互換性の問題。
  • Windows Server 2003 管理ツール パックの元のリリース (RTM)、Service Pack 1、Service Pack 2 バージョンの管理ツールを使用して Windows 2000 ベース、Windows XP ベース、および Windows Server 2003 ベースのコンピューターを管理するときに発生する可能性がある既知の問題

リモート管理オプション

最もシームレスな管理エクスペリエンスは、管理タスクを実行するために使用されるコンピューターが、リモートで管理されているコンピューターと同じオペレーティング システムを実行するときに発生します。

WindowsServer 2003 および Windows 2000 インストール メディアには、ローカルで使用できるコマンド ラインおよびグラフィカル管理ツールが含まれています。ほとんどの場合、高い相互運用性を備えたレベルのオペレーティング システムとダウンレベルのオペレーティング システムをリモートで管理できます。

Windows Server 2003、Windows XP、または Windows 2000 を実行しているコンピューターから Windows Server 2003 または Windows 2000 を実行しているコンピューターをリモートで管理するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • 管理ツール パックにパッケージ化されたグラフィカル管理ツールをインストールして使用して、Windows Server 2003、Windows XP、または Windows 2000 を実行しているコンピューターをリモートで管理します。 オペレーティング システム間に相互運用性の問題が存在する場合は、ターゲット コンピューターの本体またはリモートで管理されているコンピューターと同じオペレーティング システムを実行しているコンピューターで管理タスクを実行します。

  • ターミナル サービスを使用して、コマンド ラインおよびグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) 管理ツールがローカルにインストールされているコンピューターをリモートで管理します。 2 セッションの制限を回避するには、Application Server モードを使用して、ターミナル サーバーまたはターミナル サービスを実行している Windows Server 2003 ベースまたは Windows 2000 ベースのインストールを作成できます。 オペレーティング システム間に相互運用性の問題が存在する場合は、ターミナル サーバーまたはターミナル サービスが有効で、管理されているリモート コンピューターと同じオペレーティング システムを実行しているサーバーから管理タスクを実行します。

  • コマンド ライン ツールとスクリプトを使用して、Windows Server 2003、Windows XP、または Windows 2000 を実行しているコンピューターをローカルおよびリモートで管理します。 これらのツールとスクリプトには、Active Directory Service Interfaces (ADSI)、Windows Net.exe コマンド、およびソフトウェア でパッケージ化されたツールSuptools.msi。 オペレーティング システム間に相互運用性の問題が存在する場合は、管理対象のコンピューターのコンソールまたは管理対象のリモート コンピューターと同じオペレーティング システムを実行している管理タスクの指定されたコンピューターで管理タスクを実行します。 たとえば、Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2) サポート ツールは、XP サーバーを実行しているWindowsインストールProfessional。 ただし、このシナリオではツールが正しく動作するとは保証されません。 問題が発生することが知られているツールには、次のものが含まれます。

    • Dfsutil.exe
    • Netdiag.exe
    • Netcap.exe
    • Ntfrsutil.exe

Windows Server 2003 SP2 ベースのコンピューターに対してこれらのツールを実行する場合は、Windows Server 2003 SP2 を実行しているコンピューターから実行することをお勧めします。 リモート デスクトップ機能を使用して、サポート ツールをWindowsサーバー 2003 SP2 ベースのコンピューターに接続できます。

WindowsServer 2003 および Windows 2000 サーバー管理ツール パック

サーバーのリモート管理を容易にするために、Microsoft は通常、ユーザー名 (Adminpak) という名前の自己解凍ファイルにグラフィカル管理ツールをAdminpak.msiしました。

注意

サーバー 2003 の 64 ビット バージョンWindowsこのファイルは、サーバーサーバーと呼Wadminpak.msi。

Windows 2000 管理ツール パックは、Windows 2000 Server-family CD の I386 フォルダーにあり、Windows 2000 を実行しているコンピューターにインストールされます。 Windows 2000 Adminpak のツールの大部分は、Windows XP Professional の 32 ビットバージョンと 64 ビット バージョン、および Windows Server 2003 の 32 ビットおよび 64 ビット バージョンに加えて、Windows 2000 をリモートで管理できます。

Windows Server 2003 管理ツール パックは、Windows Server 2003 CD の I386 フォルダーにあり、無料でダウンロードできます www.microsoft.com 。 次の表に、Windows 2000 から、Windows Server 2003 オリジナル (RTM)、Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1)、または Windows Server 2003 Service Pack 2 から Adminpak をインストールできるオペレーティング システムの概要を示します。 さらに、次の表は、これらのソースからの Adminpaks がリモートで管理できるオペレーティング システムをまとめたものです。

Windows 2000 Server Adminpak WindowsServer 2003 original (RTM) Adminpak WindowsServer 2003 SP1 Adminpak WindowsServer 2003 SP2 Adminpak リモート サーバー管理ツール (RSAT)
これらのオペレーティング システムへのインストールと実行
WindowsServer 2003 32 ビット ファミリ いいえ はい はい 必要
WindowsServer 2003 64 ビット ファミリ いいえ いいえ はい 必要
WindowsXP Professional Service Pack 2 いいえ はい はい 必要
WindowsXP Professional SP1 以降のバージョン いいえ はい はい 必要
WindowsXP Professional 64 ビット 版 いいえ いいえ はい 必要
Windows 2000 Professional 必要 いいえ いいえ いいえ
Windows 2000 Server ファミリ 必要 いいえ いいえ いいえ
Windows Vista いいえ いいえ いいえ いいえ はい、Vista 用の RSAT Windowsです
Windows 7 いいえ いいえ いいえ いいえ はい、RSAT for Windows 7
Windows Server 2008 いいえ いいえ いいえ いいえ はい、RSAT for Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2 いいえ いいえ いいえ いいえ はい、RSAT for Windows Server 2008
これらのオペレーティング システムをリモートで管理する
WindowsServer 2003 32 ビット ファミリ はい はい はい 必要
WindowsServer 2003 64 ビット ファミリ はい はい はい 必要
Windows 2000 Server ファミリ はい はい はい 必要

WindowsServer 2003 管理ツール パックのインストールと互換性の概要

Windows Windows Server 2003 ベースのクライアントまたは Windows XP Professional ベースのクライアントから、Windows Server 2003 または Windows 2000 メンバー ベースのコンピューターとドメイン コントローラーをリモートで管理する場合は、次のインストールの問題に注意してください。

  • 最終リリース バージョンをインストールする前に、Windows Server 2003 管理ツール パックの以前のベータ版を削除する必要があります。

    注意

    限られた場合には、同じオペレーティング システムを実行しているクライアントからサーバーを管理する必要があります。 たとえば、2000 ベースのWindowsに対する一部のリモート管理操作は、2000 ベースWindowsクライアントからのみ実行できます。 同様に、Windows Server 2003 ベースのコンピューターに対する一部の操作は、Windows Server 2003 ベースのクライアントまたは Windows XP ベースのクライアントからのみ実行できます。 この記事では、管理ツール パックに含まれる各ツールのこれらの制限または制限について説明します。

  • Windows Server 2003 Service Pack 2 にアップグレードする前に以前のバージョンの管理ツール パック (Adminpak.msi) をアンインストールしない場合、アップグレード後に管理ツール パックをアンインストールできません。 [プログラムの追加と削除] を使用して管理ツール パックをアンインストールする場合、または Adminpak.msiを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。

    エラー メッセージ 1

    WindowsServer 2003 管理ツール パックは、修正プログラム Q329357 が適用された Windows XP Professional、Windows XP Professional Service Pack 1 以降のバージョン、または Windows Server 2003 オペレーティング システムを実行しているコンピューターにのみインストールできます。

    エラー メッセージ 2

    セットアップに失敗しました - エラーが発生したWindows Server 2003 管理ツール パックセットアップ ウィザードを終了する必要がありました。

  • Windows Server 2003 ベースのAdminpak.msiまたは XP ベースのWindowsに、Windows 2000 ファイルをインストールすることはできません。 これらのツールは、これらのオペレーティング システムでは機能しなくなったので、サポートされていません。 XP ベースのWindowsで、サーバー 2003 バージョンの管理ツール パックWindows使用します。

  • 2003 Windows Server 2003 管理ツール パックは、2000 ベースのコンピューター Windowsインストールまたは実行できません。 2000 ベースのWindowsサーバー 2003 管理ツール パックをインストールWindows場合は、次の手順を実行します。 Windows Server 2003 管理ツール パックは、修正プログラム Q329357 が適用された Windows XP Professional または Windows XP Professional SP1 以降、または Windows Server 2003 オペレーティング システムを実行しているコンピューターにのみインストールできます。

    サービス パック レベルの不一致。 オペレーティング システムのサービス パック レベルに一致する管理ツール パックを取得します。

  • 同様に、Windows Server 2003 管理ツール パックのコマンド ライン ユーティリティは、Windows XP または Windows Server 2003 を実行しているコンピューターでのみ実行されます。 DLL の不一致またはエントリ ポイント エラー Windows Server 2003 管理ツール パックのコマンド ライン ユーティリティは実行されません。 このような不一致またはエラーは、ユーティリティを 2000 ベースのコンピューターにコピー Windows発生することがあります。 Windows Server 2003 ベースのコンピューターに Windows 2000 管理ツール パックをインストールすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    Windows 2000 管理ツールは、サーバー 2003 オペレーティング システムWindows互換性がありません。 Server 2003 Windows ツール パックをインストールします。

  • WindowsXP Professional には Windows Server 2003 Adminpak.msi ファイルは含めないので、これらのツールは Windows Server 2003 製品の一部であり、その製品がリリースされると出荷されます。

  • Service Pack 2 および Windows Server 2003 管理ツール パックで Windows XP Professional を使用している場合は、クラスター サーバーを管理できません。 ただし、SP1 と Windows XP Professional および Windows Server 2003 管理ツール パックを使用している場合は、クラスター サーバーを管理できます。

  • ほとんどのWindows Server 2003 管理ツールは、2000 の管理ツールと同Windows動作します。 場合によっては、Windows Server 2003 管理ツールは、2000 台のサーバーに対応する機能Windows提供します。 たとえば、Windows Server 2003 Users and Computers スナップインの新しいドラッグ アンド ドロップ機能は、Windows ベースのドメイン コントローラーに対して完全に機能します。 それ以外の場合は、Windows Server 2003 管理ツールの機能の向上が有効にされていないか、Windows ベースのコンピューターを管理するときにサポートされません。

たとえば、Windows Server 2003 の機能に依存する管理ツールの機能 ("前回のログオン時間の保存済みクエリ" 機能など) は、Windows 2000 Server ベースのコンピューターではサポートされていません。以前のバージョンのサーバーには必要なサーバー側のサポートが必要ではないのでです。 まれに、Windows Server 2003 管理ツールは Windows 2000 Server ベースのコンピューターと互換性がありません。これらのコンピューターの管理ではサポートされていません。 同様に、まれに、Windows 2000 管理ツールとサーバー 2003 ベースWindows互換性がありません。

2000 台Windowsサーバー 2003 または XP WindowsアップグレードWindowsする

Windows 2000 Adminpak がインストールされている Windows ベースのコンピューターが Windows Server 2003 または Windows XP にアップグレードされた場合、アップグレード プロセスに表示されるシステム互換性レポートは、Windows 2000 管理ツールが Windows Server 2003 または Windows Server 2003 と互換性がないと報告します。Windows XP。 [詳細]をクリック すると、次のエラー メッセージが表示されます:セットアップがコンピューター Windows 2000 管理ツールを検出しました。 Windows 2000 管理ツールは、サーバー 2003 オペレーティング システムWindows互換性がありません。 次のいずれかの方法を使用します。

  • このアップグレードをキャンセルし、Windows 2000 管理ツールを削除してから、アップグレードを再起動します。
  • このアップグレードを完了し、Windows インストーラー パッケージ ファイルを実行して、Windows Server 2003 管理ツール パックAdminpak.msi Windowsインストールします。 Adminpak.msiサーバー 2003 CD の \i386 フォルダー Windowsにあります。

注意

Windows 2000 ベースのコンピューターが Windows Server 2003 にアップグレードされた際に Windows 2000 管理ツールが残っていた場合は、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] アイテムに表示される Windows 2000 管理ツール アイコンを削除しようとしません。

[プログラムの追加と削除] ツールWindows 2000 管理ツールを削除しようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

apphelp ダイアログがキャンセルされ、アプリケーションの起動が妨がった。

このエラー メッセージを無視します。 Windows Server 2003 管理ツール パックをインストールすると、Windows 2000 管理ツール アイコンが Windows Server 2003 管理ツール パック アイコンに置き換わります。

Windows Server 2003 管理ツール パックを 32 ビットおよび 64 ビットの Windows XP Professional および 32 ビットおよび 64 ビット Windows Server 2003 にダウンロードしてインストールする

次のオペレーティング システムを実行しているコンピューターに、Windows Server 2003 管理ツール パックの元のリリース バージョンをインストールできます。

  • WindowsXP Professional Service Pack 2
  • WindowsXP Professional Service Pack 1
  • Windowsサーバー 2003、32 ビット バージョン Windows Server 2003 Adminpak.msi ファイルの元のリリース バージョンは、Windows Server 2003 のリリース後に Adminpak.exe として Microsoft Web サイトに再パッケージ化されました。

Service Pack 1 バージョンの Windows Server 2003 管理ツール パックは、次のオペレーティング システムを実行しているコンピューターにインストールできます。

  • WindowsXP Professional Service Pack 2
  • WindowsXP Professional 64 ビット 版
  • WindowsServer 2003、32 ビット バージョン
  • Windowsサーバー 2003、64 ビット バージョン Windows Server 2003 管理ツール パックの最新のリビジョンは、Windows Server 2003 Service Pack 2 バージョンです。 Service Pack 2 バージョンの Windows Server 2003 管理ツール パックは、次のオペレーティング システムを実行しているコンピューターにインストールできます。
  • WindowsXP Professional 64 Edition
  • WindowsServer 2003 All Editions (32 ビット x86)
  • WindowsServer 2003 Itanium ベースのエディション
  • WindowsServer 2003 x64 Editions
  • WindowsServer 2003 R2 Editions
  • WindowsServer 2003 Storage R2 Edition
  • WindowsServer 2003 Compute Cluster Edition
  • WindowsServer 2003 for Small Business Servers R2 Edition

注意

Windows Server 2003 の 64 ビット バージョンのインストール メディアの I386 フォルダーに含まれる Adminpak のバージョンは、Wadminpak.msi と呼Wadminpak.msi。 Wadminpak.msi ファイルは、Adminpak.msi ファイルと同一であり、Adminpak.msi Server www.microsoft.com 2003 Service Pack 2 の 3 Windows 2 ビット バージョンに含まれています。 インストールを容易にするために、Windows Server 2003 SP2 Adminpak.msi ファイルを 32 ビットまたは 64 ビット バージョンの Windows XP Professional または 32 ビットまたは 64 ビット バージョンの Windows Server 2003 にインストールできます。 同様に、Wadminpak.msi を 32 ビットまたは 64 ビット バージョンの Windows XP Professional または 32 ビットまたは 64 ビット バージョンの Windows Server 2003 にインストールできます。

サーバー 2003 Windows ツール パックをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. サーバー 2003 Windows 2 管理ツール パックをダウンロードします。 これを行うには、次の Microsoft Web サイト :Microsoft ダウンロード センターにアクセスしてください。

    "Windows XP" または "Windows サーバー" オペレーティング システムの "adminpak" のキーワード検索を実行します。

  2. 管理者資格情報を使用してローカル コンピューターにログオンします。

  3. 以前のバージョンの管理ツール パックを削除します。

    最終リリースを含む、新しいバージョンをインストールする前に、以前のバージョンの管理ツール パックを削除する必要があります。

    コントロール パネルで [プログラムの追加と削除] を使用して以前のバージョンの管理ツール パックを削除できない場合は、Support\Tools\Suptools.msi パッケージから MSIZap ツールを使用して、以前のキャッシュされたパッケージを削除できます。

    サーバー 2003 Windows 3 バージョンの管理ツール パックがインストールされている場合は、次の手順を実行します。

    1. 次のテキストを、Rrasreg.cmd という名前のファイルとして保存します。

      rem  
      rem RAS user snap-in extension - registry key cleanup, Beta 3 to RC1  
      rem upgrades only.  
      rem  
      rem use Reg.exe to delete the old key that was created by the Beta 3  
      rem RAS user extension snapin.  
      rem  
      reg delete HKEY_CLASSES_ROOT\RasDialin.UserAdminExt /f  
      reg delete HKEY_CLASSES_ROOT\RasDialin.UserAdminExt.1 /f  
      reg delete HKLM\SOFTWARE\Microsoft\MMC\NodeTypes\{19195a5b-6da0-11d0-afd3-00c04fd930c9}\Extensions\NameSpace /f
      
    2. コマンド Rrasreg.cmd プロンプトで入力します。

  4. 管理ツール パックをインストールします。

    Adminpak.exeは、ファイルのインストール時に指定したフォルダーに Adminpak-readme.txt ファイルと Adminpak.msi ファイルを作成する自己解凍ファイルです。 管理ツール パックをインストールするには、.msi ファイルを右クリックし、[インストール] をクリックするか、ファイルをダブルクリック.msiします。 または、グループ ポリシーを使用すると、Active Directory を使用して、ユーザーがコンピューターにログオンするときに、ファイルをリモートでインストールしたり、Windows XP ベースのコンピューターまたは Windows Server 2003 ベースのコンピューターに発行することができます。

    管理ツール パックをリモートでインストールする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示します。
    816102グループ ポリシーを使用してリモートでソフトウェアをインストールする方法 (Windows Server 2003)

    注意

    Windows 2000 ベースのサーバーを Windows Server 2003 にアップグレードすると、Windows Server 2003 Winnt32.exe または Winnt32 /checkupgradeonly プロセスのシステム互換性チェックで、管理ツール パックが Windows 2000 ドメイン コントローラーにインストールされていることを誤って検出する可能性があります。 この問題は、Windows 2000 の Active Directory インストール ウィザード (Dcpromo.exe) が Windows 2000 Adminpak ファイルの機能を使用してドメイン管理ツールのショートカット メニュー項目を作成するために発生します。 このメッセージは無視して、2000 年から 2003 年Windowsサーバー 2003 Windows続行できます。

サーバー 2003 管理ツール パックの元のWindowsバージョンから期待される機能

  • Microsoft カスタマー サポート サービス (CSS) に連絡する前に、この記事で説明されている既知の互換性の問題を参照し、解決のリリース日をメモしてください。

  • Adminpak.msi XP ベースのコンピューターに Windows XP SP1 をインストールする前に、以前のバージョンの Adminpak.msi (Beta 3、RC Windows 1、RC2) を削除する必要があります。 管理ツール パック ベータ 3 バージョンがインストールされている Windows XP ベースのコンピューターに Windows XP SP1 をインストールしている場合は、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用して、以前のバージョンの管理ツール パックを削除することはできません。

  • WindowsXP Home Edition ベースのコンピューターは、Microsoft Windows NT 4.0 ベース、Windows 2000 ベース、または Windows Server 2003 ベースのドメインに参加できません。 WindowsXP Home Edition は、管理ツール パックのインストールでサポートされているオペレーティング システムではありません。

リモート管理の問題が発生した場合の操作

  1. Microsoft Web サイトから使用できる最新のサポートされているバージョンの Adminpak.msiおよび DLL ファイルを使用している必要があります。 元のリリースバージョンの Adminpak Web ダウンロード パッケージに含まれている APVer.vbs スクリプトを使用して、コンピューターにインストールした管理ツール パックのバージョンを確認できます。 これを行うには、フォルダーを展開したフォルダーに変更しAdminpak.exe apver /? をクリックして、この診断スクリプトのオプションの一覧を表示します。

  2. この記事で説明されている既知の互換性の問題を参照して、問題が既知かどうかを判断します。

  3. Microsoft カスタマー サポートまたはサポート プロバイダーに通知します。

詳細

サーバー 2003 Windowsリリース バージョンのバージョンに関する既知のAdminpak.msi

インストールとアップグレードの問題

Windowsサーバー 2003 Winnt32.exe および Windows 2000 ドメイン コントローラーの Winnt32 /checkupgradeonly プロセスは、Adminpak.msi がインストールされていない場合、または既に削除されている場合にインストールされていることを報告します。

この問題は、Windows 2000 の Active Directory インストール ウィザード (Dcpromo.exe) が Windows 2000 バージョンの Adminpak.msi の内部機能を使用してドメイン コントローラーにメニュー ショートカットをインストールするために発生します。 この警告を無視して、アップグレードWinnt32.exe続行できます。 アップグレードが完了したら、インストール メディアの I386 フォルダーから Windows Server 2003 バージョンの Adminpak.msi をインストールして、ドメイン管理ツールの最新バージョンがインストールされている必要があります。

Active Directory ドメインと信頼

  • サーバー 2003 管理ツール パックのWindowsバージョンでは、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) 署名が導入されています。 Windows Service Pack 4 (SP4) を実行している Windows 2000 ベースのコンピューター、Windows XP ベースのコンピューター、または NTLM 認証を使用する Windows Server 2003 ベースのコンピューターによってリモートで管理されている 2000 のドメイン コントローラーに、Windows 2000 Service Pack 3 がインストールされている必要があります。

Windows 2000 ベースのコンピューターを使用して Windows Server 2003 ベースのドメインを管理する場合、Windows Server 2003 ベースのドメインでサポートされている高度なユーザー インターフェイス (UI) 機能は表示されません。 たとえば、ドメインとフォレストの機能や高度な信頼は表示されない。

Active Directory スキーマ

  • サーバー 2003 管理ツール パックのWindowsバージョンでは、LDAP 署名が導入されています。 Windows Service Pack 4 (SP4) を実行している Windows 2000 ベースのコンピューター、Windows XP ベースのコンピューター、または NTLM 認証を使用している Windows Server 2003 ベースのコンピューターによってリモートで管理されている 2000 のドメイン コントローラーに、Windows 2000 SP3 がインストールされている必要があります。

  • [ スキーマ マスターの変更] ダイアログ ボックス から [このドメイン コントローラー] チェック ボックスでスキーマ を変更 できます。 既定では、スキーマ更新プログラムはサーバー 2003 ベースWindowsドメイン コントローラーで有効になっています。

Active Directory サイトとサービス

  • サーバー 2003 管理ツール パックのWindowsリリース バージョンには、LDAP 署名が含まれています。 Windows Service Pack 4 (SP4) を実行している Windows 2000 ベースのコンピューター、Windows XP ベースのコンピューター、または NTLM 認証を使用している Windows Server 2003 ベースのコンピューターによってリモートで管理されている 2000 のドメイン コントローラーに、Windows 2000 SP3 がインストールされている必要があります。

  • 証明書テンプレートの編集はサポートされていません。

  • [表示] メニュー の [サービス ノード の表示] をクリックすると、XP クライアントで [サービス ノードが有効Windowsされました。

  • 64 ビット システムで Service Pack 1 バージョンの Active Directory サイトとサービスを開始すると、グループ ポリシーが編集されない場合があります。 さらに、以下のエラー メッセージが表示されます。

    Windows gpedit.msc が見つからな 名前が正しく入力されていることを確認してから、もう一度やり直してください。 ファイルを検索するには、[スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします。

    コマンド ラインまたはショートカットの構文を変更して、次の構文を使用します。 %windir%\syswow64\mmc.exe %systemroot%\system32\dssite.msc -32

  • Windows Server 2003 ベースのクライアントまたは Windows Windows XP Professional ベースのクライアントから 2000 ベースのフォレストを管理する場合、既知の問題はありません。

Active Directory のユーザーとコンピューター

  • サーバー 2003 管理ツール パックのWindowsリリース バージョンには、LDAP 署名が含まれています。 Windows Service Pack 4 (SP4) を実行している Windows 2000 ベースのコンピューター、Windows XP ベースのコンピューター、または NTLM 認証を使用している Windows Server 2003 ベースのコンピューターによってリモートで管理されている 2000 のドメイン コントローラーに、Windows 2000 SP3 がインストールされている必要があります。

  • Windows XP ベースのクライアントに管理ツール パックの元のリリース バージョンがインストールされると、ルーティングとリモート アクセスのダイヤルインまたは VPN アクセスとコールバック設定を構成する [ダイヤルイン] タブが削除されます。

    この問題の修正または回避策には、次のものが含まれます。

    • XP ベースのクライアントのサービス パック 2 より前のバージョンWindows Q837490 をインストールします。 この修正プログラムは、Windows Server 2003 Adminpak.msi の元のリリース バージョンの Windows Server 2003 Active Directory Users and Computers スナップイン Dsa.msc を実行している Service Pack 2 Windows XP ベースのクライアントにリモート アクセス ダイヤルイン タブを追加します。

    • Windows XP Service Pack 2 以降のバージョンがインストールされている Windows XP ベースのコンピューターに、Windows Server 2003 Service Pack 2 バージョンの Windows Adminpak をインストールします。

    • リモート アクセス ポリシーを使用します。

    • Windows Server 2003 ベースのコンピューターから、またはターミナル サービスまたはリモート デスクトップ アクセスを使用してアクセスされる Windows 2000 ベースのコンピューターから Active Directory ユーザーとコンピューターを起動します。

    • Windows Server 2003 ベースのコンピューターまたは 2000 ベースのコンピューターのコンソールから Active Directory ユーザーとコンピューター Windows起動します。

    ユーザー アカウントでダイヤルイン プロパティを管理するには、リモート アクセス ポリシー管理モデルを使用します。 リモート アクセス ポリシー管理モデルは、Windows以前のダイヤルイン アカウントアクセス許可モデルの制限に対処するために 2000 年に導入されました。 リモート アクセス ポリシー管理モデルでは、リモート アクセスWindowsグループを使用して管理します。

"リモート アクセス ポリシー管理モデル" という名前の推奨管理モデルを使用するユーザーは、Windows XP の管理パッケージを使用して、Active Directory 内のユーザーのリモート アクセス許可を管理できます。 設定[ダイヤルイン] タブの 設定は、通常、VPN またはワイヤレス展開には使用されません。 いくつかの例外があります。 たとえば、ダイヤルアップ ネットワークを展開する管理者はコールバック番号を使用できます。 このような場合は、ターミナル サービスまたはリモート デスクトップを使用して、Windows Server 2003 ベースまたは Windows 2000 ベースのコンピューターにアクセスするか、Windows Server 2003 ベースのコンピューターまたは Windows 2000 ベースのコンピューターのコンソールにログオンして[ダイヤルイン]タブを管理します。

リモート アクセス ポリシー管理モデルには、次の利点があります。

  • 詳細な管理

ダイヤルインアクセス許可を管理する管理者は、ユーザー アカウント全体にもアクセスできる必要があります。 ユーザー アカウントには、さらに多くのセキュリティ プロパティがあります。 ポリシー管理モデルでは、ダイヤルインアクセス許可を付与するために別のグループを作成できます。 さらに、そのグループへのアクセスを管理するためのアクセス許可は、別の管理者に付与できます。

  • アクセス制御用のグループ

ほとんどの Microsoft Windowsは、アクセス制御にグループを使用します。 グループは、個別のアクセス許可ネットワーク アクセスを管理する追加の試みを減らします。 ダイヤルアップ、VPN、ワイヤレス ネットワーク、またはファイル共有へのアクセスを制御するには、同じグループを使用できます。

  • 正確な接続固有のアクセス ポリシー制御

複数のアクセス テクノロジを同時に展開するときに導入される多くの課題があります。 ダイヤルアップ、VPN、ワイヤレス テクノロジのアクセス許可と設定が異なる場合があります。 たとえば、契約者はワイヤレス ネットワークへのアクセスを許可できますが、VPN による自宅からの接続を許可されない場合があります。 ワイヤレスでは、VPN とダイヤルアップ接続に関して異なるセキュリティ設定が必要な場合があります。 コールバック設定は、ローカルエリアコードから接続する場合に便利です。 ただし、ユーザーが国際電話番号から接続している場合は、コールバックを無効にできます。

ドメインが Windows 2000ネイティブ モード以降のバージョンで構成されている場合は、ルーティング スナップインとリモート アクセス スナップインのリモート アクセス ポリシー ノードでリモート アクセス ポリシー管理モデルを構成できます。 Active Directory Users または Computer または Internet Authentication Server (IAS) のリモート アクセス ダイヤルイン タブを Windows XP ベースのコンピューターからリモートで管理するには、ターミナル サービスまたはリモート デスクトップを使用して、Windows Server 2003 ベースまたは Windows 2000 ベースのコンピューターにアクセスします。 または、Windows Server 2003 ベースのコンピューターまたは Windows 2000 ベースのコンピューターのコンソールにログオンして、これらの設定を直接構成します。

  • WindowsWindows 2000 ベースのドメイン コントローラー ドメインに参加している XP ベースのコンピューターでは、複数のユーザーを選択したり、ホーム フォルダーやプロファイル パスなどの属性を一括編集したりするための拡張機能はサポートされていません。 複数選択機能は、スキーマ バージョンが 15 以降のフォレストでサポートされています。 たとえば、Windows 2000 ベースのフォレストとドメインで Windows Server 2003 ADDPREP/ForestPrep および /DomainPrep を実行すると、Windows Server 2003 Active Directory Users and Computers スナップインがインストールされているシステムで複数選択のサポートが可能になります。

  • 64 ビット システムで Service Pack 1 バージョンの Active Directory ユーザーとコンピューターを起動すると、グループ ポリシーが常に編集されない場合があります。 さらに、以下のエラー メッセージが表示されます。

Windows gpedit.msc が見つからな 名前が正しく入力されていることを確認してから、もう一度やり直してください。 ファイルを検索するには、[スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします。

コマンド ラインまたはショートカットの構文を変更して、次の構文を使用します。 %windir%\syswow64\mmc.exe %systemroot%\system32\dsa.msc -32 back

承認マネージャー

これは、サーバー 2003 RC1 Windows以降のバージョンの管理ツール パックに追加されました。

証明機関

スキーマが大規模に変更されたため、Windows XP Professional ベースのクライアントを使用して Windows 2000 ベースのコンピューターを管理することはできません。Windows 2000 ベースのクライアントを使用して Windows Server 2003 ベースのコンピューターを管理することはできません。 Windows Server 2003 ベースのコンピューターを管理するには、コンソールまたは接続先コンピューターのターミナル サービス セッションからリモート管理を実行するか、Windows 2000 ベースのクライアントを使用して Windows 2000 サーバー ベースのコンピューターと Windows XP ベースおよび Windows Server 2003 ベースのクライアントを管理します。

クラスター アドミニストレーター

Service Pack 2 および Windows Server 2003 管理ツール パックで Windows XP Professional を使用している場合は、クラスター サーバーを管理できません。 ただし、SP1 と Windows PROFESSIONALサーバー 2003 管理ツール パックWindows XP サーバーを使用する場合は、クラスター サーバーを管理できます。

接続マネージャ管理キット

2000 ~ Windows Server 2003 のバージョン間の管理は、WINDOWS XP プロファイルを生成しないので、Windows勧めしません。

委任ウィザード

既知の問題はありません。

DHCP

  • Windows 2000 ツールでは、コードの変更により、Windows Server 2003 動的ホスト構成プロトコル (DHCP) 構成のダンプ ファイルを生成できません。

  • サーバー 2003 Service Pack 2 ではWindows問題はありません。

分散ファイル システム (DFS)

  • DFS ルートとリンクのファイル レプリケーション サービス (FRS) レプリケーションのリング、ハブ、スポーク、およびカスタム トポロジのサポートを追加します。

  • 2000 年の第 321557 および SP3 リリースの第 2000 WindowsでNtfrs.exe。

  • XP ベースのクライアントをWindowsしている場合は、Windows XP SP1 更新プログラムを使用してサーバー 2003 DFS Windows管理する必要があります。

  • Adminpak には、サーバー 2003 DFS Server Windowsヘルプ ファイルが含まれるはずです。

DNS

IP アドレスを介してドメイン ネーム システム (DNS) サーバーにアクセスすると、Forwarder 情報など、返される一部の情報が正しくありません。 この問題を回避するには、IP アドレスではなくホスト名を使用して DNS サーバーにアクセスします。 この問題は、サーバー 2003 管理ツール パックのWindowsバージョンに適用されます。

Directory Service コマンド ライン ユーティリティ

サーバー 2003 管理ツール パックのWindowsリリース バージョンには、LDAP 署名が含まれています。 Windows Service Pack 4 (SP4) を実行している Windows 2000 ベースのコンピューター、Windows XP ベースのコンピューター、または NTLM 認証を使用している Windows Server 2003 ベースのコンピューターによってリモート管理されている 2000 のドメイン コントローラーが、Windows 2000 SP3 がインストールされている必要があります。

Active Directory スナップインのドラッグ アンド ドロップ機能

元のリリース バージョンの Windows Server 2003 Adminpak.msiのスナップインにドラッグ アンド ドロップ機能が追加されました。

  • Active Directory のユーザーとコンピューター
  • Active Directory サイトとサービス組織単位 (OUs) を別の親 OUs の下に誤ってまたは知らずに移動しないように注意してください。 このアクションの結果は次のとおりです。
  • ユーザーアカウントとコンピューター アカウントは、期待通りグループ ポリシーを適用しません。 具体的には、ユーザーアカウントとコンピューター アカウントに適用されるグループ ポリシー オブジェクト (GPO) は、OU の階層が異なっているか、オブジェクトの新しい場所に基づいて新しい GPO が適用される可能性があります。 グループ ポリシーのアプリケーションまたは非適用は、オペレーティング システムの動作に影響を与える可能性があります。 たとえば、オペレーティング システム機能やネットワーク上の共有リソースへのアクセスが影響を受ける可能性があります。
  • ハードコードされた識別名パスを使用するように構成されているプログラムは、必ずしも必要なオブジェクトを見つけるとは限りありません。
サーバー 2003 SP2 バージョンの Windowsでのドラッグ アンド ドロップ動作のAdminpak.msi

Windows Server 2003 SP2 バージョンの Adminpak.msi では、次の 2 つの新しいオプションを使用して、Active Directory Users and Computers スナップインと Active Directory Sites and Services スナップインのドラッグ アンド ドロップ動作を制御できます。

  • 既定では、ドラッグ アンド ドロップ操作を実行しようとするときに警告ダイアログ ボックスが表示されます。 セッションの警告ダイアログ ボックスを閉じできます。 ただし、次回スナップインを開始すると、ダイアログ ボックスが再び表示されます。

  • DisplaySpecifiers 属性の最初の部分を Active Directory の構成名前付けコンテキストで 0 (ゼロ) に設定すると、ドラッグ アンド ドロップ機能を無効にできます。 これはフォレスト全体の設定なので、フォレスト内のすべてのドメインでドラッグ アンド ドロップ機能が無効になります。 ドラッグ アンド ドロップ機能を無効にするには、次の手順を実行します。

    注意

    この手順を完了するには、Active Directory サービス インターフェイス (ADSI) 編集ツールがインストールされている必要があります。 ADSI Edit は、サーバー 2003 SP2 Windowsツールに含まれています。 詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示します。
    892777 Server 2003 Windowsサポート ツールの更新プログラムは、Windows Server 2003 Service Pack 2 に含まれています

    1. Active Directory ユーザーとコンピューター スナップイン、または Active Directory サイトとサービス スナップインを開いている場合は、スナップインを閉じます。
    2. [ スタート] ボタンをクリック し、[実行] をクリックし、[開く] ボックスに adsiedit.msc と 入力、[OK] をクリックします
    3. [構成 ] を展開します
    4. CN=Configuration,DC= ForestRootName**** を展開します。
    5. CN=DisplaySpecifiers を右クリックし、[ プロパティ] を クリックします
    6. 属性の一覧で、フラグをダブルクリック します
    7. [整数属性 エディター] ダイアログ ボックスで、[値] ボックスに「1」 と入力 します。
    8. [OK] を 2 回クリックします。
    9. ADSI 編集を閉じます。

Microsoft Exchange

  • Microsoft Exchange簡易メール転送プロトコル (SMTP) およびネットワーク ニュース転送プロトコル (NNTP) DLL ファイルが追加Adminpak.msi。 追加の Staxmem.dll、Smtpapi.dll、Smtpadm.dll、Smtpsnap.hlp、および Nntpsnap.hlp ファイルが Adminpak.msi に追加され、32 ビット Windows XP Professional ベースのクライアントが Microsoft Exchange 2000 以降の Exchange のリリースを管理できます。

  • 64 Exchange クライアントからの 2000 バージョン以降Exchangeサーバーの管理はサポートされていません。

ヘルプ

  • コマンド ライン管理をサポートするために、Ntcmds.chm ヘルプ ファイルが追加されました。
  • 管理Windowsツール Professional削除されると、ヘルプ ファイルの XP ファイルが再インストールされます。 WindowsXP Professionalバージョンの Ntart.chm および Ntcmds.chm ファイルは、管理ツール パックのインストール中にバックアップされ、削除時に復元されます。

インターネット インフォメーション サービス コマンドライン ユーティリティ

このセクションは、次のユーティリティに適用されます。

  • IisApp.vbs

  • Iisback.vbs

  • IisCnfg.vbs

  • IisFtp.vbs

  • IisFtpdr.vbs

  • Iisvdir.vbs

  • Iisweb.vbs

次の問題が報告されています。

  • すべてのスクリプトは、Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6.0 のみと互換性があります。

  • IISCnfg: このコマンドを使用すると、リモート コンピューター (Windows Server ベースのコンピューター) に移動先ファイル (/f スイッチの後に指定したファイル) が iiscnfg /export 作成されます。 たとえば、メタベースをエクスポートするには、次のコマンドを入力します。

    iiscnfg /s RemoteServer /u UserName /p UserPwd /export /f d:\Config.xml /sp /LM/W3SVC/1
    

    このコマンドを実行すると、リモート D:\Config.xmlファイルが作成されます。 メタベースをインポートするには、次のコマンドを入力します。

    iiscnfg /s RemoteServer /u UserName /p UserPwd /import /f d:\Config.xml /sp /LM/W3SVC/1 /dp /LM/W3SVC/2  
    

    注意

    これらのコマンドは、それぞれ 1 行です。 読みやすさのためにラップされています。

    IISCnfg は、D:\Config.xml ファイル (/f スイッチの後に指定したファイル) がローカル コンピューターとリモート コンピューター (RemoteServer) の両方に存在することを確認します。 ただし、実際のインポートでは、リモート サーバー上のファイルのみを使用します。 リモート サーバーから Config.xmlファイルをインポートまたはコピーする場合は、ローカル コンピューター上で同じパスを使用します。

インターネット認証サービス

インターネット認証サービス (IAS) スナップインが管理ツール パックから削除されました。

Netsh

  • netsh dhcp server ip dump コマンドの出力は切り詰めされます。 Windows Server 2003 ベースのコンピューターから Windows Server 2003 ベースの DHCP サーバーに対して発行されたこのコマンドからの出力は、次の出力を返します。

    Dhcp Server 157.59.136.135 Add Optiondef 100 "Byte Array" BYTE 1 comment="" 4 3 2 1 0 Dhcp Server 157.59.136.135 Add Optiondef 101 "String Array" STRING 1 comment=" "hello" "cathyhy" " "jim" "bob" Dhcp Server 157.59.136.135 Add Optiondef 102 "IP Array" IPADDRESS 1 comment="" 4.4.4.4 3.3.3 2.2.2 1.1.1.1

    XP ベースのクライアントから発行された同Windowsコマンドは、次のように切り捨てられて表示されます。

    Dhcp Server 220.0.80.23 Add Optiondef 100 "Byte Array" BYTE 1 comment="" 4 Dhcp Server 220.0.80.23 Add Optiondef 101 "String Array" STRING 1 comment="" hello Dhcp Server 220.0.80.23 Add Optiondef 102 "IP Array" IPADDRESS 1 comment="" 4.4.4.4

  • 既定では、この netsh dhcp server コマンドは XP ベースのWindowsから実行されません。 たとえば、次のコマンドは、Windows Server 2003 ベースのコンピューターから正常に実行されますが、WINDOWS XP ベースのクライアントから実行されません。

    Dhcp Server 157.59.136.135 Add Optiondef 101 "String Array" STRING 1 comment=" "hello" "cathy" "jim" "bob"

    XP ベースのクライアントからこのコマンドを実行Windows、次のエラー メッセージが表示されます。

    DHCP Server Add OptionDef に失敗しました。

    渡されたパラメーターは不完全か無効です。

    XP ベースのクライアントから DHCP サーバーをリモートWindowsするには、管理ツール パックをインストールし、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

    netsh add helper dhcpmon.dll  
    

ネットワーク負荷分散マネージャー

  • サーバー 2003 Adminpak のリリース バージョンWindows問題はありません。

  • Service Pack 2 Adminpak は、64 ビット バージョンのネットワーク負荷分散マネージャーにバインドされない 32 ビット ネットワーク負荷分散マネージャーをインストールWindows。

Ntdsutil.exe

Ntdsutil の権限復元コマンドは、ユーザーのNtdsbsrv.dll。 Ntdsbsrv.dllは、WINDOWS XP Professionalまたは Windows Server 2003 管理ツール パックには含まれません。 Active Directory ベースのドメイン コントローラーのコンソールから権限を持つ復元を実行します。 XP ベースのクライアントでこのコマンドをWindowsする必要がある場合は、Ntdsbsrv.dll ファイルを Windows Server 2003 インストールのリリース バージョンからコピーします。

オブジェクトピッカー

サーバー 2003 管理ツール パックのWindowsバージョンでは、LDAP 署名が導入されています。 Windows Service Pack 4 (SP4) を実行している Windows 2000 ベースのコンピューター、Windows XP ベースのコンピューター、または NTLM 認証を使用している Windows Server 2003 ベースのコンピューターによってリモートで管理されている 2000 のドメイン コントローラーに、Windows 2000 SP3 がインストールされている必要があります。

リモート アクセス ユーザー拡張機能

リモート アクセス ユーザー拡張機能は、サーバー 2003 管理ツール パックの元のWindowsバージョンから削除されました。 リモート アクセス ユーザー拡張機能は、Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2) に含まれる Adminpak.msi ファイルのバージョンが Windows XP Professional ベースのコンピューターにインストールされている場合に使用できます。 RTM または SP1 バージョンの Adminpak.msi ファイルがインストールされている場合は、それをアンインストールしてから、Windows Server 2003 SP2 バージョンをインストールする必要があります。

リモート デスクトップ

Connectコンソール モードへのアクセスは、サーバー 2003 ベースWindows XP ベースのコンピューター Windowsに対してのみサポートされます。

リモート Storage

  • バージョン間の管理はサポートされていません。 Storage 2000 ベースWindowsコンピューターからのリモート サーバー管理は、Windows Server 2003 ベースおよび Windows XP ベースのコンピューターに対してサポートされていません。 2000 ベースWindowsコンピューターから、コピー先のコンピューターのコンソールから、またはターミナル サービス セッションを使用してリモート管理を実行します。

  • バージョン間の管理はサポートされていません。 Windows Windows Server 2003 管理ツール パックを実行している Windows Server 2003 および Windows XP のバージョンでは、Windows 2000 ベースのコンピューターを管理できません。 Windows Server 2003 ベースのコンピューター、Windows XP ベースのコンピューター、移動先コンピューターのコンソール、またはターミナル サービス セッションからリモート管理を実行します。

リモート インストール サービス (RIS) UI 管理拡張機能

既知の問題はありません。

ルーティングとリモート アクセス

これは、管理ツール パックから削除されています。

テレフォニー

テレフォニー管理者は、Windows XP ベースのコンピューターから Windows 2000 Server ベースのコンピューター上Windows行Professional管理できません。 具体的には、[ユーザーの 編集] オプションは使用できません。

ターミナル サービス ライセンス マネージャー

既知の問題はありません。

UDDI

既知の問題はありません。

WindowsServer 2003 管理ツールの x64 ベースバージョンの Windows Server 2003

Active Directory Users and Computers スナップイン、Active Directory Sites and Services スナップイン、またはグループ ポリシー管理コンソール スナップインから、x64 ベースバージョンの Windows Server 2003 でグループ ポリシーを変更すると、次のエラー メッセージが表示されます。

Windows 'gpedit.msc' が見つからな 名前が正しく入力されていることを確認してから、もう一度やり直してください。 ファイルを検索するには、[スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします。

前に示したスナップインから GPO を変更しようとすると、Gpedit.msc ファイルを起動する呼び出しが行います。 現在、Gpedit.msc ファイルを呼び出すスナップインは 32 ビット ツールです。 ただし、x64 ベースのバージョンの Windows Server 2003 では、Gpedit.msc は 64 ビット スナップインです。 この問題は、64 ビット 版パッケージの将来のリリースでAdminpak.msiされます。 この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。

メソッド 1

32 ビット バージョンの Windows Server 2003、32 ビット バージョンの Windows XP、または Windows 2000 のバージョンを実行しているコンピューターから GPO を変更します。

メソッド 2

次のコマンドを使用してスナップインを開始し、GPO を変更します。

  • Active Directory ユーザーとコンピューター スナップインを開始するには、次の方法を実行します。 %windir%\syswow64\mmc.exe %windir%\system32\dsa.msc -32

  • Active Directory サイトとサービス スナップインを開始するには、次の方法を実行します。 %windir%\syswow64\mmc.exe %windir%\system32\dssite.msc -32

64 ビット バージョンの Windows XP、Windows Server 2003、Windows Server R2 とのアウトオブバンド (OOB) バージョンの Microsoft グループ ポリシー管理コンソール (GPMC) の互換性

GPMC の OOB バージョンは、32 ビット プラットフォームで実行する必要があります。 OOB バージョンの GPMC は、64 ビット バージョンの Microsoft WINDOWS ではサポートされていません。 WINDOWS Server 2003 または Windows XP Service Pack 2 (SP2) の 64 ビット バージョンの Microsoft Windows をサポートするために、OOB バージョンの GPMC を更新する予定はありません。 64 ビット バージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 で。 GPMC の 64 ビット バージョンがサポートされています。 ただし、GPMC Reporting をすべての 64 ビット バージョンの Microsoft Windows にインストールすることはできません。 このバージョンの GPMC は、現在の管理ツール パッケージの一部ではありません。

また、GPMC:Windows GPEDIT を開こうとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。MSC。 この問題は、次のコマンドを使用して GPMC を開いている場合でも発生します。 %windir%\syswow64\mmc.exe %windir%\system32\gpmc.msc -32
詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示します。

304718管理ツール パックを使用して、Windows Server 2003、Windows XP、または Windows 2000 を実行しているコンピューターをリモートで管理する方法

WINS

Windows Server 2003、Windows XP Professional、Windows 2000、Windows NT 4.0 の間で Windows Internet Name Service (WINS) リモート プロシージャ 呼び出し (RPC) API を変更すると、Windows NT 4.0 ベースの WINS サーバーのリモート管理が防止されます。Windows 2000 バージョンの WINS Microsoft Management Console (MMC) スナップインと、Windows Server 2003 バージョンの WINS MMC スナップインから。 これは、2000 年Windows同じ制限を共有するから、回帰ではありません。